TOP > マンガ新聞レビュー部 > 目指せ、後北条大河ドラマ!初代・北条早雲(伊勢宗瑞)の若き日々『新九郎、奔る!』第三巻で起きた悲劇

目指せ、後北条大河ドラマ!初代・北条早雲(伊勢宗瑞)の若き日々『新九郎、奔る!』第三巻で起きた悲劇

「そっちの北条かよーーーーーーーーー」

 

2019年1月8日。

 

Twitterトレンドワードに(一時的ではあったが)見慣れない言葉が次々とランクインした。

 

#承久の乱

#鎌倉殿の13人

#三谷さん

 

そう、この日、2022年NHK大河ドラマの題材が発表。

舞台は、なんと鎌倉時代。

主人公は鎌倉幕府の第2代執権・北条義時。

タイトルは『鎌倉殿の13人』!

 

主演は小栗旬、脚本は三谷幸喜氏と話題性は抜群。

ネット上でも内容への期待はもちろん、「鎌倉大河」決定に対する歓喜の声があがっていた。

 

が、その一方でこんな声も。

「そっちじゃない(涙)」

「北条は北条でも、後北条五代じゃないのかよ」

 

そう、戦国時代ファンの間で、2022年以降の題材として、最も可能性が高いとされていたのが、小田原北条家(以下「後北条家」)。

これが『鎌倉殿の13人』で遠ざかってしまったからだ。

多分、同じ神奈川県の題材を短期で続けて扱うことはないと考えられるためだろう。

 

しかも、もぎとられた相手は近くて遠い名前……。

何となく悔しむに悔しみきれない声が聞こえてきそうだ。

 

大河のほうじゃない北条家・後北条家こそ要注目

そもそも、後北条家は小田原を中心に関東を五代にわたって治め、戦国時代屈指の善政をもって、領民を護り続けた戦国大名。

近年、研究が進み、その政治手法が見直されている注目の一族だ。

その祖となる英傑・北条早雲(伊勢宗瑞)を少年時代から描いているのが、『新九郎、奔る!』なのだ。

 

奇しくもこの報道の二日後に最新の第三巻が発売。

既刊二巻分については、すでに歴史ファンの中でも非常に評価が高く、今回の大河ドラマでのガッカリを受けて「小田原(室町時代)大河をこの作品を通じて実現させよう」という声があがるほど、その存在がますます注目されている一作だ。

 

 

歴史マンガの新機軸!『新九郎、奔る!』はなぜ目の肥えた歴史ファンから絶賛されるのか?

新九郎、奔る! (3) (ビッグコミックススペシャル)
著者:ゆうき まさみ
出版社:小学館
販売日:2020-01-10

新九郎にふりかかる試練

 

若き早雲が伊勢新九郎と名乗っていた少年期。

故郷の備中国(現在の岡山県)から京都にやってきた彼を待ち受けていたのは、権力に翻弄される伊勢家と、理不尽な世の中の実態だった。

 

そして、天下を二分した応仁の乱が勃発。

伊勢家は将軍家の内紛と分裂に巻き込まれ、右往左往する苦しい状況に……。

そして、第三巻で、ついに新九郎は悲劇に遭遇することになる。

 

戦乱の中、新九郎の異母兄・八郎が傷を負って帰京。

帰還を喜ぶ伊勢家一同だったが、対立を続ける足利将軍・義政と弟・義視の争いに対し、八郎は義視の人格に惹かれ、肩入れしすぎてしまう。

 

優しい性格だったが故に、接した時間や苦労の分かち合いで道を決めてしまった八郎だが、事態の静観をきめる伊勢家への反発を強め、ついに……。

 

まるで、新九郎のアナザーエンドをみるかのような展開。

そして史実でははっきりしていない兄・八郎の最期を、著者・ゆうきまさみ氏は大胆に、絶妙なバランスの中で描き出す。

 

これまで親しみやすいビジュアルと時に入るギャグタッチが魅力の作品だったが、それは新九郎からみた、世の中の景色だったのかもしれない。

事件が起きてもすぐにおさまり平和な光景にいつも戻っていた日常は崩れ去り、それを描いていた柔らかなタッチが、かえって切なさを助長していく。

 

これまで屋敷の外に出ることが少なかった新九郎。

この事件では松明を手に飛び出し、走り、兄・八郎と対峙し、血の光景を目の当たりにする。

無力を噛みしめた新九郎に降る雨は、護られていながら落とすべき甘さをそぎ落とすようにみえた。

 

八郎亡き後、次の旗頭として新九郎に付き従おうとする家臣たち。

求められるがままに、新九郎は少年から青年への道を歩くことを決意する。

しかし、その決意と叫びの向かう先は、まだみえない。

 

「お主らに約束した通り立派な主になろうと思っても、どんな主が立派なのかも判らんのだ!」

 

未だ“奔る”まで至らない新九郎。

果たしてこの無力さを力に変えることが出来るのか。

 

どうやら次の舞台は再び備中らしい。

小田原はおろか東にすら足は向いてこない(涙)

 

まだまだ先は長い……。

 

 

新九郎、奔る! (1) (ビッグコミックススペシャル)
著者:ゆうき まさみ
出版社:小学館
販売日:2018-08-09
新九郎、奔る! (2) (ビッグコミックススペシャル)
著者:ゆうき まさみ
出版社:小学館
販売日:2019-04-12