TOP > 第3回マンガ新聞大賞 > 【マンガ新聞大賞】プレゼンターにホリエモンも!授賞式の見どころはココだ

【マンガ新聞大賞】プレゼンターにホリエモンも!授賞式の見どころはココだ

来る1月27日(月)、ついに「第3回マンガ新聞大賞」の授賞式が催されます。

マンガ新聞大賞はこのように選定されました。

 

1st step

マンガ新聞レビュアー陣の投票制で選ばれたノミネート10作品

2nd step

Twitter投票によるノミネート10作品のランキング

 

 

というマンガ通のみなさんの目を経て、堂々の1位に輝いたの『裸一貫!つづ井さん』です。

 

そしていよいよ今月末に迫った授賞式。

見どころはそれぞれの作品を紹介するプレゼンターと、プレゼンターがどんな内容を話のか、と言ってもいいでしょう。

 

ホリエモンが読み解く『マンガに、編集って必要ですか?』

マンガ大賞7位の青木U平先生『マンガに、編集って必要ですか?』をプレゼンするのはホリエモンこと堀江貴文氏。

 

Twitter投票でたくさんのコメントがついた本作。

漫画家と編集者という関係の根本的でデリケートな部分をシニカルに、ユーモラスに描いたあの人気作を、ホリエモンはプレゼンするのでしょうか。

 

ホリエモンといえば、マンガ新聞では濃い作品(『15歳プロ彼女』、『ソープランドでボーイをしていました』『さびしすぎてレズ風俗にいきましたレポ』など)をレビューしてきていますが、さてこの作品をどう読み解くのでしょうか。多くの著書を持つホリエモンの「編集者論」が飛び出すことでしょう。

 

7位受賞を青木先生にTwitterでふれていただきました!

 

 

マンガに、編集って必要ですか? 1 (BUNCH COMICS)
無料試し読み
著者:青木 U平
出版社:新潮社
販売日:2019-05-09

佐渡島庸平氏は『あせとせっけん』のプレゼンター

 

2位の『あせとせっけん』はフェチとエロスと純愛と切なさが同居する名作です。投票では男女問わず人気がありました。

この作品をプレゼンするのはコルク代表の佐渡島氏。『ドラゴン桜』『宇宙兄弟』を生み出してきたカリスマ編集者の見方は出版関係者も注目しています。

 

最近のムーブメントとして「青年誌・女性誌の垣根を超えたマンガ」というものがあります。『あせとせっけん』はモーニング掲載ですが、たとえば『フラレガール』を連載している「花とゆめ」に載っていても違和感はないような気がします。

そうした傾向も踏まえつつ、佐渡島氏の作品評はぜひとも聞きたいものです。

 

 

あせとせっけん(5) (モーニング KC)
著者:山田 金鉄
出版社:講談社
販売日:2019-10-23

 

あの作品はこの人がプレゼン!

そのほかにも、「この人のプレゼン、作品評が聞きたい!」という豪華な布陣なのです。

一部をご紹介すると……

 

『チェイサーゲーム』 松山 洋
『チェンソーマン』 小林琢磨
『王様ランキング』 ごとう隼平
『さよならミニスカート』 和久井香菜子

 

『チェイサーゲーム』のプレゼンター・松山氏は自らが作品に登場しています。ただでさえ、ゲーム業界のリアルを描いて関係者の肝を冷やさせたこの作品を原作者でもある立場として、どんなお話が飛び出すのでしょうか。

 

Twitter投票でとにかくアツくツイート&リツイートされたのが『チェンソーマン』。舌鋒鋭い、ナンバーナイン代表の小林氏はジャンプらしからぬジャンプ作品を担当します。楽しみ以外のなにものでもありません!

 

『王様ランキング』『さよならミニスカート』は人間や社会の本質に迫るテーマを持ちながらも、重くならずに読ませる名作。マンガスクリプトドクターのごとう隼平氏、少女マンガ評論家の和久井香菜子氏がそれぞれについて語ります。

 

どうですか?

授賞式であるとともに「マンガについて語りまくる夜」でもあります。年1回のマンガ祭りです、どうぞお越しください!

 

 

 

 

チェイサーゲーム (1)
著者:松山 洋,松島 幸太朗
出版社:KADOKAWA
販売日:2019-09-13
チェンソーマン 5 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:藤本 タツキ
出版社:集英社
販売日:2020-01-04
王様ランキング 1 (ビームコミックス)
著者:十日 草輔
出版社:KADOKAWA
販売日:2019-02-12

「第3回マンガ大賞」関連記事

■マンガ新聞大賞は『裸一貫! つづ井さん』!第3回結果本日発表~2020年1月27日(月)授賞式開催~