TOP > マンガ新聞レビュー部 > 検索数多数!死刑囚の素顔がここにある『マンガ 獄中面会物語』

検索数多数!死刑囚の素顔がここにある『マンガ 獄中面会物語』

数少ないドキュメンタリージャンルの漫画『マンガ 獄中面会物語』。

この作品を検索して、マンガ新聞にたどり着く方が少なくありません。

 

全国各地の刑務所や拘置所で面会した殺人犯。本書では、個性が際立っていた「7人」について、面会と文通の記録をはじめとする膨大な取材データに基づき、実像をマンガで克明に描き出す。

日本中の誰もが知っているような有名な殺人犯たちについて、実際に本人と会った者でしか知りえなかった実像と事件の深層、意外なエピソードの数々はとても興味深い。

◆小泉毅(面会場所・東京拘置所)
 元厚生事務次官宅連続襲撃事件(平成20年)――「愛犬の仇討ち」で3人殺傷
◆植松聖(面会場所・横浜拘置支所)
 相模原知的障害者施設殺傷事件(平成28年)――19人殺害は戦後最悪の記録
◆高柳和也(面会場所・大阪拘置所)
 兵庫2女性バラバラ殺害事件(平成17年)――警察の不手際も大問題に
◆藤城康孝(面会場所・大阪拘置所)
 加古川7人殺害事件(平成16年)――両隣の2家族を深夜に襲撃
◆千葉祐太郎(面会場所・仙台拘置支所)
 石巻3人殺傷事件(平成22年)――裁判員裁判で初めて少年に死刑判決
◆筧千佐子(面会場所・京都拘置所)
 関西連続青酸殺人事件(平成19~25年)――小説「後妻業」との酷似が話題に
◆上田美由紀(面会場所・松江刑務所)
 鳥取連続不審死事件(平成16~21年)――太った女の周辺で6男性が次々に……

(『獄中面会物語』書誌情報より)

 

「ああ、あの事件の犯人か」。

記憶に残っている事件の犯人のもとを原作者の片岡健氏が訪れ、面会での見聞、そして感じたままを、塚原洋一先生の作画で描いた作品です。

どんな狂気と業を持った犯人かと身構えてみれば、その実、彼らは一見して普通の人々。そんな人物と私たちはどう違うのか。

ドキュメンタリーならではの読み応えがあります。

 

マンガ新聞でも堀江貴文さんと森本タカシさんが『獄中面会物語』のレビューを執筆しています。

 

面会した死刑囚は一見みんな普通の人たち⁉彼らが語るのは…

本作に登場する受刑者はいずれも世間では“凶悪犯罪者”としてワイドショーや新聞紙面を賑わせた人物ばかり、比較的近年の事件なのでみなさんもその名前や事件を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

この作品を読んで恐らくみんなが驚くであろうところは、そういった報道とのイメージの格差ではないかと思います。

 

例えば最初の登場人物、小泉穀受刑者ですが犯行直後に報道されたのは、当時問題になっていた年金記録問題によるテロとしての犯行ではないかということでした。

しかし、実際は小泉受刑者の過去の心の傷が原因だったのです。

 

©2019 KASAKURA

 

 

石巻3人殺傷事件の受刑者である千葉祐太郎受刑者は犯行当時18歳。

まだまだ世の中を広く知れたのにと思わずにはいられません。自身の知見を広げれば事件はひょっとしたら起こらなかったかもとさえ思います。

 

 

>>>レビュー全文はこちら

 

リアリティ&説得力!ホリエモンも拘置所トリビアを語る

この漫画で描かれるのは基本的には死刑囚であり死刑囚は刑務所にはいない。

そうではなく拘置所にいるのである。

 

拘置所というのは未決囚、つまり刑の執行がまだ始まっていない人々が身柄拘束されている場所である。未だ裁判中だったり、まだ起訴すらされていない人も含まれる。

 

 

ではなぜ今回取り上げる漫画の死刑囚が拘置所にいるのだろうか。

それは死刑とは国家権力により殺されるまでは未決囚であるからだ。

殺されるまで刑の執行が開始されていないという理屈なのである。

 

この漫画はそんな死刑囚の真実を探る本である。

本当に人間らしさが一欠片もない極悪非道の人間が殺人犯なのか。そんな素朴な作者の思いがこの漫画となっている。

 

 

 

©2019 KASAKURA

 

 

共通するのはそんなに単純な図式ではないはずだ。

彼らの中には彼らなりの行動原理があり、それが常識とかなり乖離していることは多いのだが、行動が全く理解できないというわけではないのである。

 

 

>>>レビュー全文はこちら

 

 

* * * * *

 

ある意味、漫画だからこそ真実が書けるのかもしれません。TVでは多方面から圧力や批判がくるかもしれないテーマです。

 

「ここでしか読めないことがある」。

この作品を検索した方々は、興味と、そして真実を知りたいと思っているのではないでしょうか。

 

無料試し読みはこちら

 

 

 

 

マンガ「獄中面会物語」 (カルトコミックス)
著者:塚原 洋一,片岡 健
出版社:笠倉出版社
販売日:2019-08-22