TOP > マンガ新聞レビュー部 > Creepy Nutsの音楽とコトヤマの漫画の融合されたPV『よふかしのうた』を聴いた!見た!そして読んだ! 闇夜で蠢くボーイミーツガールコミック『よふかしのうた』

Creepy Nutsの音楽とコトヤマの漫画の融合されたPV『よふかしのうた』を聴いた!見た!そして読んだ! 闇夜で蠢くボーイミーツガールコミック『よふかしのうた』

流行にのってみる

タイムリーなネタだ。

【Creepy Nuts(クリーピーナッツ)のR-指定(ラッパー名)】をどこかの歌番組で見た。ノリが良くて、おちゃらけていて、その辺の芸人よりも面白いラッパーだ。

なのにだ、披露された『よふかしのうた』を聴いたとき、今までのラップとは違う!と、ラップ童貞の自分でもわかる、ヒットチャート騒がせるの匂いを感じた。

 

 

季節は冬になり、なんとなくまた『よふかしのうた』を聞きたくなった。

You tubeで検索して流して見していると、そのまま次の曲を読み込み流れた。

そのPVは、漫画と音楽が一つになった『よふかしのうた』だった。

 

 

 

 

 

コレって公式?

はじめは好き者の、MAD? 同人? ショート? ムービーかと思った。

……何故って?

 

それは、あまりに出来がいいからだ。

音楽も、漫画も、そしてそれらを融合したPVの出来がだ。

こういうのは、タイアップで持ち込まれると「歌」に負けるか、「映像」に負けるかで「バランス」が取れないことが多い。

 

だからこそ、タイアップとか権利が関係ない素人が作るMAD・同人ムービーとなると、そのタガが外れて、本当に好きなやつが魅せたいものを作るとなる。そうなると、非常にキレがあり、エッジの効いた映像に仕上がっていく。

 

 

 

もう虜になってしまった…

だから、初めてこのPVを見た瞬間に、私はその融合レベルの高さに心を奪われ、『よふかしのうた』(著:コトヤマ)の漫画の虜になってしまった。

 

……いや、正確には、この時点で漫画を読んでいないのだから、この「Creepy Nuts」の作った『よふかしのうた』と、はからずもここまで世界観を共有している、この漫画をすごく読みたくなったのだ!

 

だって、このPVを見ただけで、漫画の持つ雰囲気のつかみはバッチリで、読みたいテンションは上昇でしょ!?

©コトヤマ / 小学館

©コトヤマ / 小学館

 

 

あらすじ

不眠が続く中2・夜守コウは、初めて一人外に出た夜、美しい吸血鬼・七草ナズナと出会う。

「今日に満足できるまで、夜ふかししてみろよ。少年」と焚きつけるナズナ。

彼女との二人きりの夜ふかしがコウの運命を大きく変えていく。真夜中のボーイミーツガール…それは、たのしい夜ふかしの時間。今はじまる。

(『よふかしのうた』書誌情報より)

 

 

©コトヤマ / 小学館

 

 

結論から言おう。

 

『よふかしのうた』のPVで気になったのであれば、漫画を迷わず読むべきである。

 

PV相乗効果のせいか漫画を読みすすめると、漫画の上に音楽がオーバーラップして、いつも以上に漫画の世界にすんなり入り込めるのだ。脳内に刻まれるラップのビートにのって、小刻み揺れリズムを取り始める、スイスイとページが進む。こうしたらもう完全に魅了されている。もう 第2巻の発売 と「Creepy Nuts」の新曲が待ちきれないはずだ。

 

©コトヤマ / 小学館

©コトヤマ / 小学館

 

 

この偶然の出会いは必然だった。

私と「Creepy Nuts」の『よふかしのうた』の出会いは偶然だった。

しかし、「Creepy Nut」の『よふかしのうた』、コトヤマの『よふかしのうた』の出会いは、音楽と漫画の融合は、必然だ。

つまり、この何もかもの偶然は、この漫画と出会うための必然だったのだ。

©コトヤマ / 小学館

 

 

 

■こんな人におすすめ

【『よふかしのうた』の世界観を漫画で共有したい人。「Creepy Nuts」から入った漫画未読の人、コトヤマから入った「Creepy Nutsのよふかしのうた」を未聴の人、ちょっと変わったボーイミーツガールが好きな人】

 

試し読み

https://websunday.net/rensai/yofukashi/

 

 

 

よふかしのうた (1) (少年サンデーコミックス)
著者:コトヤマ
出版社:小学館
販売日:2019-11-18