TOP > マンガ新聞レビュー部 > 今注目のスポーツ「トレイルランニング」知ってますか?『カゼキル』が描く新たなアウトドア

今注目のスポーツ「トレイルランニング」知ってますか?『カゼキル』が描く新たなアウトドア

 

みなさん、「トレイルランニング」をご存知でしょうか?

 

トレイルランニングとは、陸上競技の中長距離走の一種で、舗装路以外の林道、砂利道、登山道などを走るものをさします。一般的にはハイキングコースや登山コースを利用し、トレランやトレイルランと略されることも。

 

このトレイルランニング、まだあまり馴染みのあるスポーツではありませんが、アウトドアな趣味を求める人が増えている今、魅力を知ればハマる人は増えるはず!

 

そんなトレイルランニングを題材にされた『カゼキル GREAT TRAIL RUNNERS』を、風を切るようにご紹介します!

 

 

カゼキル GREAT TRAIL RUNNERS 1 (電撃コミックスNEXT)
著者:本橋 ユウコ,YAMAP
出版社:KADOKAWA
販売日:2019-10-25

 

 

山と風との出会いが少年を変える

中学生時代、陸上部だった主人公の扇谷颯太(おうぎやそうた)は、最後の駅伝大会での失敗から、陸上から距離を置いていた。

 

高校生になり、駅伝大会での失敗を引きずる颯太は、陸上部に入部することをやめる。

 

そんなある日、姉の買い物に付き合わされ訪れたお店で、プロのトレイルランナーである守山啓介(もりやまけいすけ)と出会い、誘われたトレイルランニングの体験会に参加。

 

この守山との出会いが、陸上選手としての颯太の運命を大きく変えることになる。

 

 

 

今注目されているトレイルランニングを題材にされた『カゼキル』は、主人公をはじめ、登場する少年たちの熱い戦いと挑戦が描かれています。

 

トレイルランニングの魅力はもちろん、主人公たちの成長も楽しみになる、軽妙なテンポでストーリーが進むスポーツ漫画です!

 

 

トレイルランニングを経験した者だけが味わえる景色

 

次の3つのシーン、見てるだけでトレイルランニングに挑戦したくなる!

 

まずは、主人公が初めて山の中を走ったシーン!

 

 

©Yuko Motohashi 2019

 

私はフルマラソンで自然の中を走ったことがあるのですが、これがね、しんどいを忘れて気持ち良いんですよ、本当に。

 

 

お次は、森の匂いがする風を切ったシーン!

 

 

©Yuko Motohashi 2019

 

 

©Yuko Motohashi 2019

 

 

 

風を切りながら自然の中を走る気持ちよさは、走った本人しか味わえない。

しんどいだけやんってまだ思うでしょ。でもね、そんなことはない!(はず!)

 

 

最後は、走れば走るほど楽しくなるこのシーン。

 

 

©Yuko Motohashi 2019

 

「走り続ければ、いつかはゴールにたどり着ける。だから走ることを諦めない」

 

わかる、めっちゃわかる!

走り続けていると、この気持ちになれるんですよ。

……え? トレイルランニングに挑戦したことないのに、なぜわかるのかって?

 

フィーリング!(笑)

 

ってのは冗談で、伊豆大島での高低差の激しいハードコースなフルマラソンを走った私には、なんとなくだけれどわかる!(笑)

 

2020年は、私もトレイルランニングに挑戦します!

 

 

登山アプリ「YAMAP」が企画協力

『カゼキル』は、登山情報アプリ「YAMAP」を運営するYAMAPが、競技や山に関する演出を監修し、企画協力として全面的にバックアップしています。

 

 

YAMAPは、日本でのトレイルランニングの普及を目標にした新たなプロジェクトを設立し、『カゼキル』をはじめ、登山愛好家、トレイルランニングの選手、企業、団体が一緒になって、トレイルランニングを盛り上げています。

 

 

プロジェクトサイト(https://sp.yamap.com/kzkr-pj/

 

 

『カゼキル』は、オンライン上で2話まで無料で読むことができます。単行本はまだ1巻のみ(2020年1月5日時点)ですので、読み始めるにはもってこいの漫画です!

 

ComicWalkerで2話までと最新話が読めます。

 

 

トレイルランニングの入門書にもオススメな『カゼキル』を読んで、2020年新たなアウトドアに挑戦してみてください!

 

 

 

カゼキル GREAT TRAIL RUNNERS 1 (電撃コミックスNEXT)
著者:本橋 ユウコ,YAMAP
出版社:KADOKAWA
販売日:2019-10-25