TOP > マンガ新聞編集部 > 【レビューランキング】2019年最後!第1位は2週連続首位・ホリエモンいち押しの『ノイズ【noise】』

【レビューランキング】2019年最後!第1位は2週連続首位・ホリエモンいち押しの『ノイズ【noise】』

こんにちは。マンガ新聞編集部です。

12/16~12/22の1週間で、最も人気だった記事3つをご紹介いたします。

今回のランキングは年末年始に一気読みしたい作品が2作品と、気になるあのイベント記事がランクインいたしました。

 

それでは早速ご覧いただきましょう。今年最後の週間レビューランキング・TOP3はこちら!

 

 

第1位:平和な村に突然、連続強姦殺人犯がやってきたらあなたはどうする?『ノイズ【noise】』(再掲)

ノイズ【noise】 1 (ヤングジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:筒井 哲也
出版社:集英社
販売日:2018-05-18

 

この漫画は、平和な村に突然やってきた連続強姦殺人犯の物語だ。
私がいた刑務所にも強姦魔はいたが、さすがにA級という比較的刑の軽い受刑者しかいなかった刑務所だったので、殺人までは犯していなかった。
しかし強制わいせつ罪で懲役6年の、とある受刑者の「自慢話」は酷いもので、これまで数十人を強姦してきたという。

 

日本は裁判員裁判制度の適用が強制わいせつ致傷以上と定められており、挿入ありの強姦ではないケースが適用されることが多いらしい。
なぜなら裁判員の前で証言することを避けるためだ。

 

強姦されてショックな上に、加害者を追い込むために見ず知らずの人たちの前で自分が受けた酷い仕打ちを包み隠さず証言しなければならない。
そのため多くの受刑者がその罪とは比較にならないくらい軽い刑で出所してくる。そしてそれは特殊性癖なので、多くは病気のようなもので治るものではないのだ。

実際私が刑務所で会った連続強姦魔も全く罪の意識はなく、法務官僚が適当に作ったとしか思えない矯正プログラムを形だけ受け、シャバに戻されてしまう。簡単に連続強姦魔が復活するわけだ。
彼は地方都市のショッピングセンターから、夕方の暮れかけの時間帯に、人通りの少ない田んぼの畦道みたいなところで待ち伏せて女子高生などを強姦すると言っていた。それを聞いてすぐに女子達に気をつけるようにアドバイスした。人ごとではないのだ。
抵抗されてもそれが快感に変わるのだそうで、こうなるとどうにもならない。

 

そんな、連続強姦殺人魔が一見平和なのに人間関係はわりと複雑で訳ありな村にやってきたらどうなるのか、それがこの物語の主題である。

 

 

>>>記事本文はこちら

 

2週連続で第1位の座に輝いた『ノイズ【noise】』。

強姦殺人魔が村にやってきたというテーマからして興味深い本作ですが、なんと言ってもスゴいのは、あのホリエモンが読んでいて「他人事ではない」と思わず感じてしまったということ。

サスペンスやホラー系の漫画でリアリティをここまで演出できる作品はなかなか珍しいと思います。

 

現在、第2巻までが発売されていますので、興味のある方はこちらの試し読みのサイトから読んでみてください。きっと戦慄すること間違いなしです!

 

 

第2位:大賞作品をRTといいねで選ぶ!「第3回マンガ新聞大賞」決選投票開始!

 

 

マンガレビューサイト「マンガ新聞」では、読者によるTwitterの「いいね&RT」によって大賞を決定する「第3回マンガ新聞大賞」の一般投票を、2019年12月13日(金)より開始しました!

 

運営開始から6年間、堀江貴文氏や佐渡島庸平氏をはじめとした延べ100人を超える「マンガ新聞公式レビュアー」は、好きな漫画やおもしろい漫画を世の中に広めたいという気持ちで1500本を超えるレビューを執筆してきました。

 

そんなレビュアーたちが連載間もない作品を世に広め、マンガ業界を盛り上げるために開催する「第3回マンガ新聞大賞」は、直近1年近くで第1巻が発刊された作品を対象としています。

 

第3回マンガ新聞大賞は、昨年に引き続き、より多くの人の意見を取り入れることを目的に、レビュアーの投票だけでなく読者によるTwitterの「いいね&RT」の総数で大賞および順位を決定します!

 

 

・「第3回マンガ新聞大賞」ノミネート10作品

 

  • 『SPY×FAMILY』(遠藤達哉/集英社/ジャンプ+)
  • 『チェイサーゲーム』(松山洋、松島幸太朗/KADOKAWA/ファミ通.com)
  • 『あせとせっけん』(山田金鉄/講談社/モーニング)
  • 『チェンソーマン』(藤本タツキ/集英社/週刊少年ジャンプ)
  • 『さよならミニスカート』(牧野あおい/集英社/りぼん・ジャンプ+)
  • 『王様ランキング』(十日草輔/KADOKAWA/マンガハック)
  • 『裸一貫! つづ井さん』(つづ井/文藝春秋/CREA)
  • 『マンガに、編集って必要ですか?』(青木U平/新潮社/くらげバンチ)
  • 『あーとかうーしか言えない』(近藤笑真/小学館/裏サンデー)
  • 『フェルマーの料理』(小林有吾/講談社/月刊少年マガジン)

 

【対象作品・選定方法】

 

対象作品:2018年10月1日-2019年9月30日の間に、単行本第1巻が発売されたタイトル

 

選出者 :マンガ新聞レビュー部の現役レビュアー約40名

 

選出方法:投票結果に重みづけを行い、総合的にランキングを決定。上位10作をノミネート作として発表。

 

 

・Twitterによる投票方法(12/23にて締め切りました)

 

2019年12月13日(金)-2019年12月23日(月)正午までの投票受付期間内に、Twitterアカウント(@mangahonz)にて、

1作品につき1ツイート用意している「投票用ツイート」を、いいね&RTすることで投票できます。ひとりが、各作品に「RT+いいね」で、2票まで投じることが出来、1アカウントでどの作品に何票入れるかは自由です。全てに2票投じても構いませんし、1作品に1票だけ入れても構いません。

※引用ツイート(コメントを追加)した場合、RTのカウント数には含まれませんのでご注意ください!

 

 

・今後のスケジュール

 

①投票受付期間

 2019年12月13日(金)-2019年12月23日(月)正午

 

②順位WEB発表

 2019年12月24日(火)

 ※「マンガ新聞」の記事内にて

 

③授賞式イベント開催

 2020年1月27日(月)19:00より

 ※銀座 蔦屋書店にて予定。

 

 

>>>記事本文はこちら

 

改めまして、たくさんのご投票ありがとうございます!

23日正午をもってTwitter投票を締め切りとさせていただき、現在は集計や発表の準備を行っております。

詳細は近いうちにアナウンスさせていただきますので、それまでお待ちください!

 

なお、授賞式の際はゲストとして作家の方や担当編集者の方をご招待する予定ですので、興味のある方はぜひ会場にいらしてください!みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

第3位:埼玉って貧乳県?『埼玉の女子高生ってどう思いますか?』

埼玉の女子高生ってどう思いますか? 3 (BUNCH COMICS)
著者:渡邉 ポポ
出版社:新潮社
販売日:2019-12-09

 

何もない県、ダサい玉とイジられがちな埼玉県。
このレビューを書いている私は埼玉で生まれ育ったが、出身県を嘲笑されても慣れすぎて「だから何?」と笑うくらいだ。

おおらかな県民性なのか、鈍感力が強大なのか。悪意あるイジりも広い心で受け止める人が多い気がする、埼玉県民。

 

 

・女子高生ってピュアすぎる

 

この作品は、タイトルどおり「埼玉の女子高生」の物語。

とはいえ行田市という県中央部や東京とちょっぴり地理的距離のある高校生の日常を描いている。

 

「私がイモいのは埼玉県民だからか?」と主人公のひとりである埼玉県民歴16年の女子高生・白鳥 小鳩がつぶやく。

いくらなんでも卑下しすぎだが、それくらい埼玉県民は幼いときから「埼玉県民であることは恥ずかしいことではないのか」と気に留めているのがわかる。オトナになれば笑いながら流せるが、多感な思春期においては少々心の引っかかりなのだ。

 

 

・埼玉貧乳問題って?

 

第1話にて、「女の子の全都道府県別バストサイズ」のデータを取り上げている。結果、「埼玉県のみが平均Aカップ」らしい(第1巻注※2012年3月LCラブコスメ調べ)。

最近はそうなのか、なるほど……。

 

私が埼玉の女子高生だった頃は、自分を含めて周囲にそれほど貧乳女子はいなかった。むしろ豊満、巨乳寄りだったとさえ思えるくらい。

 

ちなみに私の高校の先輩に、90年代に人気を博した元AV女優・Iさんがいる。

 

 

>>>記事本文はこちら

 

ダサい玉県などとイジられがちな埼玉。しかし、それが逆に魅力であるのも事実。

現にTOKIOの長瀬智也さんがとある番組で埼玉県女性の魅力を力説していたのを見て、私自身得「なるほど」と思わず納得てしまいました。

きっと、本作では長瀬さんが番組では語りきれなかった埼玉県女子の魅力が描かれていると思いますよ!

読んでいて非常にほっこりする作品ですので、興味のある方はこちらの試し読みサイトをクリックしてみてください!

 

 

* * * * *

 

以上が2019年12月16日~12月22日で最も多く読まれた記事になります。いかがでしたか。

 

今回ランクインした作品は、どれも一気読みするにはお手頃な巻数ですので、これを機にぜひトライしてみてください!

 

2020年、新年のハナを切るのはどんな作品なのでしょうか。

少し日は空いてしまいますが、次回まで乞うご期待ください!それでは、みなさん良いお年を!