TOP > マンガ新聞レビュー部 > あけましておめでとうございます!本年もマンガ新聞をよろしくおねがいいたします

あけましておめでとうございます!本年もマンガ新聞をよろしくおねがいいたします

いつもお読みいただき、ありがとうございます。今年も楽しんでいただけるよう、レビュアー一同、頑張っていきます!

マンガを愛する私たちレビュアーが、今年一年、どのようにマンガを読んでいくのか、抱負を書きました!

佐渡島庸平(コルク代表・編集者)

 

今は、すごくたくさんの新作漫画を作っているので、レビューをするばかりではなく、レビューをしてもらえるように頑張ります!

 

 

松山 洋(サイバーコネクトツー代表・ゲームクリエイター)

 

今年もたくさんの面白い漫画を紹介して漫画市場そのものの盛り上がりと売り上げに貢献したいです。が、それ以上に(個人的には)連載中の漫画『チェイサーゲーム』をしっかりと盛り上げて単行本に重版をかけていきたいです。まずは自分の作品から盛り上がりを作っていきます! 皆さま応援のほどよろしくお願いします! 最新単行本3巻は2020年2月発売予定です。

 

 

ごとう隼平(マンガスクリプトドクター・YouTuber)

 

あけましておめでとうございます!本年の抱負は…
「将棋や囲碁にあるような『漫画奨励会』を作り成功させること」です!
一人一人に代表作をもってもらう活動も継続しながら、さらに「漫画世界をひっぱる力強い作品制作」ための下地作りに着手したいです。「チームでの制作」も視野に入れています。
広く活動を知ってもらい協力者を得られるよう、魅力的な記事を発信していきたいです!

 

 

 

上原 梓(TV番組制作・ライター)

 

新年あけましておめでとうございます!わたくしの今年のマンガ的抱負は、
1.単行本化してないWEB系マンガをたくさん読む。縦スクに溺れたい!
2.実はあまり手を出していないジャンル、BLをたくさん読む。
3.50巻以上の名作マンガを一気読みで復習する(ガラスの仮面とか!BLEACHとか!)
4.6月までにエヴァを一気に見直す(マンガじゃない)
5.レビューでもっともっとマンガ界に恩返しできるようにする。
今年もゴリゴリ読んでいきます!宜しくおねがいします!!

 

工藤啓(認定NPO法人育て上げネット理事長)

 

2019年もたくさんの漫画と出会い、豊かな人生を過ごすことができました。2020年も引き続き、漫画を傍らに過ごして行きたいと思います。マンガ新聞では、「マンガ」の紹介を通じて「社会問題」を知っていただくことを目標にしてきました。文字だけでなく、絵があることで社会問題が理解しやすく、知識としての定着もしやすいと思います。
 
昨年から長男が漫画も読むようになり、子どもたちにとっても大人にとってもマンガがさまざまな情報に触れる機会になるよう、手に取ってみたくなる一冊をご紹介できるように頑張ります。

 

 

南川 祐一郎(DMM.com 電子書籍店長)

 
2019年は40歳のアニバーサリーイヤーなんですが、その直前に突然原因不明の病にかかり、死ぬ一歩手前までいってその後も人生初の長期入院…とまるでマンガみたいで波乱の予感しかない幕開けを迎えました。皆さま明けましておめでとうございます笑
 
ただ、劇的な経験をして、あと入院中に積み上がっていた本を一気に短期間で消化したことでどうやら自分の本の好みとか面白いと思うポイントとかがだいぶ変わったなと、本を通して自分と向き合えたなと感じてまして、いっぱいインプットした分今年はより厳選した本を皆さまにご紹介していきたいと思っております。
 
願わくば僕や他のレビュアーさんたちのレビューで、皆さまに素敵なマンガとの出会いがありますように!
 
今年もどうぞよろしくお願いいたします!
 

 

 

和久井香菜子(少女漫画研究家)

 

これまで「男子こそ少女マンガを読むべし!」と、布教して参りましたが、今年も一層、男女の間にある暗くて深い谷間を埋めるべく邁進いたします。
またマンガ制作にも関われるよう頑張ります!

 

 

栗俣力也(文庫プロデューサー・書店員)

 

2020年も出来る限り多くの方にマンガの面白いを共感していただけるように書店員として店頭、そして個人としてマンガ新聞や雑誌連載、SNSなど色々な方法でマンガのオススメを思いっきりしていきます。
自分が好きになった作品を「トコトン売る」の精度をさらに高めもっと異常値をたたき出し業界を盛り上げます
 
また個人としては来年は原案を担当しているマンガの1巻目が発売予定なのでそれもガッツリ売りたいです。
 
2020年、引き続きよろしくお願いいたします!
 
 
 

こしのりょう(漫画家)

昨年はあまり読まなかったのですが、今年はヒット作は必ず目を通そうと思います。
そして、レビュアーの皆さんが「我先に!」となるような漫画を描きたいです!

御子柴 雅慶(MANGA ART HOTEL代表)

 

今年はオリンピックもありますし、インバウンド数も毎年増えてきています。当ホテルを通じて海外の漫画好きユーザーに日本の漫画の魅力やまだまだ翻訳されていない面白い漫画を伝えていきたいと思います。海外の人がどういう感想を持っているかなどもマンガ新聞さんの記事に入れていきたいなと考えています。
よろしくお願いします!

 

 

森本タカシ(コミックサロンG.I.F.T 店長)

 

あけましておめでとうございます
本年も大好きなマンガに最大限の愛と感謝とリスペクトを持って面白さを皆様へお届けしてマンガとの出逢いを作っていけるように沢山読んで沢山お届けいたします。よろしくお願いします

 

 

岡田 篤宜

 

2020年もいろんな作品と出会って、いろんなレビューを書いていきたいです。あと、今年やって好評だったレポート記事も引き続きやっていけたらいいなと思っています。
年初に一つアップする予定です。
 
そして、実はまだ読めてない過去の名作、長期連載マンガも、ひとつひとつ読んでいきたいです。
 
引き続きよろしくお願いします!

 

 

東西サキ(マンガソムリエ)

 

あけましておめでとうございます!
今年は幼年マンガ、BLマンガのトレンド分析を強化したいと思ってます!
本年もよろしくお願いいたします〜

 

 

竹谷彰人(イラスト制作会社ミリアッシュ代表

 
マンガ新聞様のレビュアーとなってから1年、他レビュアー様の熱気に煽られながらこれまで以上にマンガに触れることのできた1年間でした。
マンガ業界隆盛の一助となるべく、2年目はもっと良いレビューを書いてゆけるよう精進して参ります

 

 

佐々江美也香(マンガアナリスト)

 

「息をするように漫画を買い、服を選ぶように漫画を読む」
2020年もこのモットーで、大好きな素晴らしい漫画と関わっていきます!
マンガ新聞さんでは、変態漫画のレビューばかり書いていますが、今年も変わらず書いていきますので、どうかお付き合いを…!変態万歳!
あとは、60巻程で購入が止まっているONE PIECEを最新刊まで購入し、有給を駆使して4連休を作り、一気読みしたい。します。

 

 

新里裕人(サイバーコネクトツー制作プロデューサー・ディレクター)

2020年もいろんな作品と出会って、いろんなレビューを書いていきたいです。あと、今年やって好評だったレポート記事も引き続きやっていけたらいいなと思っています。
年初に一つアップする予定です。
 
そして、実はまだ読めてない過去の名作、長期連載マンガも、ひとつひとつ読んでいきたいです。
 
 

bookish(マンガナイト ライター)

 

新年おめでとうございます。
最近「好きなものを好きといわないと消えてしまう」という危機感を常に感じています。
好きと楽しい、面白いを言語化して、一人でも多くの人にマンガを楽しんでもらえるように精進します。

 

 

こやま淳子(コピーライター)

 

私にとって、マンガは水のように必要なものなので、
抱負を考えるのって難しいですね。
でも2019年からこのマンガ新聞に参加させていただいて、とても楽しいと同時に、ちょっと気張ったりしてしまいそうな予感もするので、2020年もますます水のように、自分がおもしろいと思うものを吸収し、
それをみなさんにお伝えしていけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 

kuu(マンガナイト ライター)

 

2019年からマンガ新聞のレビューを始めました。今この瞬間もたくさんの作品が生まれ続けていますが、新旧取り混ぜて、いろいろなマンガを紹介できたら良いなと思います。

 

 

杉田千種(編集者)

 

レビューでも本業でも目指すことはひとつです。漫画で食べられる人が1人でも多くなるようにお手伝いをしたいです。

 

 

猪狩久子(ライター・編集者・ツアーコンダクター)

 

「マンガはコスパが悪いんだよ」と、意識高い系風の人に言われ、「じゃあ、あなたはマンガ描けますか?短時間で感動したり知識を得られたりするコンテンツは尊いんだよ。マンガを誤解しないで!」とぶち切れたことがあります。
マンガの良さを認識してもらえるレビュー執筆を心がけたいと思ってます!

 

 

 

小野田 峻(弁護士)

 

昨年は、レビュアーの川口さんからいただいたご縁で、幸運にもマンガ新聞の末席に加えていただき、マンガという文化の奥深さを、これまでお会いしたことのない多くの方々にお伝えするという貴重な機会を得ることができました。
今年も引き続き、ほかのレビュアーの方の記事に登場する予定ではありますがw、今年はそういった形だけではなく、自分の血肉になっているマンガや、作品世界を通じて社会に新たな問いを立てているマンガを、極めてライトにw、皆様と共有させていただきたいなあと思っております。
本年も、何卒ご贔屓に。

 

 

西川裕貴(サイバーコネクトツー制作プロデューサー・ディレクター)

 

新年あけましておめでとうございます。
時間が経つのは早いもので、私が「マンガ新聞」でレビュアーデビューしてから
もうすぐ二年になります(パチパチパチ!)
私は「ラブコメ」「バトル」「ギャグ」のジャンルが好きなので
それらの作品の紹介が多いですが、今年は新境地も開拓していきたいと思います。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

山之内 幸二(サイバーコネクトツー・広報チーフ)

 

あけましておめでとうございます! 私はビジネス書が好きなので、最近ビジネス系マンガが増えてきて嬉しいです。楽しくマンガを読んで勉強にもなるって、最高ですよね! 今年もたくさんビジネス系マンガが出版されることを願います。あと、コミックエッセイも最近注目しています。今年も?この2ジャンルをガッツリ読み進めていこうと思います! 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

maito0405

 

まだまだ新刊への感度が低いなあ、ということを実感した一年でした。みなさんのレビュー本を読むのはもちろん、本屋とかwebで名作や名作の卵を手繰り寄せられるよう、試行錯誤していきます‼️

 

 

小柳かおり(漫画家)

 

紙媒体の作品や過去作品のレビューを書きがちなのですが、今年はWEB系雑誌や縦読み作品など、最新(トレンド)の漫画作品にも注目していきたいです!
本年もどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

 

 

KOTONO(数学非常勤講師)

 
新しい漫画を積極的にたくさん読んで、発掘できるように頑張ります!
素人ですが、月10冊以上漫画を買ってるので漫画の魅力をもっともっと伝えていけるようなレビューをお届けします!
 

 

山本ジョージ

 

まだ自分の知らない漫画が、山ほどあります。
その山は、まだ未踏かもしれません。
誰かがすでに踏破してるかもかもしれません。けれど誰かに知られない山ならば、それは存在しないことと同じです。
私は自らの楽しみと、それを分かち合うために、もっと漫画の山を登ります。
そして、その漫画を多くの人に知ってもらう、一翼を担います。
漫画の山々は、果てしなく存在し、漫画の海は広大なので。

 

 

川口 比呂樹(クリーク・アンド・リバー舞台芸術エージェンシー担当)

 

「こち亀全巻の体系化」!

 

 

菊池 健(マンガ新聞ディレクター)

 
2020年は、この19年に大量に読んだ異世界ものについて、Oldファンタジーファンとして、異世界モノとはなんだったのか?
どう読むと楽しいのか?クリエイターにとって異世界モノとはなんなのか?というか、この作品は異世界物とか関係なく面白い!みたいな論説を張って、ファンを増やしたいなと思っています。
 
この年は「同人」に触れる機会が多くなりそうなので、様々な同人電子書籍などを紹介したいです。今年レビューを書いた中では同人の『日本国召喚』のレビューが読まれたので、アダルト/非アダルトにこだわらない同人という世界の扉を開いてみようと思います。
 
「あなたの扉も開けちゃうぞ!」今年もよろしくお願いします!
 
 

コヤマ(電子書籍店企画・マンガ新聞SNS担当)

 

音楽マンガを制覇します!

 

 

 

 

Sekiguch Soya(マンガ新聞アルバイト)

 

みなさん、明けましておめでとうございます!
2019年はただただマンガを読むことしかしなかった1年でしたので、2020年は他のレビュアーさん同様オモシロいマンガの記事をどんどん発信できるような年にしたいと思っております。どうぞ、よろしくお願いいたします!