TOP > マンガ新聞レビュー部 > 2020年になる前に読もう!政治を憂うあなたにオススメの話題作『恋と国会』

2020年になる前に読もう!政治を憂うあなたにオススメの話題作『恋と国会』

2019年12月、最年少首相誕生のニュース

2019年12月、世界である画期的な出来事が起こりました。
サンナ・マリンさん(34)がフィンランドの首相に決定したのです。
世界最年少の選出、レインボーファミリーの出身、スピード出世など
様々なトピックで注目を集めました。

 

サンナさんに関しては以下を参照。

 

https://www.fnn.jp/posts/00049349HDK/201912131130_FNNjpeditorsroom_HDK

生活に追われて後回しにしてきたこと

さて、この一連のニュースを眺めながら、自分の住んでいる国について考えてみようとしたのですが、なかなかうまくつかめない。
せいぜい、これ以上選挙の投票率が下がらないといいなと思っているくらい。
きちんと勉強してこなかったつけが今頃来ているふしが大ありです。

 

そんな風に感じていた時に、ふと手に取ったのが西炯子先生の『恋と国会』でした。

 

国会を舞台にした政治マンガ、登場

主人公は政界の大物を父に持つサラブレッドの新人議員、海藤福太郎(25)。
親の七光りあっての自分だと心得ていて、さわやかで気のきく好青年を演じています。

 

 

©西炯子/小学館 週刊ビッグコミックスピリッツ連載中

 

 

そんな彼の前に舞い降りたのは天使……ではなく元地下アイドルの同期議員、山田一斗(25)。

 

 

©西炯子/小学館 週刊ビッグコミックスピリッツ連載中

 

 

怖いもの知らずの一斗は初日から周囲を驚かせる発言を繰り返し、お騒がせ議員として有名に。
そしてなぜか彼女のお守り役にさせられる福太郎。

 

首相や百戦錬磨の与党議員、野党の若手議員、様々な掟や仕事などに翻弄されながら、二人は無事、政界を泳いでいけるのか……?というのがこの作品の主なストーリーです。

 

政治を扱うマンガというと難しい印象を受けますが、条文や制度の詳しい説明が入るので、親しみやすいです。
また、ヒロインの山田一斗は何も知らない政界一年生として行動し、発言するため、読者は彼女の目線で、基本的な政治のあれこれを学べるようになっています。

 

実写化もされそうな国会ラブコメ

さらに、公式で「前代未聞の国会ラブコメ!?」と謳われているので、福太郎と一斗の関係性についても注目です。

今まで数々の恋愛マンガを描いてきた西先生なので、期待大。個人的には『恋と軍艦』との関連性があったら嬉しいです。

 

 

恋と軍艦(1) (講談社コミックスなかよし)
無料試し読み
著者:西 炯子
出版社:講談社
販売日:2011-08-05

 

 

最後に、『恋と国会』の装丁を手がけたのはベイブリッジ・スタジオの黒木香さん。『深夜食堂』や『しろくまカフェ』など、多種多様な作品のデザインをされています。

『恋と国会』の表紙は落ち着いたトーンながらインパクトもあり、実写化の番宣ポスターにもそのまま使えそうです。

 

果たしてフィンランドのような目覚ましい抜擢なるか!?

 

歌って踊れる政治家、山田一斗の活躍を追いかけていきつつ、勉強していきたいと思います。

 

 

 

恋と国会 (1) (ビッグコミックス)
著者:西 炯子
出版社:小学館
販売日:2019-11-29

このレビュアーのほかの記事

◼️幸せになりたい人のためのライフハックマンガ『裸一貫! つづ井さん』(編集部オススメ記事)

◼️生きるのもしんどく死ぬのも怖いアラフォーに寄り添うマンガ『あした死ぬには、』

◼️オトナの休日の過ごし方を学ぼう『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』