TOP > マンガ新聞レビュー部 > お金を貰って勉強できる場所がある⁉『ぴっかり職業訓練中』

お金を貰って勉強できる場所がある⁉『ぴっかり職業訓練中』

 

新たな知識を身に着けたり、資格を取得するため、日夜、資金を未来への自己投資に充てられているひとたちがたくさんいます。

もちろん、自分で稼いだお金をどのように使うかは自由ですが、勉強することでお金が貰える場所があることは、あまり知られていないのかもしれません。 

 

ハロトレを知ってますか?

ハロートレーニング(通称:ハロトレ)という名称もほぼ知られていません。職業訓練校と言ったらわかりますでしょうか。

ハローワークは知っていても、正式名称の職業安定所という言葉が知られていないのとは真逆ですね。 

 

お金をもらいながら働こう!

『ぴっかり職業訓練中』は、ハロートレーニング(公的職業訓練/求職者職業訓練)を題材にした漫画で、私たちが見落としがちな、お金を貰いながら勉強できる場所をテーマにしています。 

 

主人公の吉島よしおは、漫画家を目指していた元フリーターですが、28歳で夢をあきらめリスタートしました。そのスタート先が職業能力開発促進センター(ポリテクセンター、ポリテク)です。 

 

吉島の入学した溶接科は半年間で数々の資格を取得しながら、溶接の訓練を積んでいきます。目標は「就職」です。そこにはデスクワークに嫌気がさした元サラリーマン、魚屋を廃業したおじさん、元キャバ嬢、元編集者、元溶接工(定年退職)など、多様な人材が集っています。 

 

彼らがポリテクに至った経緯や過去の経歴、そしていまの生活に焦点をあてながら、一般的にはあまり知られてない、または、できれば行きたくない場所と思われているかもしれない職業訓練校の実際を追っていきます。 

 

転職に有利!新たな知識・資格の習得

キャリアを変えるため、新たな労働市場に参入するためには、一定の知識や資格を持ってチャレンジするというのはおかしなことではありません。

特に中途採用の年齢となれば、未経験であることをカバーするためには、知識や資格は大切な要素です。 

 

資格学校に通うことも、インターンシップなどで実務経験を積むことも否定しませんが、限りある資金を投入するより、お金を貰いながら同じことをした方がよいと思うのは私だけでしょうか。 

 

月額10万円の支給もある

職業訓練の授業料は基本的に無料です。さらに通学や寄宿にかかる手当ても要件を満たせば支給されます。

本書でも紹介されていますが「職業訓練受講受講給付金」いうものの中には、職業訓練受講手当として月額10万円の支給もあります。 

 

勉強にお金をかけ、諸費用を貯金から出すよりも、お金を貰いながら勉強した方がよいとお思うのですが、なぜこれほど知られていないのでしょうか。

やはりハローワークやハロートレーニングという公的機関が実施するものに対するイメージや、そこを使うことに対する何かプライドのようなものが影響するのでしょうか。 

 

失業保険の受給も待たなくていい

ちなみに、失業保険受給資格のある方は、待期期間を待つことなく失業保険がすぐ受給できるメリットもあります。

何か月も収入が止まるよりは、いますぐもらえた方が助かりますよね? 

 

ポリテクセンターも知られてませんが、本書では食魚能力開発総合大学校や職業能力開発センターについても触れられています。

 

ざっくりどれも公的職業訓練を提供する場所ですが、何となく手に職、資格と就職のイメージがあるかもしれません。 

 

しかし、そのなかにはアパレルパタンナー科と、授業料は有料ですが専門学校に比べると非常に安価で、夢を追って学びに来るひとたちがいることも紹介されています。

大学に行くのはお金がかかるので、職業能力開発総合大学校にするか迷う話も出てきます。 

 

無理に仕事をするよりベターな選択かもしれない

もし、職場で大きなストレスを抱えたり、つらい心持ちになってしまったひとがいたとき、「頑張って仕事を探していこう」よりも、「職業訓練に行ってみたら?」という提案ができるひとが周囲にいると、非常に安心します。 

 

溶接科の西川先生は言います。 

 

「この学校には納期が無い。君達が作るものも商品じゃない。だから私も現場と違てイライラせんのよ。ここでは優しく教えるけぇの」 

 

「色んなしんどい思いしてきとるんが多いけぇの。ここではしんどい思いせんでええよ。」 

 

自分の未来に何が起こるかはわかりません。突然、キャリアを変えたくなることがあるかもしれません。

そんなとき、頭の片隅に残しておきたい言葉が「ハロートレーニング」です。「ハロトレ」です。 

 

もう一度言います。「ハロートレーニング」です。「ハロトレ」です。 

 

 

ぴっかり職業訓練中 1
著者:野村宗弘
出版社:日本文芸社
販売日:2019-04-19

このレビュアーのほかの記事

■アルコール、ギャンブル、ドラッグが止められない理由『だらしない夫じゃなくて依存症でした』

■ひきこもる子供部屋前に毎日三食を置く母親が、ある日異変に気づく『ねぇ、ママ』

■若手社員の育成に悩むあなたの虎の巻 『今どきの若いモンは』