TOP > マンガ新聞レビュー部 > 世紀末でも太れ!『僕は君を太らせたい!』

世紀末でも太れ!『僕は君を太らせたい!』

1・それって食べられるの?

 

唐突ですが、僕は幼少期、七草がゆに入れる七草を庭で集めてました。

七草と言えば、せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろですね。

この「ホトケノザ」を図鑑で見たやつを取ってきて食べてたんですが、これ、後に知ったのですが、同名の別の植物でした。

 

七草のほとけのざは「コオニタビラコ」という草で、ホトケノザは「ほとけのざ」ではなかったのです。なんでだよ

しかも、ホトケノザはイリトイド配糖体の関係上、あんまり食べないほうがいいとも。

食べちゃったよ!

 

というわけで、野のものを採取して食べる野食には細心の注意と最新の情報が必要です。

セリと間違えてドクゼリとか、それから毒キノコなんかも食べちゃったりしたら大変です。

 

でも、憧れません?

山菜やキノコをシュババッと鑑定して食べちゃうことに……!

もしそれが出来たら、どんな状況でも生き残れるのではないでしょうか?

 

そこでオススメなのがこの『僕は君を太らせたい!』

 

 

僕は君を太らせたい! (1) (ビッグコミックス)
著者:茸本 朗,横山 ひろと
出版社:小学館
販売日:2018-11-12

 

2・多々食わなくては生き残れない

 

野食の達人・茸本朗さんが原作をつとめるのが本作。

(作画は横山ひろと先生)

 

タイトルだけ聞いた友人たちが、揃って勘違いをしていたのですが、平和なグルメ漫画……

 

ではありません

 

突如蔓延した奇病により文明が半壊した日本で、生き残るために野の生き物を採取するサバイバルグルメ漫画です。

はい、

世界観はもはや世紀末

です。

 

現代日本で物流が滞ったら、食べ物にも事欠くのは想像に難くありません。

何しろ僕たちは何が食べられる草なのかもわからないわけです。

だからホトケノザも食べちゃうのです。

 

ですが、ご安心ください。

本作の主人公は、普段から弁当に調理した虫とか入れてるサラリーマン、きのこ木野耕一です。

彼は野食マスターですから、野草からキノコから爬虫類から、どれが食べられるか見分け、美味しく調理までできてしまうのです!

なお、ヒロインは、その虫弁当を見て嘔吐した上司・都田エリです。

 

主人公とヒロインが最悪の関係から始まることは珍しくありませんが、ここまで第一印象が最悪な漫画も珍しいのではないでしょうか。

 

3・エリさんを太らせろ!

 

さて、この都田エリさん、フランス帰りの美食家なのですが、日本に戻っての食事があまり合わず、かつてはまん丸い体形だったものの、今ではスマートに。

そんなふくよかなエリさんの幸せそうな食べっぷりが耕一のドストライクでした。

 

そう、それゆえ、耕一はエリさんを太らせたいのです!

タイトル回収ですね!

 

しかし、冷静に考えてみてください。

文明が崩壊した中で人は太ることができるのか?

これは壮大な思考実験なのかもしれません。

 

耕一は斜め上の愛情を込めて、エリさんに美味しい料理を振る舞います。

主にミシシッピアカミミガメとか、アリゲーターガーとか、アメリカザリガニとか、池の水を全部抜いたら出てきそうな生き物を調理して――!

 

本人的は「私は太りたくないんです!」とのことですが!

 

そんなエリさんの顔芸もまた本作の魅力。

感情豊かに変わる彼女の百面相は、耕一でなくとも乾いた眼で「素敵だ……」と呟くことでしょう。

 

おわりに

 

そんな耕一とエリさんは、彼女の父がいる神戸に向かい、旅をすることになります。

その道中、野草に詳しい少女ののぞみちゃんを加え、世紀末な世界をバイタリティで乗り切っていきます。

この和気あいあいとした空気がたまりませんし、子ども相手に本気出すエリさんも素晴らしいです。

さらに3巻からは虫食の達人・工藤ユキが加わり、よりバラエティ豊かな食生活となっていきます。

 

まだコミックスになっていない連載ぶんでは耕一が大変な状況になっており、目が離せません。

 

正直、自分もシナリオライターとして、食べすぎたら消化できず尻からワックスが漏れ出すバラムツや、茹でると猛毒のモノメチルヒドラジンを出すシャグマアミガサタケなど、「なんか創作に使えないかなー、ムリかなー」となかば諦めていた題材を、これほど見事に調理された作品には、ジェラシーすら覚えます。面白すぎる。

 

そんな本作から野食の世界に触れてみるのも楽しいと思います。

もちろん、実際に何かを採取するときは詳しい人の指導のもとで

ホトケノザなら笑い話で済みますが、ドクツルタケとかトリカブトとか食べたら死にますから……!

 

そうして細心の注意を払った上で、もし野食で太れたよ、という方がいましたら、貴方はきっと、文明が崩壊した世界でも生き残れます。

 

そう、きっと

この先生きのこれる!

茸本先生だけに!

 

おあとがよろしいようで。

 

 

僕は君を太らせたい! (2) (ビッグコミックス)
著者:茸本 朗,横山 ひろと
出版社:小学館
販売日:2019-03-29
僕は君を太らせたい! (3) (ビッグコミックス)
著者:茸本 朗,横山 ひろと
出版社:小学館
販売日:2019-08-30