TOP > マンガ新聞レビュー部 > きっとあなたも遠い昔に失ったものを思い出す。『BEASTARS』

きっとあなたも遠い昔に失ったものを思い出す。『BEASTARS』

こんにちは! 東京ネームタンク代表のごとう隼平です。
マンガ文法を広め、マンガ作りをもっと楽しいものにしていくために、マンガスクリプトドクターとしてYoutubeも更新中です。漫画家視点、マンガの制作側から見てオススメの漫画をご紹介して参ります。

今回ご紹介するマンガは…
『BEASTARS』(ビースターズ)

2019年の10月からアニメも放映され今注目の作品です。
名だたる賞もたくさん獲得しています。

 

『このマンガがすごい!2018』(宝島社)オトコ編 第2位
第11回マンガ大賞大賞
第21回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞
第22回手塚治虫文化賞新生賞
第42回講談社漫画賞少年部門
〈「ウィキペディアより〉

 


また作者の板垣巴留先生は同じく週刊少年チャンピオンの看板作品『グラップラー刃牙』の板垣恵介先生の娘であるということでも話題ですね。チャンピオンに親子対談が特集されてもいました。

今回記事を書くにあたって親子作品を比較したりすることも一瞬よぎったのですが、この作品の前にはあまりに野暮。今回は『BEASTARS』から、他の漫画にはない唯一無二の魅力をお話しします。

 

ファンタジー作品と誰も思わないくらい、リアリティのある世界観

本作の魅力はその世界観にある、というのは誰しも認めるところと思います。名門校の学生生活。

生徒たちは言葉を喋り制服を着こなす草食動物と肉食動物です。

どう考えてもこの人間社会とは違うファンタジーの世界設定ですが、そこには生々しいまでのリアリティを感じさせられます。

それができている理由は……「負」の部分がしっかり描かれているから、ではないでしょうか。

冒頭から、食殺事件が起こり、肉食動物は草食動物たちに避けられます。

 

 

©︎板垣巴留(秋田書店)2017

 

 

 

ファンタジー作品をどう描くかは漫画家の自由です。漫画家の空想や妄想をそのままに「なかよしどうぶつの国」みたいになんの不都合のない世界を描いたって本来は問題ないはずです。

 

しかし『BEASTARS』の世界では、仲間の中に食う食われるの関係、そして不条理がある。
このことが「ああこれは空想や妄想の世界を書いているのではないのだ、夢もあればその逆に絶望もある、この現実の場所となんら変わらない世界なんだ」と読者に感じ取らせます。

 

避けられた肉食動物たちが「二、三日すればケロッと忘れるよ。」と言うのもまた切ない真実でいいですよね。これもリアリティに一役買っていると思います。

 

ヒーローを超えたヒーロー、レゴシ

漫画でも映画でもヒーローの描かれ方には特徴があります。それは「ヒーローの本当の気持ちは描かれない」ということです。

悟空もルフィも強敵を前にして不敵に笑いますよね。「いまどんな気持ちなの?」と読者に興味を引かせて魅せていくのが、物語におけるヒーローの基本的な描かれ方です。

 

さて本作の主人公、ハイイロオオカミのレゴシは、ヒーロー物の登場の仕方に似ています。周りの生徒たちの反応から、どのような人物かを浮かび上がらせていき……レゴシの本当の気持ちは、一話のラストまで描かれません。

 

本作のポイントは、この主人公のレゴシに対する「興味」が、さらに「不安」の領域まで踏み込んでいること。

ひたすら、レゴシ……こいつ何者なんだ……まさかこいつが…食殺事件の犯人……? とまで疑わせます。
ここまで主人公を不気味に描いた作品は本当にレアです。

 

 

©︎板垣巴留(秋田書店)2017

 

 

またこのような見せ方をとったことで、草食動物から見たハイイロオオカミの恐ろしさを先に読者に伝える効果にもなっています。この次で語っていく、この世界での自分の在り方を探る上で「簡単に自己肯定はできない世界」であることを何より印象付けられます。

 

レゴシの求めているもの…が、きっと誰しも青春時代と重なっていく。

今作が他作品とまったく違うポイント、それは……主人公レゴシの「求めるもの」です。

 

どんな物語も、主人公には必ず物語を進める「動機」があります。
強くなりたいのか、父親に会いたいのか、恋を実らせたいのか、何か求めたものに決着をつけるまでを描くのが「ストーリー」というものですよね。

 

さて、ではレゴシはいったい作中で何を求めているのでしょうか。それははっきりとは明示されません。
でも読者は徐々に気づいていきます。大型の強い肉食動物であるレゴシは「この世界でどのように在るべきか、その答え」を求めている。

 

物語としてはかなり渋い……と思います。

しかし「この世界でどのように在るべきか」…この自問自答は、きっと誰しも身に覚えがあるのではないでしょうか。

 

たとえば人間なら誰でも持っている性欲を、綺麗に隠して見せない社会と、その裏で動いている大きな風俗業、切り離そうと考えてもどうしても重なってしまう愛と性と。『BEASTARS』の世界観と重ねるのは容易です。

 

まだ何者でもなかった自分が、この世界への戸惑いをどう受け入れて、どう自分を作っていったのか。
大人になるといつの間にか気にならなくなっている。その切なさを、レゴシは思い出させてくれます。

 

 

 

©︎板垣巴留(秋田書店)2017

 


SNS時代を経て「自己肯定」に注目が集まる今、肯定するならその前に自分をよく知らなくてはなりません。
レゴシを通して、忘れてしまった悩みや葛藤を思い出し、もう一度人間の持つ本能と社会性を一から見つめ直す。それも生々しいリアリティを伴った追体験で持ってして。これこそが『BEASTARS』唯一無二の魅力と思います。

 

11巻で冒頭からの事件が一段落するので、ひとまずここまで読んでみるのがおすすめです!

 

 

BEASTARS 1 (少年チャンピオン・コミックス)
著者:板垣巴留
出版社:秋田書店
販売日:2017-01-06