TOP > マンガ新聞レビュー部 > 中毒者続出!『衛府の七忍』の山口貴由のクセが強すぎるんじゃ!(絶賛)

中毒者続出!『衛府の七忍』の山口貴由のクセが強すぎるんじゃ!(絶賛)

This is エンターテイメント!

山口貴由という漫画家をご存知ですか??

 

『シグルイ』『覚悟のススメ』といった名作を次々と世に送りだしている、御年50歳を超える大御所の大先生ですが、そんな先生が今連載されている作品『衛府の七忍』がね、もォ超絶やばい!(語彙力)

 

 

山口貴由

『衛府の七忍』

 

元々独特の絵柄に作風、セリフまわしなどどれをとってもクセがめちゃくちゃ強い先生で、正直好き嫌いは結構はっきり分かれるだろうなと思うんですけど、どの作品も読み進めると完全に惹き込まれて止まらなくなる中毒性があるんですよね。

 

でも、読んだことがないって人もまだまだ多いと思うんですが、そんな人には是非『衛府の七忍』から読んでもらいたい!

 

アートとしても、エンターテイメントとしても、このマンガは完璧に完成された、山口作品の集大成だとあえて断言します!

 

その中でも特に僕はエンタメ性、という点を推したい。

 

どシリアスな作品ももちろんカッコイイのは間違いないですが、クセの強さと相まってなかなかハマりきれないこともあるかなと思うんです。

でも、『衛府の七忍』はまるで歌舞伎や講談のような派手で巧みな構成と、あえて言いますが、ものすごく下世話な大衆演劇や見世物小屋のような、華美で奇天烈な演出をゴチャ混ぜにしたようなカオスになっていて、名言も迷言もそこかしこに散りばめられた最高のエンターテイメント作品になってます。

 

「めっちゃカッコイイじゃん!」と痺れさせられたと思ったら、我慢できずに吹き出してしまうようなぶっ飛んだセリフが突然飛び出してきたり、ホントもうまるで遊園地にいるような気分がこれ一作で味わえます(笑)。

 

完成されたと言いましたがまだまだ連載中なので、この物語がどこまでぶっ飛んでいくのか、建設中のアトラクションの工事現場の前でワクワクしながら待っているチビッコの気分でずっと心待ちにしてますよ、僕は。

 

色々と個性の強いマンガ家さんも多くいらっしゃいますが、その中でも最強クラスのクセの強さを誇る山口貴由先生ワールドを、是非体験してください!

 

一度ハマったらマジで抜け出せなくなりますから(笑)。

 

 

>>『衛府の七忍』をDMM電子書籍で読む

 

 

このレビュアーの他の記事

■オリもいいけどパラもね!『パラリンピックジャンプ』

■7つの大罪×里見八犬伝=『BABEL』!?名作フュージョンから超時空の大作爆誕!

■祝・連載再開&ドラマ化!こんな時だからこそ『べしゃり暮らし』を読もう