TOP > ギャグ・コメディ > こんな任侠コメディは反則!?可愛い顔と声で屈強な男たちを怒鳴り散らす『ヤクザの大親分が幼女に生まれ変わった話』

こんな任侠コメディは反則!?可愛い顔と声で屈強な男たちを怒鳴り散らす『ヤクザの大親分が幼女に生まれ変わった話』
レビュー執筆者:miyamo

 

任侠コメディ『ヤクザの大親分が幼女に生まれ変わった話』

 

本日はTwitter発でスクウェア・エニックスの「ガンガンpixiv」にて連載、商業書籍も刊行中の『ヤクザの大親分が幼女に生まれ変わった話』をご紹介。

 

──ここに、一人の幼い女の子がいる。
名前は、神代紫(かしろ ゆかり)。ちっちゃな身体にランドセルを背負って元気に学校へ通い、クラスメイトと仲良くお勉強や遊びに励む可愛らしい小学二年生だ。

 

ただし、「ごく普通の」と言えるのは見かけだけ。下校時に黒塗りの高級車にお出迎えされ、スーツ姿の精悍な男たちに自分の世話をさせる彼女をみて友達は「紫ちゃんちってお金持ちだよねえ」と感心するが、それどころではない。

 

まずは彼女が人目のないところで“身内”に向かって吐く言葉を聞いてみよう。

 

「例のヤクの出所 分かったか?」

 

何言い出すんだこの子!? シマに流れてきた粗悪なドラッグの流通ルートを取り締るべく男たちをアゴで使う幼女、その言動はまるでヤクザの……。

 

と、ここで明かされるタイトル通りの驚きな事実。じつはこの子、まるでどころか本物の(元)ヤクザ。それもかつて“狂王”の異名をとった大親分の生まれ変わりなのだ。

 

前世の記憶をはっきりと持っている紫ちゃんにとって、極道稼業は慣れたもので苦労はない。一番大変なのは、小学生女子として暮らすために今どきの子供たちのスタイルや流行についていくこと。

 

整えさせた髪型の乱れをクラスメイトに指摘されて部下にキレちらかす、大人気アニメ映画特典の魔法少女ステッキを手に入れそこなって焦る、話題のスイーツを求めてお店の行列に並ぶ……。

 

身体はあどけない女児、頭脳はヤクザのおっさんというどこぞの名探偵もびっくりな転生幼女は、平和な波乱に満ちた小学生ライフにきょうも四苦八苦するのだった──。

 

というのが、本作のあらまし。

 

ラムネ駄菓子の白い粉末を見て「俺ぁこの世で一番ヤクが嫌いだ」と怒ったのが前世の記憶を取り戻すきっかけになるなど、殺伐たるヤクザ世界から無邪気な子供の世界へのパワフルな接続で抱腹絶倒させるポイントが数々ちりばめられている。

 

・極道がカタギにまじって普通の暮らしをしようとドタバタする任侠コメディ
・子供が大人の上に立って無茶ぶりする身分転倒コント
・おっさんが可愛らしい趣味にいそしむギャップを愛でるキャラ萌え
・大人→子供の年齢変身ファンタジー
・男→女の性変換ファンタジー

 

と、ざっとみて5本もある軸を「ヤクザの大親分が小学生女児に生まれ変わる」という設定一発で噛み合わせ、すっきりまとめているのが技アリ。紫ちゃん可愛いなー、でも中身おっさんなんだよなー、いやむしろそれだからこそ可愛いのでは!? と、読みながら思考がぐるぐる巡る感覚に身をゆだねよう。

 

これはアレですね、『らんま1/2』でパフェを大好物とする女らんまの可愛さの重心はどこにあるか、みたいな事を考えさせられる状態がずっと続くような。いやあ楽しい。

 

 

 

 

こちらの記事は、記事提供元のマンガの宇宙を旅するためのWebマガジン「コミスペ!」でも読むことができます。