TOP > 社長戦記 > 社長戦記4決着!and今度は三つ巴戦!佐渡島庸平も参戦して社長戦記5開幕!

社長戦記4決着!and今度は三つ巴戦!佐渡島庸平も参戦して社長戦記5開幕!

こんにちは!マンガ新聞編集部の菊池です。もう10月だというのに、全然暑いですねー。#DQウォーク を汗びっしょりでやってる秋です。痩せられたら良いな~。

 

さてさて、社長戦記です。

 

 

前回社長戦記3の結果、毎度のごとき激戦の末にNo9の小林社長が勝利しました!

 

仁王の形相で悔しがるピロシ社長と、煽りに煽って余裕の表情の小林社長の好対象と申しますか、最早素人離れしたリアクションの第3戦攻防を見ることが出来ました。社長って大変です。

 

社長戦記4 今度は甲子園対決!

そして夏真っ盛りの8月、第4戦が開催されました。
ただでさえ熱い2人が、今度は甲子園対決です!

先攻は松山社長、ベテランあだちみつる『MIX』その変わらなさに迫ります。

 

後攻は小林社長、モーニングの新鋭なきぼくろ『バトルスタディーズ』というカードとなりました。熱いです。えぇもう暑苦しいです。

例年以上に話題の多かった2019年夏の甲子園。

その傍らで、マンガ新聞では社長同士の熱いレビュー対決が繰り広げられたわけであります。

 

 

第4戦の結果は?!

 

 

バトルの結果は、「本の販売数」は同点も、「ページビュー」(閲覧者数)、「SNS反響数」(RT数)ともに松山社長の勝利!

 

 

こういうポーズをさせたら、最早日本一の社長であろう趣の松山社長(含む社員画像加工)
わろてる場合ちゃいますやろ的な小林社長

 

ということで、第4戦は松山社長の勝利!ここまでの戦績は2勝2敗のタイブレイクとなりました。

このまま続ければ第5戦、どちらが先に3勝するかという勝負も良いのですが、なんかそれも味気ないと編集部菊池は思ったうえでの、ある日の会話。

 

菊池:「社長戦記も、なんかちょっとマンネリ化してきましたよねー」

松山:「企画してる編集部の、あなたがそれを言うか」

小林:「じゃぁもー、佐渡島さんも巻き込んで三つ巴対決にしちゃいましょうよー!」(ついでにうちの本も売っちゃお)

佐渡島:「いいよ~。その代わりコルクインディーズの本レビューして。」

 

 

というわけで、ちょっと()の中などの商売っ気が気になりますが、急遽決定!社長対決5は3人の社長による三つ巴戦に!!

CC2松山洋 VS No9小林琢磨 アーンド VS コルク佐渡島庸平 です!

豪華!

 

今回は趣向を変えて、3人の社長がそれぞれ別の社長関連の作品をレビューする段取りになりました。

 

ステマっぽいですが、ステマではありません。だってステルスしてないから

広告っぽいけど、広告じゃありません。だって、編集部お金もらってないもの

(注:基本的に誤った認識です。。。社長同士が、高度というかベタな政治的判断から、好きな作品をレビューした体でお送りいたします。あくまで企画でございます。)

 

松山社長がレビューするのは、佐渡島庸平率いるコルクインディーズから、月本千景『つきのもと』

小林社長がレビューするのは、CC2松山洋著『チェイサーゲーム』

そして、Sadyこと佐渡島庸平がレビューするのは、No9発刊の『アイとアイザワ』

 

この組み合わせで、社長戦記第4弾、本日開戦です!

公開から1週間、10/8まで、ページビューやSNSの反響、作品販売数などを競います!

 

—–