TOP > マンガ新聞レビュー部 > 『まんが アフリカ少年が日本で育った結果』カメルーンから来た明るい男の子が関西弁で更にブースト!?

『まんが アフリカ少年が日本で育った結果』カメルーンから来た明るい男の子が関西弁で更にブースト!?

 

 

こんにちは、NetGalley Japanです。NetGalley(ネットギャリー)は、出版社が掲載する発売前の作品をサキヨミできるサービスです。

 

今回取り上げるのは、twitterで人気の連載を書籍化した『まんが アフリカ少年が日本で育った結果』。外国から見た日本、そしてそれぞれの文化の違いを考えさせられる良書です。

 

 

 

 

 

 

 

まんが アフリカ少年が日本で育った結果
著者:星野ルネ
出版社:毎日新聞出版
販売日:2018-08-20

 

【あらすじ】

4歳ちかくまでカメルーンで育ち、親の結婚を機に関西へと移り住んだ筆者兼主人公の星野ルネ。
見た目はごっつアフリカ人やけど、日本人の父とカメルーン人の母に育てられたこともあり中身は両国のハイブリッド!?

 

本作は物心がつき始めるか微妙な頃に、突如として言葉も文化も分からない日本へと連れてこられた筆者の半生を描いたコミックエッセイ。少年時代に筆者が過ごした独特な思い出やそんな子供時代を過ごして形成された筆者の世界観が見事にまとめられた一冊です。

 

カメルーンと聞いてサッカーしか思い浮かばなかった人は、意外すぎる事実の連続で大いに楽しめること間違いなし!?
あまり知られていなかったカメルーン事情や筆者が経験したカルチャーショックを余すことなくお伝えしちゃいます!

 

 

『まんが アフリカ少年が日本で育った結果』とは?

カメルーン生まれ、関西で育ち。笑いあり、涙あり、友達あり、ギャップあり……。

2018年3月にツイッターで発表以来、話題急上昇。本書はそこから人気のストーリーを選りすぐり、大幅に書き下ろしを加えました。「日本人らしさってなんだっけ?」「自分だったらどうする?」「あるある」……。手軽に読めて、後を引く一冊。読むだけで元気になる効果も!!

 

第1章  おもちゃ箱的日常編
第2章  ドタバタ成長日記編
第3章  故郷アフリカに帰った結果編
第4章  家族とルーツ編
第5章  アフリカ少年の行く末編

 

 

教育関係者「この面白さ、さすが関西人…」

小さいときにカメルーンから来た黒人少年の、日本での生活を面白く描いたマンガ。
ルネくんがとても明るく育っていて、しかも関西人なので面白い!
さらにルネ君の家族が素敵!カメルーン人であることを誇りに持ち、その教育もカメルーンスタイルですごく素敵。
お父さんも、お父さんの方の家族もすごくすごく素敵で、見習いたくなります。
中にはとんでもない出生のヒミツとかがあったり、これ悩む場面!というところも明るく笑い飛ばすお母さん。
これは是非買いたいし、周りの人たち(ハーフの子供たちやそのお母さんたち)にも勧めたいと思います。

 

レビュアー「東京五輪の前に読むべきマンガ」

これから国際化がより進んでいく日本で、大人たちもいろいろな人種の方々と会うと思います。

そういった中、こういう本を読んでいくのは、本当の意味で人を知って仲良くしたいという意志のあらわれなのかもしれない。

2020年を迎える日本の大人たちにこそ読んで欲しい本だと思いました。

 

カメルーン好きになったよ!
だって一生懸命の人に合わせて英語を話せるふりをするって、なんか優しさの塊だろ。

 

教育関係者「ユーモアの向こうに世界が見える」

世界が、ここにある。
大げさではない。

 

ルネ君が育った環境、考えたこと、行動、どれもが私たちが持っている固定観念によって、押されたり、そのなかで泳いだことで生み出されてきたものだ。
そしてカメルーンで体験したことも。同じだ。

 

ルネ君のご両親がまた素晴らしい。
色々な考えや、立場に触れることのできるこの本。
おおらかなルネ君の優しさが、じんわりと読んだ私にも沁みていくのが心地よい一冊。

 

 

 

* * * * *

 

などなど、感想やレビューが寄せられています。

 

※レビューの続きはコチラ

 

NetGalleyには5タイプの会員が登録されています。

・書店関係者

・図書館関係者

・教育関係者

・メディア関係者

・レビュアー(他業界の方、ブロガー、SNSユーザー、一般読者など)

会員のみなさんはNetGalleyにレビューを投稿して、読んだ作品を応援しています

 

ここでは、NetGalley会員から寄せられたレビューの一部をご紹介しています。

 

 

あなたもNetGalleyでこれから世にでる本を一緒に応援しませんか?

NetGalley(ネットギャリー)とは?

NetGalley Japan Twitter

NetGalley Japan Facebook