TOP > マンガ新聞編集部 > 週間レビューランキング!(9/16~9/22)第1位は知られてない裏技教えます👀名作『HUNTER×HUNTER』をもう一度読もう!

週間レビューランキング!(9/16~9/22)第1位は知られてない裏技教えます👀名作『HUNTER×HUNTER』をもう一度読もう!

みなさん、こんにちは。マンガ新聞編集部です。

 

夏の暑さも徐々に終わりを告げ、秋の訪れを感じられるようになった今日この頃。秋と言えば「○○の秋」という言葉をよく聞きますが、なかでも我々に関りが深いのがこの「読書の秋」という言葉。

皆さまは一体どんな漫画と共にこの秋を過ごすのか、もうお決まりですか?

 

さて、本日も先週1週間で最も多く読まれた記事3本をダイジェストでお送りいたします!

第1位:『HUNTER×HUNTER』-暗黒大陸編-の難しさも「クラピカ」を正しく追えば全てが解る!

HUNTER×HUNTER 36 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:冨樫 義博
出版社:集英社
販売日:2018-10-04

 

 

どうも、マンガ好きのみなさん、こんにちは!

conote inc.CMO(Chief Manga Officer)の山田です(@kun1aki)。

 

 

HUNTER×HUNTER

 

傑作ですよね。

おそらく僕らは、HUNTER×HUNTERが連載期間中に生きてたことを後の世代に誇ることになるんでしょうね

ありがたい限りです。

 

 

とはいえ、とはいえですよ?

 

「ハンターハンター? あー暗黒大陸編難しくて読むのやめちゃったよ」

 

ってめっちゃ聞く。

 

わかる、わかるよ?
たしかに難しい。本当に難しい。僕が知っているマンガの中でもかなりの難しさを誇ってる。

 

たださ?

その難しさを大きく超えて、「お、も、し、ろ、い」んですよ!

 

なので、僕が脳汁を振り絞り、たどり着いた結論を皆様に共有したいと思います。

 

 

それは

 

「クラピカ」という補助線

 

です。

どういうことかというと、「クラピカ」の動機と行動に注目して暗黒大陸編を読むと、スッキリと理解でき、さらには、これからの見どころまでわかってしまうんです!

 

それを、できる限り伝えさせてもらって、今後のハンタライフを楽しみ尽くしてもらえたらと!

 

 

>>>記事本文はこちら

 

ファンの間でも難解なストーリー展開として知られる「暗黒大陸編」。

オリジナル記事の方では、本編を読む上で“クラピカ”がどのような役割を果たしているのかということが図と共に分かりやすく説明されております。

ぶっちゃけた話、「こんな読み方があったのか…!!」とまさに目から鱗が落ちたと言っても過言ではありません!!

 

こんな裏技は世界中どこを探しても、マンガ新聞以外見つかりませんよ…!!

ぜひ、オリジナル記事の方で確認してみてください!

 

第2位:貞操観念が逆転した世界は女性の性の価値暴落!?『貞操逆転世界』から考える男女の性興味の違い

 

貞操逆転世界 1 (ヴァルキリーコミックス)
著者:万太郎
出版社:キルタイムコミュニケーション
販売日:2017-08-10

 

2〜3回に1回、「変態漫画をレビューするぞ」という強固な意思を持っている、レビュアーのみやかです。

 

今回は変態編ですので、広い心でお読みいただけると、ガチャポンで欲しい物が1回で出てきた時ぐらい喜びます!

 

 

さて皆さん。目の前に膝上15cn程の短いスカートを穿いた女性が階段を上がっていたら、どこに目がいきますか?

 

そうですよね、パ○ツが見えるか見えないかの、あのギリギリのラインを見ちゃいますよね。私は神速で見ます。

 

大抵性の対象として見られるのは女性ですが、もしこれが逆転したらどうなると思いますか?今回はそんな「貞操観念」が入れ替わる漫画、『貞操逆転世界』をご紹介します!

 

 

・貞操観念が逆転した世界の性の選択権は男性が握っている

 

主人公の女子高生 市川桃奈(いちかわももな)は、何らかの理由で2週間程病院に入院。はじめの1週間は記憶がなく、意識がはっきりした頃に周囲の異変に気付き、「なんだか最近、世界がおかしい」と考え出す。

 

病院内には男性看護師しかおらず、小さな女の子は男性看護師のアソコを触ってイタズラをする。女性は授乳の際にトップレスになり、友人は入院中に男性看護師と何かしらチョメチョメがなかったのかと、ニヤニヤしながら聞いてくる。

 

どうやら男女の「貞操観念が逆転」している様子。主人公の貞操観念は逆転していないため、この世界でやっていけるのか心配しながら、病院を退院し日常生活を迎える。

 

 

『貞操逆転世界』は、女性が男性を性の対象として見ます。性に関するさまざまなことが逆転しているため、元の世界ならどうなのかと考えちゃうのですが、これがまぁややこしいのなんの。でも、そこが面白い!

 

単なるギャグ漫画ではなく、思いの外(漫画に失礼)考えさせられる漫画です!

 

 

・貞操逆転世界では価値のない女の18禁武器

 

貞操観念が逆転していない世界では、女性のあらゆるものが武器と化します。冒頭で皆さんに想像してもらったミニスカート姿、距離の近いときのボディタッチ、ふとした瞬間に見せる恥じらいなど。

 

しかし『貞操逆転世界』では、あらゆる貞操観念が逆転しているため、主人公は自分の価値がどんどん暴落していくと感じます。

 

そこで、主人公が暴落を感じた瞬間3つをご紹介!

 

>>>記事本文はこちら

 

「処女」・「裸」・「下着」と、男だったら考えただけでカチンコチンになってしまうような強力すぎるパワーワード。

最強と言っても過言ではないパワーワードがその力を失った時、世界はどうなってしまうのでしょうか。

作中では、そんな我々には決して想像できない世界が広がってますよ!

ぜひ一度、その凄みを体感してみてください。

 

第3位:ONE PIECE(ワンピース)をひと月近くかけて全巻一気読みをした直後に弁護士に「全巻読み直し」をすすめられた話

 

ONE PIECE 93 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:尾田 栄一郎
出版社:集英社
販売日:2019-07-04

 

ほんのすこし前まで私はONE PIECEが苦手だった。

なかよしこよしの海賊団と思いこみ、途中で読むのをやめていた。

 

そんな自分に対して真正面から「ONE PIECEを連載で読む意味」を説いてきた弁護士によって、まさにその場で全巻購入をポチってしまった。

 

その弁護士の名前は小野田峻さん。

弁護士としてもちょっと変わったそのお仕事柄のせいか、とにかく漫画(に限らず創作物全般)を創り手と向かい合うように深く読む方で。

 

そのときの白熱のビブリオトークの様子は以下の記事にまとめさせていただいた。

>>苦手な『ONE PIECE』(ワンピース)について弁護士の論を聞いたら全巻買いしてしまった話

 

 

 それからというもの、晩酌のときも通勤電車の中でも船中でも温泉でも家族との会話中でもひたすらにONE PIECEを貪るように読んだ。

 

「今日はあと何巻までいこう」とかまるで夏休みの宿題のようにモチベーションを保ちながら読み上げていくうちに、段々に体内にONE PIECEが染み込み、気づいた時には横須賀のモンキー・D・ルフィ島(猿島)にも上陸していた。

 

(撮影:川口比呂樹)

 

(撮影:川口比呂樹)

 

1020日までやっているので、ONE PIECEが染み込んでいる方は知らず知らずのうちに上陸することになるかもしれない。

 宴島(うたげじま)2019 真夏のモンキー・D・ルフィ島

https://utagejima.jp/

 

 

そんなこんなで1か月近くにわたってやっとこさ既刊93巻まで到達し、残りの連載話も読み上げた。

この充実感たるや。

 

なんにもできない自分だが、やればできるじゃないか(自己評価低めで甘め)。

やったー。

喜びいさんでたしぎのパンクハザードバージョンのフィギュアを購入し、最近はまっているカゴメトマトジュースで作ったレッドアイを飲みながら感慨にふけった。

ああ最高の気持ちだ。

 

 

 

自分はボア・ハンコックというキャラにはまるに違いないと思って読み始めたものの、全巻読破したときにはスモーカーと入れ替わったたしぎにはまってしまうという予測不能感。

やっぱり未読はいけんねぇ~と余裕をかましていた。

 

そして、小野田弁護士と再会。

「いやー、全巻読まれたそうで。で、どうでしたか、ONE PIECE

にっこにこだ。

 

自分はワノ国でたしぎがどうからんでくるかとか、ソゲキングが旗を撃ちぬいたところとか、ドレスローザでキャラが多すぎてプチパニックになりかけたこととかナミのリアクションが定番化していてAIっぽいとかいっぱい話したかった。

 

しかし、なかでもこれだけは伝えたいことがあった。

 

ルフィだ。

 

敵も味方もぶん殴る。

ルフィが怒れば政権がひっくり返る、監獄から囚人があふれ出る、とにかく怒りの影響力がすんごい。

どうもこの作品はルフィが起点になっていることが多いなぁと思いながら読んでいた。

「またルフィが……」

「また殴った……」

「毎回、相手が泣くと許すとか……」

怒りと攻撃の象徴を感じた私は小野田さんに感想としてこう伝えた。

 

「なんかONE PIECEってTwitterっぽいですね」

 

どういう意味かというと……

 

>>>記事本文はこちら

 

一回読んだだけでは、きっと理解しきれないであろう『ONE PIECE』の壮大な世界観。理解しきれないまま放置するのはもったいない!!

「読みたいけど巻数多くて時間ないしな~」と悩んでいる人に必見!

きっと記事を読んだら、そんな小さい悩みも吹っ飛ぶこと間違いなしです!

 

* * * * *

 

 

以上が9/16~9/22に読まれたレビューTOP3でした。

いかがでしたか。みんなに愛される名作から、ちょっと変化球気味の斬新な世界観を持つ作品がランクインするなど、バラエティに富んだランキングだったのではないでしょうか。

 

みなさまが充実できる「読書の秋」を送れるよう、これからもたくさんの作品を紹介していきますので、乞うご期待ください!