TOP > 社長戦記 > マンガレビュー対決「社長戦記Ⅲ」友情も溶ける激熱週刊少年ジャンプ対決!!戦果と更に熱い次回テーマは!?

マンガレビュー対決「社長戦記Ⅲ」友情も溶ける激熱週刊少年ジャンプ対決!!戦果と更に熱い次回テーマは!?

マンガレビュー社長戦記第3弾結果は? 

「敗北」とは、心が折れた時に訪れるものだっ!

さてさて今月もやって参りました。
最早恒例となりつつある、マンガレビュー対決「社長戦記」の結果発表です!

ここで説明をひとつ「社長戦記とは?」

マンガ新聞の誇る2人の超絶マンガを愛するレビュアーのお2人、
デジタルコミックエージェンシーの株式会社ナンバーナイン小林琢磨社長と、
「.hack」「NARUTO」などを世界にお届け、ゲーム制作会社株式会社サイバーコネクトツー松山洋社長の、この2人の対決が「社長戦記」ことマンガレビュー対決です。


1度目の対決は、「夏目義徳先生作品縛り」対決で松山社長勝利!

>> マンガレビュー対決「社長戦記」決着!<CC2ぴろし社長 vs No9小林琢磨社長> その結果は?


2度目の対決は「サッカー作品縛り」で小林さんまさかのTKO勝利!

>>マンガレビュー対決「社長戦記Ⅱ」決着!小林琢磨リベンジ結果はまさかの?!

 

松山さん先勝の後、小林さんまさかのTKO勝ちでの1勝1敗というタイブレイクからの第3回対決は、

「週刊少年ジャンプ作品」!

というわけで、Wジャンプ作品をテーマに、7月下旬に行われました!

それぞれ、紹介ツイートは以下の通りです。

 


今回の対決作品、小林さんは芥見下々先生『呪術廻戦』をチョイス。前回の勝因となった記事タイトルに関連性の高いヒット作品名『ブリーチ』を入れる形を引き続きとっています。

受けて立つ松山さんは『ファイアパンチ』でジャンプ+から本誌へ移籍なった藤本タツキ先生『チェンソーマン』という布陣での対決となりました!

早速結果は?


まずはPV対決!

松山さんちょっと振るわず 

1,090





対して、小林さんタイトル付けスキル面目躍如の  

9,754!!   






ということで、約10倍のスコア差で小林さんリード!

まずは「軽く」ドヤる小林社長と、憤怒の形相の松山社長
ご協力・ご提供:No.9社、CC2社スタッフの皆様

 

 

そして……

 

SNSの反響、作品販売数はそれぞれ僅差でいずれも小林さんがポイント奪取!

第3戦も、3本勝負全て獲っての小林さん完勝でした!!

 


勝者・小林社長コメント

「まぁ(2勝と言っても)PVだけだと3連勝なんですけどね。」 

もはや才能と言って良いレベルで人の心をざわつかせる笑顔の小林さん
色んな意味で「持っている男」小林琢磨

 

敗軍の松山社長コメント:

「ぐぬぬぅっ(グウの根も出ない)」

毎度思うのですが、松山さんは世界屈指のゲームクリエイターさんなんですホントです
世界水準の「グゥの音も出ない」がこれだ!

 

 

ということで、ここまでで小林社長逆転の2勝、松山社長1勝という結果となりました。

この勝負は、NARUTOのカカシとマイト・ガイ、いやキングダムの信と漂のような勝負となっていくのでしょうか!?

はたまた、どちらかの一方的な流れになっていくのでしょうか?

 

いずれにせよ、百戦錬磨の経営者にして、この上なくマンガを愛するお2人のこと、熱い戦いをこれからも繰り広げてくれることでしょう。

 

 

そして猛暑真っ盛りの中4戦目の対決テーマは!?


今回は、第4戦テーマもここで発表させていただきます。

第4戦テーマは、

激熱「甲子園マンガ」対決!

 


ということで、今真っ盛りの甲子園のごとく熱く・暑い戦いのようなレビュー対決を見せてくれることでしょう。

社長戦記第4戦開幕は、8/19週のどこかを予定しています!
お楽しみに!

 

―――編集後記

マンガ新聞の前身のマンガHONZ時代から、小林さんとはもう6年ほどの付き合いで、ずっとレビューも読んできましたが、小林さんはタイトル付けが最初から上手で、そして近年はそれが更に進化しています。

これも、レビュー制作だけではなく、ネットでマンガを販売するビジネスを続けてきた鍛錬の結果なのでしょう。ポイントは、今回/前回の記事タイトルに「スラムダンク」「ブリーチ」の2作品の名前が入っていることです。同じく日々タイトル付けに悩んでいる私としては、初見でうなりまして、研究成果も含めてここはいずれ詳述したいところです。


対する松山さんは、noteをはじめ、多くの文章をネットに書かれているのですが、常に炎上ギリギリのところを狙う超絶強心臓の勝負師でもあります。近年は、ただのマンガファンを超え、社内にマンガ制作部門を作るというマンガへの徹底ぶり。この社長対決においては、「タクマ相手の勝負でも、いつも通りやるだけ」と、本当にいつも通り記事を書いてはります。何かこう、大きな器的なものを感じるのでありました。

それから、今回の松山さんの写真提供は、CC2社スタッフの皆様なのですが、なんとフォトショップで画像加工までされる優秀さで、代表のパワーがスタッフさんにも行き渡っている感が凄いのです。No.9のスタッフの面子は、別の意味でこれまたなんというか、強い人揃いなんですが、これは述べる機会があればまた。

 

最後に、今回の勝負に題材とさせていただきました、両作家・両作品のご紹介で締めさせていただきます。改めまして、ありがとうございました!


マンガ新聞編集部 菊池健 @t_kikuchi

チェンソーマン 1 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:藤本 タツキ
出版社:集英社
販売日:2019-03-04