TOP > 恋愛・ラブコメ > 週間レビューランキング!(7/29~8/4)第1位は夏ならではの悩み?コンプレックスだった汗が恋へと変わる『あせとせっけん』

週間レビューランキング!(7/29~8/4)第1位は夏ならではの悩み?コンプレックスだった汗が恋へと変わる『あせとせっけん』

みなさん、こんにちは。マンガ新聞編集部です。

本日は2019年7/29~8/4の1週間で、最も読まれたレビュー記事TOP3を一部抜粋してご紹介いたします!

今回はどれも比較的新しい作品ばかり。はたして、みなさんが知っている作品はランクインしていたでしょうか。

 

それでは気になるランキングはこちら!

 

第1位:フェチでエロスだけじゃない!全人類に嗅いでほしい恋愛マンガの大傑作『あせとせっけん』

 

夏ですね!

皆さん、恋愛してますか? 私ですか? 私はもちろんしてません、何年も!!(ドきっぱり)

 

でも、いいんです。だって私にはマンガがある!

いろんな恋愛マンガを読んでいれば、それだけで何パターンもの恋愛を味わったかのような気持ちになるじゃないですか。だから、大丈夫です!(大丈夫とは)

 

そんなわけで、今日も最高に素敵な気持ちになれる恋愛マンガを見つけたのでご紹介します。

山田金鉄先生の『あせとせっけん』です!

 

この表紙デザインを見て、そしてこの公式のあらすじを見ると……

 

<あらすじ>

女性に絶大な人気を誇る化粧品&バス用品メーカー・リリアドロップに勤めるOL・八重島麻子(やえしまあさこ)は、重度の汗っかきなのがコンプレックス。デオドラント製品が手放せない生活の中、ある日、商品開発部の名取香太郎(なとりこうたろう)に、「君の体臭は素晴らしい! 新商品の石鹸開発のため、これから毎日、君のにおいを嗅ぎに来ます!」と言われてしまう。でも、においを嗅がれるのは、そんなに嫌でもなくて……?

(モーニング公式サイト より引用)

 

絶対エロ系。フェチってるエロ系マンガだ!

 

私の脳はそう判断してしまったんです。

そのため、なんとなく気になっていたのに、最近までなんとなく手を伸ばさずにいたんですが、私のバカ!!

 

もっと! 早く! 読めば! 良かった!!

めっちゃ素敵な社会人恋愛マンガじゃないですか!!!!

 

フェチエロマンガと勝手に判断して読まずにいたら、マジで重大な機会損失でした。読んで本当に良かった……!!

 

そして、はたと思ったのです。「同じ理由で読んでいない人(特に女子)がいっぱいいるのでは!?」と。

 

それは良くない&もったいない!

 

騙されたと思ってぜひ読んでみてほしいので、今日はこの「あせとせっけん」のおすすめポイントを書き綴ってみようと思います!!

 

>>>記事本文はこちら

 

「重度の汗っかき」という体質をコンプレックスに持つ主人公。

ひょんなことから、そんなコンプレックスが功を奏して、ある男性に出会うというストーリーの本作ですが、男女問わず読める面白い作品となっています。

気になった方はオリジナル記事、もしくはこちらの【試し読み】のからその人気の理由に触れてみてください!

 

第2位:エロマンガに全てを賭ける女性漫画家の凄みと寄り添う女性編集者『あーとかうーしか言えない』

 

こんにちは!東京ネームタンク代表のごとう隼平です。

『成人向け漫画編集部を舞台とした「あー」とか「うー」しか言えない女性漫画家と女性編集者の話』というと何かエロティックな漫画、と受け取られそうですが、内容はまさに「王道」の人間ドラマです。

 

 

・バクマンでも言っていた「王道マンガ」とは何か?

 

バクマンの中で主人公たちが求めていた「王道マンガ」。
でも、「王道」って一体なんでしょうか。みなさんはどんな作品を王道であると感じますか?

 

感じ方は人それぞれですが、僕は多くの漫画企画に触れ、王道とはここに尽きるなと思っています。それは何かと言うと…

 

「主人公への期待感」です。

 

悟空ならやってくれる、
ルフィならなんとかしてくれる、
両津勘吉ならやらかしてくれる、

 

という主人公に期待せずにはいられない漫画……これこそ王道ではないでしょうか。

 

そしてそんな漫画は……もしかしたらこの時代少ないのかもしれません。ニッチな隙間を狙ったり、企画をひねったり、漫画が溢れる中でこまごま工夫を凝らした作品が多く感じるのは否めません。

 

そこにきてキャラクターの魅力だけ、その人間を描くだけで引き込んでいく作品は久しぶりと感じ、今回オススメとして取り上げました。

 

>>>記事本文はこちら

 

作品の内容はタイトル通り「あー」とか「うー」しか言えない主人公を描いたというもの。通常であれば欠点として一蹴されてしまうそんな特徴もなんのその。作中ではそれがかえって一番の強みに昇華されています。

 

また、作品には表紙や内容に至るまで購入した人でなければ知り得ない様々な工夫が施されているとか。練りに練って描かれた『あーとかうーしか言えない』の真髄をとくと堪能してください!

 

第3位:『BLEACH』を引き継ぐか!?『呪術廻戦』が週刊少年ジャンプで大ヒットしている理由を考えてみた!

 

どーもこんにちは!
漫画ソムリエ東西サキです!
普段はマンガ制作のノウハウを蓄積・共有する東京ネームタンクという場所でマンガの持ち込み先・進路相談をしています。

 

そして、そんな僕が今回ご紹介するのは現在、大ヒット連載中で次期アニメ化作品と目される週刊少年ジャンプ掲載作品『呪術廻戦』になります。

 

この作品を技術面から注目することで大ヒットの理由とその魅力を分析したいと思います。
どうぞよろしくお願いします!

 

>>>記事本文はこちら

 

今、飛ぶ鳥を落とすがごとく売れている話題作『呪術廻戦』。

一体何が読者をそこまで惹きこむのでしょうか。この疑問は当メディアでも何度かレビュアーが取り上げております。気になった方は上のオリジナル記事と合わせて読んでみてください!

 

>>>超面白い漫画『呪術廻戦』(既刊0巻~3巻)のおすすめ理由!心に刺さるキャラクターの台詞とは?

>>>一体いつから『呪術廻戦』は『BLEACH』(ブリーチ)の正統系譜だと錯覚していた?

 

* * * * *

 

以上が7/29~8/4の最も読まれたレビューTOP3でした。

 

どの作品もまだ巻数が浅いながら、今後の展開を期待させてくれるものばかり。

これを機にぜひ読んでみてください。

 

みなさんが運命の一作に出会えることをマンガ新聞は毎日願っています!!

来週はどんな作品がランクインするのか。

乞うご期待ください。