TOP > 社長戦記 > 週間レビューランキング!(7月22日~28日)第1位は『BLEACH』の後継?と目される『呪術廻戦』解説レビュー!

週間レビューランキング!(7月22日~28日)第1位は『BLEACH』の後継?と目される『呪術廻戦』解説レビュー!

みなさん、こんにちは。マンガ新聞編集部です。

 

2019年7月第4週(7/22~7/28)にアクセスされた上位3位までのレビュー記事をダイジェスト版にてご紹介いたします。

 

今回は現在「週刊少年ジャンプ」にて圧倒的人気を誇っているあの作品が第1位に! 話題の2作品もランクインしていますので、要チェックです。

 

 

第1位:一体いつから『呪術廻戦』は『BLEACH』(ブリーチ)の正統系譜だと錯覚していた?

 

はじめましての人もそうでない人もこんにちは!
漫画大好きっ子34歳。ナンバーナインの小林です。

 

2000年代中旬~2010年代前半のジャンプの三大看板漫画と言えば、『ONE PIECE』(ワンピース)、『NARUTO-ナルト-』、『BLEACH』(ブリーチ)の三本柱マン。

 

努力・友情・勝利、全てが揃った完璧(パーフェクト)超人として今でも大人気な作品です。

 

・レジェンド作品の正統系譜

 

そして2010年代後期以降、これらレジェンド作品の正統系譜と呼ばれる作品が登場します。

 

『ONE PIECE』→『僕のヒーローアカデミア』
『NARUTO-ナルト-』→『ブラッククローバー』

※諸説あり。
※『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』は『NARUTO-ナルト-』のスピンオフや系譜ではなく、正統続編です。

 

 

では最後のひとつ、『BLEACH』の正統系譜は何か?

そう、今回紹介する『呪術廻戦』こそが『BLEACH』の正統系譜であり、これからの週刊少年ジャンプを代表する作品になると確信してます!!

 

>>>記事本文はこちら

 

2019年7月現在、0巻~6巻までが発売されている『呪術廻戦』ですが、圧巻のストーリー展開と数々の名言で多くの読者を魅了しています。

 

また本レビューは、もう恒例となった社長戦記にて対決中のレビュー記事です!前回の社長戦記ではコテンパンに松山氏を打ち負かした小林氏。はたして今回の勝負の行方は⁉ 気になる結果は近日公開予定です。

 

第2位:「死ぬ前に1回くらいセックスしたい!」童貞の執念が奇跡を起こす!『明日のエサ キミだから』

明日のエサ キミだから(1) (ヤンマガKCスペシャル)
著者:若杉 公徳
出版社:講談社
販売日:2019-02-06

 

みなさんは自分の価値って考えたことがありますか?
クラスの中で価値のない人間から順に死んでいくとしたら、自分は何番目に来るんでしょうか?

 

本作はそういうお話です。

 

・『みんな! エスパーだよ!』の若杉公徳先生が描く新連載!

 

『明日のエサ キミだから』は学校に突如現れたバケモノによって校内に閉じ込められた生徒たちを描いた、月刊『ヤングマガジン』で連載中のサバイバルストーリーです。

 

 

バケモノの正体は不明。
唯一わかっていることは「1日ひとり、人間を食べる」ということだけ。

校内に残ったわずかな生徒たちは、救援が来るまでの日々を生き延びるため、1日ひとりの「いけにえ」をバケモノに差し出すことにしたのです。

 

『デトロイト・メタル・シティ』『ライミングマン』『みんな! エスパーだよ!』など、等身大の主人公を描いてきた若杉公徳先生ですが、今回の主人公はその中でも、最弱と言える存在。

勉強も運動もできず、強烈な個性もなく、もちろん超能力も使えません。

 

校内カースト的にも最下位の彼が、この「いけにえ」に選ばれるのも当然の流れといえるでしょう。

 

明日のエサ キミだから よろしく

 

第1話から、はっきりと死刑宣告された主人公。
しかしながら、絶体絶命のピンチの中を彼は運と機転で生き延び続けていきます。

 

>>>記事本文はこちら

 

先週(7/15~7/21)のレビューランキングで第1位だった『明日のエサ キミだから』。

またしても上位に食い込み、7月度月間レビューランキングに向けて着実に数字を伸ばしつつあります。

『明日のエサ キミだから』の気になる魅力とは。もっと詳しく知りたいという方はこちらのオリジナル記事作品の試し読みのリンクをクリック!

 

第3位:株で儲けて良い所に住みたければ「ゴミ清掃員」になれ!『ゴミ清掃員の日常』

ゴミ清掃員の日常
著者:滝沢 秀一
出版社:講談社

 

本作は、「芸人」と「ゴミ清掃員」を兼業されている滝沢秀一さんの「ゴミ清掃員」としての日常を、奥様の滝沢友紀さんが描いたマンガである。

 

最新のゴミの分類、焼却技術の進展、月単位で増減するゴミの量の周期などなど、全然知らなかったエピソードがたくさん盛り込まれていておもしろい。

 

 

・ゴミ清掃員は優秀な株式トレーダーになれる説

 

それはそうとして、私が本作を読んでいて強烈に感じたのは、「ゴミ清掃員は株式トレーダーに向いているのでは」ということだ。

ちょっと話が飛んでいると感じると思うので、ひとつひとつ丁寧に説明したい。

 

本作のなかで滝沢さんは「ゴミ清掃員として常々感じているのは行儀・人柄は末端に表れる。だから、ゴミ集積所が汚い場所は治安が悪いことが多い」と書いている。

この“末端”という言葉がポイントだ。

 

>>>記事本文はこちら

 

え? どうしてゴミ清掃員が優秀な株式トレーダーに向いているのか。

気になるその理由はオリジナル記事の方で明らかに! 思わず納得してしまうこと間違いなしです!

また本作『ゴミ清掃員の日常』は一巻完結といった非常に読みやすい作品で、多くの読者から「勉強になった」「よい作品でした」などの好意的な声が多数寄せられています。業界・業種の裏話は楽しいものです。オススメです!

 

* * * * *

 

以上が7/22~7/28のPV数TOP3のレビューでした。

どの作品もまだ巻数が浅く、全巻一気読みするには丁度いいので、この機会にぜひ読んでみてください!

 

本格的な暑さ到来の今日この頃。

何をするにも暑すぎて厄介だ~ダルい~という日には、漫画に熱中すれば、暑さを忘れて過ごせるはずです!

 

では、来週のランキングもお楽しみに!