TOP > マンガ新聞レビュー部 > バカでオクテで不器用な壱成が可愛すぎる件『バツイチアラサー女子と男子高校生』

バカでオクテで不器用な壱成が可愛すぎる件『バツイチアラサー女子と男子高校生』

このほど、3週間ほどイギリスに滞在しておりました。

1週間ほどホームステイしてたエディンバラのおうちに、大型ミックス犬がいたんです。

イギリスまで行っといて大量に仕事を持って行っていたので、1日中自宅でパソコンぱちぱちやっていまして、飽きたら犬にむしゃぶりつく、という生活をしていました。

 

ベッドでいきなり襲い掛かってくるカレとは?

こうしたアプローチが実を結び、和久井と犬(カレ)はすっかり愛し合うようになりました。夜になると、カレが閉めてるはずのドアを突破して、和久井のベッドに襲いにやってくるまでに……!

 

夜ふと目を覚ますと、横で寝息を立ててカレが眠っており、腕が私のほうに伸びていて、なんかたまに腕や足を絡め合ったりして(大型犬なんで絡まるのです)……なんなんだこの彼氏感は!

 

最終日、カレと一緒にお散歩に行きました。 なだらかな丘陵の上に建つクレイグミラーという古城の周りが公園になっていて、その草原でみなさん犬を放してお散歩してるんです。

和久井もカレを放して、棒きれを投げて、「ほーら取ってこーい!」をやってました。

 

もうね、もう……かわいいんですよ。

喜び勇んで棒を取りに行って、戻ってきたら、ポタっと棒を和久井の目の前に落とすんです。

尻尾ブンブン振って「もっと」って。

途中で、他の散歩犬とケンカをしたので和久井が怒って「もう遊ばないよ」と言ったら、ションボリしちゃって。

和久井の目の前に棒きれを拾ってきては落とすんですよ。

無視していると、手のそばに落とす。そっぽを向いて違う方向を向くと、その方向にまた棒きれを持ってくる。

プライドとか、体面とか、全然ないんですね。わかりやすい。

 

「犬となら結婚できる……!」と思いました。本気です。

 

まあその代わり、ホストママが帰ってくると和久井の体中を踏みにじって部屋から出て行っちゃうんですけどね。

 

 

『#バツイチアラサー女子と男子高校生』がいい!

という前段でなんなんですが、今回紹介したいのはペットマンガではありません。

 

『#バツイチアラサー女子と男子高校生』

 

 

実家は旅館経営をしていて超金持ち、その上イケメンの高校生・壱成(いっせい)と、自宅で居候をしているバツイチアラサー女子・早梅(はやめ)のお話です。

 

本作は連載中の『プロミス・シンデレラ』という作品のスピンオフです。

なぜ早梅が壱成の家に居候しているかなどの詳細は、こちらを読むと分かります。

こっちはこっちで面白いんだけど、なんといっても『#バツイチアラサー……』は、壱成の未熟っぷりがテーマで、これがシビれるほど、いい。

 

壱成は自分を”男”として見てくれない早梅を振り向かせるために、あれこれ女性が好きそうなことをして気を惹くのですが、めちゃくちゃプライドが高いので、素直には尽くしません。

行列店のケーキを買ってきて「並んでまで買うわけねーだろ」とかツンケンしちゃって、でも「一緒に食べよう」って言われただけでメロメロになってて、めっちゃ純情なの。

 

彼のやることすべては「このバツイチアラサー女を俺に夢中にさせるためだ!!」と言ってますが、読んでるこっちがすでにお前に夢中ですよ……。

 

「一緒にご飯に行こう」も言えなくて、あれこれ誘うセリフを考えて逡巡したり、誕生日プレゼントをもらって、自室で(彼女に弱みは見せません)咆哮したり。

だけど、本人の前ではめちゃくちゃ強気なことばっかり言うし、緊張しちゃって触れたりもできないの。

 

こういうプラトニックな感じは、大人になるとけっこう忘れ果てちゃうので、ことさらにシビれます。

 

素直じゃなくて、体面を気にして、弱みを見せられない壱成。

 

素直で、自分の気持ちを隠さないエディンバラの大型犬カレとは正反対なんだけど、不器用な壱成も、それはそれでめちゃくちゃかわいいです。

読むだけで全身こむら返り状態です。 とりあえず、エディンバラのカレでもいい、壱成でもいい、どっちでもいいから、私にくれ……!!

 

 

このレビュアーのほかの記事

■おんなの脳みそはこうなっている!BLの世界を徹底的に考察する『絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男』

■家族だからこそ、辛い。多かれ少なかれ誰にでも経験がある、家族への愛憎『酔うと化け物になる父がつらい』

■ぜ女性たちは、いとも簡単にご主人様の罠に落ちてしまったのか?『奴隷日記~ご主人様に出会って風俗嬢になりました~』に見る「心の闇」

■直接的なエロシーンはないのにめっちゃ発奮!『王家の紋章』は女の欲望玉手箱