TOP > マンガ新聞レビュー部 > 子育ては「宝物探し」だね。ツイッターで話題沸騰、こやまこいこさん作『次女ちゃん』

子育ては「宝物探し」だね。ツイッターで話題沸騰、こやまこいこさん作『次女ちゃん』
次女ちゃん (コルク)
無料試し読み
著者:こやまこいこ
出版社:コルク
販売日:2018-09-27

 

今年、娘が大学を卒業しました。

「親」ではあることは変わらないですが、
「子育て」はひど段落ついたのかなぁと。

卒業式に出席しながら、子供と過ごした日々をしみじみと思い出して・・・

あれ?

あまり、覚えてないぞ・・・
「子育て」などと言いましたが、どれほど無頓着に日々を過ごしてきたのだろう。

卒業していく子供達にお祝いを込めてあたたかい拍手をする親御さん達の中で、私は取り換えしのつかない過去に呆然としていました。

今回ご紹介する
「こやまこいこ」さんの
『次女ちゃん』

webで評判になり、ご覧になった方も多いと思います。
次女ちゃんとこやま家のお話です。

こやまさんは
日々忙しい家事、仕事を終えてから寝る前に一日を振り返って描いていたそうです。

なんと!
私も主夫をして育児してた時期もありましたが、子供と一緒に寝てました!
いや、子供より早く寝てました!

あとがきにこうあります。

「その日一番心が動いたことあたり前と思わずいたい」
「家族のことを描くのはけっこう気を使う
でも描かずにはいられない
あんなことやこんなこと描きました」

そうだったのだ!
「ホントは描かずにはいられない時期があったのだ」

 

©こやまこいこ/コルク

©こやまこいこ/コルク

©こやまこいこ/コルク

「次女ちゃん」らしい
「こやま家」らしいエピソードが並んでいます。

あ、あ、なんてきらきらしたお話だ!

大きな行事や節目のお話しは覚えいたりするのだけど、
そうそう、こういう日常の何気ない瞬間を見過ごしてた。

それは、今思えば、かけがえのない宝物だったのだ!

なにを見てたんだ?私は?
ちゃんと描いておけはよかった・・・

ラストのお話は
「次女ちゃん」が発熱のために小学校の入学式をおやすみしてしまいます。
体調が回復した後
自宅で家族だけで入学式をするお話。

なんというか、その優しさ、ユーモア、あたたかさ、家族みんなの思いがじわじわとこみあげ胸が熱くなりました。

こやまさんはこの漫画のあとにこう描いています。

入学式に出られなかったのはとても残念ですが、夫も協力してくれて思い出にのこる一日になりました。
状況を受け入れて柔軟にその時でできることを少しだけでもやっていけたらこの先も楽しくすごして行けそうです。

子供の卒業式を終え
もう一度この漫画を読み直しました。

そうだな。
忘れてしまったのはしょうがない。
状況を受け入れて柔軟に・・・

子育ては終わったのだけど
娘は「子供」で
私は「親」だ

これからだって
キラキラ宝物のような事はあるはずだ。

いや、この漫画のおかげで
「宝物」だと気づけるようになったのだ。

まだまだ「親子」は続く。
一生「宝物探し」も続くのだ。
楽しみでしょうがない。

ありがとう!

> ■:次女ちゃん特設ページ’「試し読みあり!」 <

このレビュアーのオススメ漫画!

■育児でお疲れのママ、そっとテーブルにこの本を置いてみては?『本当の頑張らない育児』

■Twitterで超話題!単行本27万部突破!!でも、もっともっと売れてほしい、愛猫家熱狂の『おじさまと猫』