TOP > マンガ新聞レビュー部 > リメイク作品における省略の美学!超ハイテンポ・ギャグ漫画『ドラゴンボールSD』は原作ファン必読だ!

リメイク作品における省略の美学!超ハイテンポ・ギャグ漫画『ドラゴンボールSD』は原作ファン必読だ!

親、子、そして孫へと世代を越え、世界中で愛され続けている作品『ドラゴンボール』。

 

これまでにアニメやゲームなどの関連作品が数え切れないほど世に出ていますが、その中から今回私が紹介したいのは『ドラゴンボールSD』という漫画です。

 

 

ドラゴンボールSD 6 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:オオイシ ナホ
出版社:集英社
販売日:2019-06-04

 

 

本作は原作・かんしゅう「鳥山 明」先生、まんが「オオイシナホ」先生による『ドラゴンボール』のリメイク作品です。

 

基本的に原作がベースになっていますが、キャラクターがデフォルメされていたり、エピソードの省略&アレンジで原作の物語がよりテンポ良く楽しめるようになっていたりします。

 

そのため「お子さま」向けや「初めて読む人」向けの作品だと思われるかもしれませんが、じつは「原作ファン」向けの面白さもたくさん詰まった作品なのです。

 

巧みなエピソード省略に注目!

 

本作は現在コミックス6巻まで発売されていて、物語的には「サイヤ人編」が決着するあたりまでが描かれています。

 

ただ原作だと「サイヤ人編」の決着はコミックス21巻あたり(全42巻)なので、原作ファンからしたら“なんでそんなに早いの?”と思われることでしょう。

 

その秘密は、大胆な「エピソード省略」にあります。

 

例えば、原作では「第22回天下一武道会編」の後は「ピッコロ大魔王編」が始まりますが、本作では「ピッコロ大魔王編」がまさかの事情で発生せず、その後の「第23回天下一武道会編」も省略された状態で、「サイヤ人編」がスタートします。

 

それ以外にも省略されているエピソードは多々あるのですが、それに伴う「アレンジ(話のつじつま合わせ)」が本当に巧みで、“原作もこうだった気がする”と思ってしまうぐらい違和感なく、原作の物語が再構成されているのがお見事です。

 

また、見せ場を奪われたキャラクターが、作中やコミックス内の話と話の間のページで文句を言っている姿も<お約束>のひとつになっており、本来ネガティブなイメージである「エピソード省略」をギャグに昇華しているのが本作の凄いところだと思います。

 

今後の展開に注目!

 

『ドラゴンボールSD』は現在『最強ジャンプ』にて連載中で、原作で人気の高い「フリーザ編」に突入しています。

 

本作は『ドラゴンボール』の世界に初めて触れる人には間違いなくお薦めできる作品ですが、ユニークな手法のリメイク作品として、昔からの原作ファンにもお薦めしたい作品です。

 

本作に散りばめられた「原作ファンへのメッセージ(笑)」を、是非見つけてほしいです。

 

 

ドラゴンボールSD 1 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:オオイシ ナホ
出版社:集英社
販売日:2013-04-04
ドラゴンボールSD 2 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:オオイシ ナホ
出版社:集英社
販売日:2014-04-04
ドラゴンボールSD 3 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:オオイシ ナホ
出版社:集英社
販売日:2014-12-04
ドラゴンボールSD 4 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:オオイシ ナホ
出版社:集英社
販売日:2016-02-04
ドラゴンボールSD 5 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:オオイシ ナホ
出版社:集英社
販売日:2018-02-02
ドラゴンボールSD 6 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:オオイシ ナホ
出版社:集英社
販売日:2019-06-04