TOP > マンガ新聞レビュー部 > 週間レビューランキング!(5月13~20日)第1位は兄妹がいる人なら絶対納得?比べ続けられた双子の固い絆を描いた『わがままちえちゃん』!

週間レビューランキング!(5月13~20日)第1位は兄妹がいる人なら絶対納得?比べ続けられた双子の固い絆を描いた『わがままちえちゃん』!

みなさん、こんにちは。マンガ新聞編集部です。

本日は2019年5月13日~20日の7日間で、最も多く読まれたレビュー記事TOP3をダイジェスト版でご紹介いたします!

 

今回のランキングは、目頭がジワッと熱くなるような家族の絆を描いた作品から、人類を守るべく力を授かった超素行が悪い魔法少女のバトルストーリー、そして中二病男子が人気者に恋をした格差ラブコメなどなど、バリエーション豊かなラインアップです!

 

では、早速ご覧いただきましょう!気になるTOP3はこちら!!

第1位:気持ち悪いねって言ってたセックスをしてみたけど、怒るかな。『わがままちえちゃん』

わがままちえちゃん (ビームコミックス)
著者:志村 貴子
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン

 

兄弟、姉妹はいますか? 私は妹と弟がいます。
仲は良いし、相談相手にもなるし、服だって共有できます。
でも少し嫌なのは、彼らと比べられること。
兄弟姉妹がいる人は大抵、そんなふうに感じているんじゃないでしょうか?

 

ちえさほは双子の姉妹。

 

 

©Takako Shimura 2015

 

 

お互い好きだけど、周りから比べられたり
自分の好きな人が私じゃないほうを選んだり
そういうことがあると、”死ねばいいのに”なんて
思うこともありました。

 

>>>記事全文はこちら

 

あの世とこの世で繋がっているちえさほの絆には、読んでいて思わず胸が苦しくなってしまいます。

1巻完結という、非常に読みやすい作品です!

 

第2位:魔法少女+ヤンキー+ガチバトル!『間違った子を魔法少女にしてしまった』の勢いがスゴい

 

世界征服を企むモンスター・アタスンモから地球を救う使命を持つ謎の生物「ミュ」は、切羽詰まっていた。 

地上に襲い来るアタスンモが目前に迫り焦るなか、どう見ても魔法少女にピッタリの美少女がちょうど通りすがる。

大急ぎで一方的にさっさと特別な力を与えるが、与えた瞬間、彼女が超絶ヤンキーであることに気が付いた。

 

「あ、間違えちゃった……」

 

この雑さ、心から素晴らしい。わずか3ページでもう理解した。これは名作。

 

 

©双龍/新潮社

 

 

©双龍/新潮社

 

 

真風羽華代(まじば・かよ)。ヤニをこよなく愛し、ダダ漏れの殺気と低すぎる怒りの沸点を持つJKだ。

魔法を使える選ばれし人間にうっかりされてしまったのだが、魔法を使うまでもない逸材であった。

素の状態でアタスンモをフルボッコ。めんどくせえなあと言いながら生き生きとぶっ殺しまくる。

 

>>>記事全文はこちら

 

現在6巻まで発売中の『間違った子を魔法少女にしてしまった』はすでに累計50万部超、現在、kindle unlimitedで第1巻が無料で読めるので、ぜひこの機会に読んでみてください!

 

第3位:中二病男子の青春格差ラブコメ漫画『僕の心のヤバいやつ』が胸キュンすぎて読者の心もヤバイ!

 

本作の主人公「市川京太郎」典型的な中ニ病男子。

 

友達もおらず、好きな人もおらず、スクールカーストの底辺で学校生活を送っていた彼だったが、一人とても気になる女の子がいた。

 

彼女の名は「山田杏奈」

 

学校イチの美少女で雑誌のモデルもやっているスクールカーストの頂点・山田に対して、主人公は「底辺を見下しやがって!」と一方的に被害妄想を抱く。

 

「今、最も殺したい女」として山田を敵視する主人公だったが、ある日、彼女の意外な一面を目撃したことによって、彼の青春が<静かに>動き出すのだった……。

 

 

中二病男子の変化に注目!

 

「自分とは違う世界の人間」だと決めつけていた山田にも、実は「ドジな所」や「性格的に痛い所」があり、そういった内面を知っていくにつれて、主人公が山田に対して持っていた偏見や先入観が次第に無くなっていきます。

 

また、大嫌いなはずの山田を助ける行動をし始めるようになった自分の、気持ちと行動の矛盾に違和感を覚えながら、平穏な学校生活を通じて山田との距離が徐々に縮まっていきます。

 

……そして、山田への気持ちの変化に<決定的>に気付いてしまうタイミングがやってくるのですが、その時の主人公がとても初々しく、その姿や行動に読者側も胸キュン必至です!

 

本作は「主人公の山田に対する気持ちの変化」が丁寧に描かれていますので、その様子をニヤニヤしながら楽しんでもらえたらと思います。

 

>>>記事全文はこちら

 

本作『僕の心のヤバイやつ』は「2018次に来るマンガ大賞」にノミネートされた作品。多くの読者の支持を集めたのも納得、まずは上記の記事全文リンクから作品の世界観を肌で感じ取ってみてください!

 

 

以上が5月13~19日に読まれたTOP 3のレビュー記事でした!

全く異なる作風の3作品でしたね。気になった方は、記事全文リンクからオリジナルレビューも読んでみてください!

 

きっと、作品が読みたくなること間違いなしです!