TOP > ゴルフ > 一歩先をゆくゴルフ漫画の名作『オーイ!とんぼ』

一歩先をゆくゴルフ漫画の名作『オーイ!とんぼ』

ゴルフにハマったそんなアナタに

 

ワタクシゴトですが、最近ゴルフを始めました。

まだまだシロウトと言うのもおこがましい超ビギナーなんですが、実際始めるとなるとマンガ売りとしてはやっぱりゴルフ漫画が気になってくるんですよね(笑)

 

ゴルフ漫画と言えば、少年漫画好きな僕は『ライジング インパクト』とか『DAN DOH!!』とか最近だと『KING GOLF』なんかが好きな作品です。

 

でも今日ご紹介するのは、その中でもちょっと変わった作品です。

 

 

 

 

何が変わってるかって言うと、この漫画はゴルフをやる人なら必ず一度は見たことがあるであろう、あのゴルフ雑誌の超定番『ゴルフダイジェスト』に連載されてるんですよ。

 

少年漫画誌に載っている作品は、良くも悪くも主人公やライバルたちの成長や熱いバトルにテーマが置かれていて、その題材がゴルフって感じです。もちろんそれはそれでめちゃくちゃ面白いんですが、いわゆるゴルフの細かな技術とかの解説はあえて端折られてるんですよね。

 

だけど、この作品は「ゴルフダイジェスト」を読んでいる、つまりゴルフが好きで実際にやっている人たちがメイン読者なんで、描写も解説もすごく細かなところまで描かれてるんです。

 

ゴルフ好きほど面白さがわかる!

 

じゃあこれってゴルフのテクニック本とか指導書みたいなものなの?って思うかもしれませんが、全然違います(笑)

 

『オーイ!とんぼ』あらすじ

スネに傷を持つ元プロゴルファーの五十嵐が、ひょんなきっかけで移り住むことになった人口百人ちょっとしかいないトカラ列島の小さな島で、まだ中学生の少女とんぼと出会う。

彼女は幼い頃に両親を事故で亡くし、親戚から疎まれる中トカラに住む祖父に引き取られていた。

そんなとんぼは、なんの娯楽もない島で、たった3ホールしかない小さなゴルフコースを遊び場に、父親の形見である3番アイアンたった一本で誰からも教わらず自由にゴルフをしていた天然少女だった。

ただ、たった一本だけという制約と、セントアンドリュースもビックリな超過酷なコース環境がとんぼを常識に囚われないとんでもないプレーヤーに育て上げた。

そんなとんぼのプレーを目の当たりにした五十嵐は、彼女に大好きなゴルフの本当の面白さを経験させるべく、そこからふたりの挑戦が始まった…

 

ほら、あらすじを読むだけでも全然まっとうなゴルフじゃないでしょ?(笑)

むしろ少年漫画好きの僕に突き刺さりまくりの熱い作品なんですよ。

 

だって、島のゴルフコースがこんなとこですよ!?

 

 

©かわさき健・古沢優/ゴルフダイジェスト社

 

 

しかも猿にそっくりな某プロゴルファーみたいな、手作りのドライバー一本とまでは言わないですが、3番アイアンだけでティーショット・アプローチ・バンカーショット・パッティングまで全部こなすんですよ。

 

それだけでもワクワクするような設定なのに、そこは「ゴルフダイジェスト」。

どんなトンデモショットでも(再現できるかどうかは別として)しっかりと技術的な解説をしてくれるんで、真似はしなくてもナルホドと勉強にもなるんです。

 

って言うか、解説がマニアック(笑)

 

 

©かわさき健・古沢優/ゴルフダイジェスト社
©かわさき健・古沢優/ゴルフダイジェスト社
©かわさき健・古沢優/ゴルフダイジェスト社

 

 

正直ゴルフを始めたばかりの僕には分からない表現が山程出てくるんですけど、ストーリーとして十分面白いんで、きっとゴルフが好きな人になればなるほど、この作品の表現の奥深さ(マニアックさ)が理解できて、さらに楽しめるんだと思います。

 

僕もきっと読む度に「あー!これってこういうことだったのか!」って毎回新しい気付きがありそうなんで、それを楽しみに何度も読み返す気がするなぁ(笑)

 

もしゴルフの楽しさを知っているのにまだこの作品を読んだことがない方がいたら、ぜひオススメしたい名作です!

 

>>『オーイ!とんぼ』をDMM電子書籍で読む

 

オーイ!とんぼ 1-13巻 新品セット (クーポンで+3%ポイント)
著者:かわさき健
出版社:ゴルフダイジェスト社