TOP > マンガ新聞レビュー部 > 『ダンベル何キロ持てる?』で、夏までに今度こそダイエットするんだ(死亡フラグ)

『ダンベル何キロ持てる?』で、夏までに今度こそダイエットするんだ(死亡フラグ)

ダイエットの季節が来てしまいましたね

 

暖かくなってきましたねー。

 

毎年のことなんですけど、どうしても冬場は寒くて引きこもりがちになり、更に冷めた身体をあたためようといっぱい食べてしまって、気付いたらあちこちがプニプニプヨプヨになるんですよ。

 

で、暖かくなったら夏までにダイエットする!って覚悟を決めて始めようとするんですけど、なかなかジムに行けなかったり、行ってもトレーナーが付かなくて自分だけでやろうとすると正しいトレーニング方法がわからなかったりで、結局挫折するの繰り返し。

 

ってことで、今年こそは!と取り出したのがこの漫画!

 

 

ダンベル何キロ持てる?表紙

『ダンベル何キロ持てる?』

 

女子高生たちがジムで健康的に悶える

 

このマンガ、食べるのが大好きな女子高生が、友達に「太った?」と言われてジムに通うという話なんですが、選んだジムが爽やかスポーツジムではなくボディビルダーやプロ格闘家の通うゴリゴリのトレーニングジム(笑)

 

しかも、そこでバッタリ会った同級生も、清楚系お嬢様なのに超筋肉フェチという、まぁ基本はコメディなんですが、

トレーニングジムの話ということで、正しいトレーニングの仕方をきちんと説明してくれていて、しかも絵で描かれているのですごく理解しやすい。

 

 

筋トレ本やダイエット本だとトレーニング中の写真が載っていたり、最近だとYoutubeなんかで動画で紹介されていて、そういう意味では絵で描かれているよりわかりやすいかもしれないですが、そこはやっぱりマンガ。

つまりキャラクターがいて、ストーリーがあって、彼女たちが努力している姿に共感しながら一緒にトレーニングしている気分になれると、なかなかひとりでやるだけのトレーニングではサボったり妥協したりしそうになる時に「負けない!」って気持ちになれるワケですよ。

 

あと、MAAM先生の絵がね、妙にエロい(笑)

そこはぜひ漫画本編を見ていただきたいです。

 

無理のないトレーニングで、目指せ健康BODY

 

トレーニングって、結局継続力が大事だし、楽に鍛えるなんてそんなウマイ話もないんで、結局どれだけ楽しみながらモチベーションを維持できるかが重要なんですよね。

 

しかも一番心の折れやすい初期の頃ほど、すぐ疲れたり全然思い通りに身体が動かなかったりして止めてしまう。

 

でも、今年こそ、今年こそは、健康的な身体を手に入れたい!

 

この漫画が、そんなアナタの支えになってくれるといいなと思います。

 

 

>>『ダンベル何キロ持てる?』をDMM電子書籍で読む