TOP > マンガ新聞編集部 > 異世界転生マンガ&ホリエモン哲学の異色コラボ!楽しく稼ぐ方法が満載の『マンガ版 「好き」を仕事にして生きる』

異世界転生マンガ&ホリエモン哲学の異色コラボ!楽しく稼ぐ方法が満載の『マンガ版 「好き」を仕事にして生きる』

先日、あのホリエモンこと堀江貴文氏のビジネス書を原作にしたマンガ作品が発売されました。

その名も『マンガ版 「好き」を仕事にして生きる』。なんと堀江氏のこれまでの本をもとにした「次世代の生き方指南」と「異世界ファンタジーマンガ」という気になる構成の一冊です。

 

『マンガ版 「好き」を仕事にして生きる』

 

まずはマンガを紹介します。主人公・将太は実家の寿司屋で板前修業をこなす半人前の寿司職人。

 

パティシエを志すも親の強い反対のため断念、好きでもない板前修業に反発し、ゲーム三昧の日々を送っていた。

そんなある日、親から出前を頼まれる将太だが、不幸にも交通事故に遭遇してしまう。

 

目を覚ますと、そこは異世界。将太は先程まで自分がプレイしていたゲームの世界に転生していたのだった。

「最近流行りのアレか!?」と転生シチュエーションに期待をふくらませる将太。 
 

©takarajimasha

 

と思ったら、チート・無双・モテモテとは程遠く、周囲にゴロゴロといる競合の武器商人に負け続けてしまいます。 

将太そんな将太は武器商人だらけなか、成功を掴むため試行錯誤を繰り返します。

この試行錯誤がホントにためになる!

 

ホリエモン直伝!これから成功するためのコツとは?

 

「行動することだけが価値を持つ」という理念をもとに、少しでも多くの人が作品を通じて行動へ移すことに積極的になってほしいとの願いをこめて、マンガ化された本作。

 

マンガと文章が交互に展開する構成は、マンガとして楽しめるのはもちろん、本文で具体的な「成功への道」がズバッと示されているのが魅力。冒頭ではわかりやすいマトリックスで読者が目指すところを指摘しています。

 

 
©takarajimasha

 

 

「市場」「収入」を軸に、ABCDと4グループに分けています。

堀江氏はメジャーで高収入のAグループを目指さず、むしろズバ抜けた才能を持たない多くの人々にとっては(堀江氏は自分もこのグループだと言っている!)、Bグループ、つまり競争相手の少ないマイナー・ニッチな分野をとことん狙うことこそ「成功」に繋がるんだ! と作中を通して断言しています。

 

そして、そのためには「好き」を仕事にして生きることが鍵であるということなのです。

 

好きを仕事に? そんな都合よく稼げるの?

 

堀江氏は「好きなことをする」ことこそが、これから生き残れる仕事術だと言っています。

 

 「差別化するには好きなことをとことん深掘りすること」

「全員に好かれる必要はない。0.1%のファンを作れ」

「パクられた! と騒ぐヤツは成功しない」

「炎上をうまく使う」

などなど……。

 

堀江氏が成功しているのは、こうした稼ぐためのコツがあったのです。

 

頭で理解しても、具体策が思い浮かばない……。

 

そこでマンガの登場です。

世間で流行しているノウハウものではなく、あえて常識にとらわれずに大胆な行動ができる「ファンタジーもの」で、“差別化とは”“ニッチ・マイナー市場とは”等の気づきを与えてくれます。

 

将太を自分に置き換えたら、こうすればよいのか! 

どんどん頭が冴えてきます。

堀江氏曰く「ホントにこのマンガ、よく出来てるんだよね」。確かに!

 

さて、武器商人だらけの激化競争社会で生きることを余儀なくされた将太は、挫折と小さな成功をくりかえして、ホリエモン哲学を貫いていきます。

なにをどうしたか、は本作を読んでのお楽しみ!

 

明日からの生き方がパッと開けるような読後感に、みなさんも刺激を受けてみませんか?

 

 

マンガ版 「好き」を仕事にして生きる
著者:堀江 貴文
出版社:宝島社