TOP > ギャグ・コメディ > 恥じらいながら投げる姿がエロい…!エロとボウリングを融合させたスポーツ漫画『ストライク・オア・ガター』がたまらない!

恥じらいながら投げる姿がエロい…!エロとボウリングを融合させたスポーツ漫画『ストライク・オア・ガター』がたまらない!

エロボウリングを混ぜ合わせ、おもしろさと画面の華やかさを兼ね備えた漫画『ストライク・オア・ガター』をご存知でしょうか。

今回は、本作のあらすじと見どころをご紹介いたします!

 

 

『ストライク・オア・ガター』あらすじ

 

主人公・畦道十華(あぜみちとうか)は、ボーリングをこよなく愛する女子高生。

 

同じ高校に通うボウリング仲間・仲栗小弓(なかぐりこゆみ)と幼い頃から練習に励んだ甲斐もあって、十華の腕前はもはやプロ級。

次々と親が支配人を務めるボウリング場で、ストライクを叩き出していく十華だが、そんな彼女にはある深刻な悩みがあった。

 

それは人の視線を感じると投げられないということ。

小6時点で既にEカップという驚異の発育ぶりを見せていた十華は、以来その大きな胸が原因で男性からの視線に悩まされ、いつしか人前(男の前)だと実力が発揮できないようになってしまう。

 

そんな状況を見かねた小弓は、週に何度か十華とボウリングをしながら十華のアガリ症を克服しようとするが、その方法が何とも過激な荒療治だった。

 

羞恥心を捨てるため、ギリギリまでスカートを上げることは当たり前。

挙句の果てには、その場にいる他の男性客に十華の姿をよく見るように促す始末で…!?

 

はたして、こんな方法で十華のアガリ症は治るのか。

エロ×ボウリングの新感覚スポーツ漫画がスタートです!

 

思わずグッとくる!十華と小弓の友情

 

大きな胸が原因で周囲からの好奇な視線にさらされ続けた結果、引っ込み思案な性格になった十華。

頭髪、服装、素行、すべてが適当なのに誰とでも仲良くなれるギャル・小弓。

 

そんな対照的な二人を繋いでいるのは、まぎれもなくボウリングの存在でした。

 

しかし、様々な娯楽が普及しボウリングの人気が衰退した今、十華宅のボウリング場はガラガラ。

十華が現代人のボウリング離れを憂うなか、小弓に何故ボウリングをやり続けているのかということを尋ねると、「お前がやってるから」という答えが返ってきます。

 

十華と一緒に楽しみ続けたいという思いが転じて、小弓はボウリングをやり続けているのです。

 

また、小弓には十華が人の視線を気にせずボウリングが出来るように、とある取り組みをしています。

そんな小弓の行動を知ったら、きっと二人のアツい友情に感動すること間違いありません!

 

ぜひ読んでみてください!