TOP > ギャグ・コメディ > 小学校から女子校で育ってきたお嬢様たちの遊びが卑猥すぎた!! エロコメ漫画『杉並区立魔法女学園平和維持部』発売!

小学校から女子校で育ってきたお嬢様たちの遊びが卑猥すぎた!! エロコメ漫画『杉並区立魔法女学園平和維持部』発売!

先日『杉並区立魔法女学園平和維持部』の単行本が発売されました。

そこで今回は、本作のあらすじと見どころをご紹介したいと思います!

 

 

 

『杉並区立魔法女学園平和維持部』あらすじ

 

主人公・篠原 楓(しのはら かえで)は、杉並区立魔法女学園に新しく入学してきた高校1年生。

 

「魔法」の力が発現した少女だけが入学できる、小中高一貫校の杉並区立魔法女学園には奇妙な校則があった。

それは“姉妹制度”と呼ばれる、先輩が後輩の面倒を見なければならないという制度。

 

新入生である楓は“お姉さま”に挨拶すべく、彼女が部長を務めているという平和維持部の部室へ向かう。

その名から活動内容が全く想像できない楓だったが、扉を開けるとそこには衝撃の光景が広がっていたのだった…!!

 

新入生の楓と落ちこぼれの巣窟である平和維持部のドタバタな日常がスタートです!

 

魔法×魔法=エロという新感覚ストーリー

 

あらすじでも紹介しましたが、“お姉さま”に挨拶するため楓が部室を訪ねると、そこには驚きの光景が広がっていました。

 

 

©吉富昭仁/太田出版

 

 

そう、なんと二人の少女が今にも行為に及びそうな雰囲気だったのです!

自分の知らない世界を前に思わず目が点になる楓ですが、そんな楓をよそに二人の行為はどんどんエスカレートしていきます

 

 

©吉富昭仁/太田出版

 

 

ついにその場の雰囲気に耐え切れなくなった楓は、他の部員に状況の真意を尋ねます。

そこで返ってきたのが「走査(スキャン)してるんだ」という意味深な答え。

 

走査(スキャン)…!?

突然の専門用語に戸惑いを覚えますが、とりあえず二人が欲望のままそういった行為に及んでいるのではないということが分かります。

 

何故、二人は女子同士でこんなことをしているのか。

その背景には、部員がそれぞれ得意とする魔法に幾重もの偶然が重なって生じたという驚きの真実がありました。

気になるその真実とは一体何なのか。そして、楓の“お姉さま”となる人物は何者なのか。

 

幅広いジャンルの物語を創作して活躍されている漫画家・吉富 昭仁氏の最新作です!

気になった方は、ぜひ読んでみてください!

 

 

杉並区立魔法女学園平和維持部
著者:吉富 昭仁
出版社:太田出版