TOP > マンガ新聞レビュー部 > 【本日1巻発売】勃ったら終わり…”性”という怪物との戦いの物語が今開幕!漫画『リビドーズ』

【本日1巻発売】勃ったら終わり…”性”という怪物との戦いの物語が今開幕!漫画『リビドーズ』

「週刊ヤングジャンプ」で連載中の漫画『リビドーズ』第1巻が、本日発売されました。

今回は”勃ったら終わり”という強烈なフレーズが印象的な本作の見どころを、簡単にご紹介したいと思います!

 

 

 

『リビドーズ』あらすじ

 

主人公・脇谷イサムは陸上部に所属する高校2年生。

普段は部活に参加せず、コンビニでのバイトに没頭するかたわら、個人で練習に励む日々を送っている。

 

そんなイサムの楽しみは、小学校時代に仲が良かったが中学で離れてしまい、その後高校で偶然再会した同級生・初瀬アカリを遠くから眺めること。

 

ひそかに恋心を抱いており、アカリとの距離を縮めようとするイサムだったが、周囲から脇谷くん(脇役ん)と馬鹿にされている立場のイサムにとっては、なかなか実行に移す勇気が持てずいつも踏みとどまっていた。

 

そんな彼に転機が訪れたのは、いつものようにバイトに出勤した日のこと。

突如レジをしていた店長が倒れ、おぞましい姿に豹変し、客の女性に襲いかかってしまったのだった。

 

あまりの出来事に混乱するイサムだったが、後からその豹変の理由が、日本国内に蔓延し始めた”リビド”と呼ばれる病であると知る。

 

”リビド”について現段階で分かっていることは少なく、判明しているのは性への興奮が高まった時に症状が現れて、かつ人間同士の粘膜の接触で感染してしまうということだけだった。

 

そんななか、イサムはコンビニで店長に襲われ、感染者と思われる女性にキスされてしまい…!?

 

”リビド”と呼ばれる病の謎

 

本作では”リビド”という病を中心に、”リビド”に感染した主人公が奮闘する姿が描かれています。

 

生物である以上、多くの人が少なからず持ち合わせている”性への欲望”

その欲望がピークを迎えた時、”リビド”の症状は現れます。その姿がとにかくおぞましいのですが、何故か読み進める手が止まりません。

 

笠原先生の圧倒的な画力によって表現される、迫力あるバトルシーンや緊迫感漂う恐怖シーンが、それだけ魅力的だということなのではないでしょうか。

今イチオシの新作漫画なので、ぜひ読んでみてください!

 

 

リビドーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
無料試し読み
著者:笠原真樹
出版社:集英社
販売日:2019-02-19