TOP > マンガ新聞編集部 > 残虐ないじめの裏側にある真実がエグすぎる!『いじめるヤバイ奴』本当にヤバイのは誰だ?第1巻発売!

残虐ないじめの裏側にある真実がエグすぎる!『いじめるヤバイ奴』本当にヤバイのは誰だ?第1巻発売!

講談社のアプリ「マガポケ」で連載中の漫画『いじめるヤバイ奴』第1巻が本日発売しました!

 

 

 

 

連載当初から過激で狂った設定が話題になっていた本作。

テーマは「いじめ」ですが、ただの「いじめ」ではありません。

 

主人公の男子高校生・仲島は、クラスに君臨する「いじめっ子」。
いじめの対象は儚げな女の子・白咲さん。

 

暴虐の限りを尽くし、彼女は毎日いたぶられていました。

 

 

©中村なん/講談社

 

 

憑りつかれた様にいじめる仲島は、どこか狂っていました。

──そう、狂っていたのです!

 

©中村なん/講談社

 

この「いじめ」の真相とは、仲島が「いじめ」を強要されていた立場にあったことです。

いじめられっ子の白咲さんによって。

 

本作では、”意思とは反していじめの加害者になるという未知の恐怖”がありありと描かれています。

 

 

©中村なん/講談社

 

 

そんな時に、精神的にも肉体的にも追い詰められていく仲島の前に、白咲さんへのいじめをやめさせようと正義感にあふれる男子・田中が現れます。

田中が起こす、いじめを止めるための勇気ある行動は、仲島にとっては余計なことでしかありません。

 

彼女をいじめなければ、自分が殺される――!

 

悲劇とは、まさに仲島のことを言うのでしょう。

 

彼に訪れる結末は、いじめが露呈したことによる社会的死でしょうか?

もしくは、本当の意味での死かもしれません。

 

容赦のない表現力で描かれるいじめ描写にも大注目の本作『いじめるヤバイ奴』

ぜひその目で主人公の行く末を見届けてください!

 

 

いじめるヤバイ奴(1) (講談社コミックス)
著者:中村 なん
出版社:講談社
販売日:2019-02-08