TOP > マンガ新聞レビュー部 > 2018年おすすめ漫画5選!~昨年を振り返ってみたら、ありすぎてできなかった件~

2018年おすすめ漫画5選!~昨年を振り返ってみたら、ありすぎてできなかった件~

明けましておめでとうございます。

 

昨年はこの漫画新聞でレビューを書き始めて、自分の漫画のお店もオープンしたりなんかして、色々と動きがあって慌ただしかった一年間でした。

今年も漫画を死ぬほど読んで、漫画業界に貢献していきたいです。

 

さてそんな昨年読んだ漫画の中から「ベストを選べ」と言われるとなかなか難しいですが、おすすめなら選ぶことができるので、何点かご紹介したいと思います。

ベストは選べないんです、優柔なので。

 

 

おすすめ漫画①『正直不動産

 

正直不動産(4) (ビッグコミックス)
著者:大谷アキラ
出版社:小学館
販売日:2018-12-27

 

嘘が当たり前の不動産業界において、嘘が付けなくなってしまった元トップセールスマンが、逆に“正直”を武器にして不動産業界で生き抜く様を描いた作品です。

個人的にはこういう業界物が大好物です。

 

今年のおみくじでも『正直にやると成果出るよ』と書いてあったんで、僕も見習って正直に誠実に生きていきたいですね。

 

 

おすすめ漫画②『銀河の死なない子供たちへ

 

銀河の死なない子供たちへ(上) (電撃コミックスNEXT)
著者:施川 ユウキ
出版社:KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
販売日:2017-09-27

 

上下巻で完結済みの作品です。

 

僕はギャグ漫画家の中では和田ラヂヲセンセイと、この施川ユウキセンセイがツートップで好きなんですが、今作はギャグもありながらも、生きること、死ぬということに主眼を置いて描かれています。

哲学書のような、質の良い絵本のような作品です。

 

施川センセイは、もっともっと評価されていい作家さんです。

 

 

おすすめ漫画③『はなにあらし

 

はなにあらし(3) (サンデーうぇぶりコミックス)
著者:古鉢るか
出版社:小学館
販売日:2018-11-12

 

なのはと千鳥は秘密の恋人同士。もう少し近づきたいけど、なかなかうまくいかない。

けれどこのふたりなら、あらしが吹いてもきっと大丈夫。

 

僕が一番お気に入りの百合漫画です。毎回の更新が楽しみで仕方ありません。

 

 

おすすめ漫画④『週刊少年ハチ

 

週刊少年ハチ 5 (少年チャンピオン・コミックス)
著者:増田英二
出版社:秋田書店
販売日:2019-01-08

 

天才・増田英字の最新作。熱血漫画家ファンタジー。

 

『バクマン』や『ヒットマン』とはまた一味違う、熱くて笑える少年漫画です。

本当にこの人の作品とは“魂があってる”としか言いようがありません。読んでみてください、すべてはそれからです。

 

 

おすすめ漫画⑤『終末のワルキューレ

 

終末のワルキューレ 1巻
著者:アジチカ
出版社:ノース・スターズ・ピクチャーズ
販売日:2018-05-19

 

神vs人類の“タイマン勝負”…もうこの響きだけですべてが許せます。

男の子としては、この言葉にワクワクしかしません。

 

はたして勝つのはどちらか?

そしてどんなヤバイ奴らがこの先登場するのか?目が離せません!

 

 

いかがでしたでしょうか?

他にも2018年を彩った数々の漫画や、今年も生まれまくるであろう傑作も待ち構えており、レビューしきれないほどです。

 

今年もたくさんの漫画との出逢いが今から待ちどおしいですよね?

たくさんレビューしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします! 

 

 


 

関連記事

>>忖度一切ナシ!『正直不動産』が教えてくれる正しい物件の選び方

>>漫画『銀河の死なない子供たちへ』下巻発売!不老不死の姉弟の出自が明かされる!結末は一体…?

>>頬も耳も指先も火照る姿が愛らしい…っ!胸キュン百合漫画『はなにあらし』 

>>少年はペンと勇気で走り出す『週刊少年ハチ』

>>この“神”漫画がスゴイ!『終末のワルキューレ』の闘いから目が離せない!