TOP > マンガ新聞レビュー部 > 癒しとサスペンスが共存する漫画『珈琲いかがでしょう』店主の指が2本無い理由は?

癒しとサスペンスが共存する漫画『珈琲いかがでしょう』店主の指が2本無い理由は?

私はホラーとかサスペンスとか、すぐ人が死んだりする血なまぐさい作品が好きで、電子書籍ライブラリの大半をこれらのジャンルが占めているのですが、そういう作品って読む側にも体力が要るんですよね。

仕事終わりで身も心も疲れて帰ってきた時は、殺伐大好きな私でも、ほんわかした漫画が読みたくなってくることがあります。

 

本作はそんな気分のときにぴったりな漫画……だと思って読み始めました。……最初は。

作者は『凪のお暇』のコナリミサトさん。

 

ポイント1 移動カフェ屋さんが人々に幸せを運ぶ物語

 

本作は、移動式カフェの店主青山が、各地で人々と出会い、生きることに行き詰まりを感じている彼らを幸せにしていく物語です。

効率重視の企業の中で、ポリシーを見失いかけたOLさんや単調な日々に疲れた主婦、都会での成功を憧れる少女、その他、神経衰弱ぎりぎりの女性たちが救われていきます。

 

救われる、と言っても物理的に何かをするのではなく、青山はただ話を聞き、にっこり笑い、そして旨いコーヒーを煎れるだけです。

それによって彼女たちの心を縛っていたわだかまりが溶け、ほんのちょっとの幸運が起こり、すべてが良い方向に巡っていきます。

 

そんな控えめな救いの物語にとても癒されました。

 

ポイント2 さまざまなコーヒー知識が得られるグルメ漫画

 

カフェオレにガラムマサラを一振りするとチャイみたいな味になるとか、単体ではまずいジャバロブスタというコーヒー豆をブレンドに足すと味にパンチ力が生まれる、とか。毎回さまざまなコーヒー知識が登場。

 

読んでると確実にコーヒーが飲みたくなります!

 

ポイント3 店主の青山の過去には衝撃の秘密が!!

 

ここまではある意味、期待していた通りの内容だったのですが、1話の最後のほうで引っかかるところがありました。

それは青山の顔見知りらしき老会長との以下のやり取り。

 

それにしても見違えたよ
まるでフツーの珈琲販売員みたいじゃないか

まるでフツーの珈琲販売員ですよ? 今は

 

移動カフェを営むにこやかな好青年といった風貌の青山ですが、どうやら過去に別の「顔」を持っていたようです。

そして、その謎は話が進むにつれて明らかになっていきます。

 

青山を追いかける凶暴なチンピラの登場。そしてその背後には「組織」の存在が!!

どうやら青山は、重要な人物を「殺した」らしい……!!

 

謎めいた主人公にわくわくしていた私も、想像以上のバイオレンス展開に不安になっていきました。

なんか『孤独のグルメ』を読んでいたら、井之頭五郎が後半でCIAに命を狙われるような展開なので……。

 

だけど大丈夫。きちんと全てが嵌ります!

 

珈琲いかがでしょう 1巻 (マッグガーデンコミックスEDENシリーズ)
著者:コナリミサト
出版社:マッグガーデン
販売日:2018-11-05
珈琲いかがでしょう 2巻 (マッグガーデンコミックスEDENシリーズ)
著者:コナリミサト
出版社:マッグガーデン
販売日:2018-11-05
珈琲いかがでしょう 3巻 (マッグガーデンコミックスEDENシリーズ)
著者:コナリミサト
出版社:マッグガーデン
販売日:2018-11-05

 

本作は全三巻で完結。

のんびりした癒し系グルメ漫画として始まり、後半はサスペンスありバイオレンスあり!

そしてきっちり終わります。

本作は癒しとサスペンスが違和感なく共存した、非常に稀な作品と言えるでしょう。

 

私のように派手なアクションも好きだけど癒しも欲しい、という欲張りな人には特にオススメな漫画です!!

 

あと、これも最初からさりげなく描かれているんですが、青山は右腕だけアームウォーマーはめていて、これ指が2本無いのを隠していたのですが、彼が指を無くした理由も最後まで読めばわかります。

(3巻でその話題が出るまで、彼がアームウォーマーはめていたことすら気づかなかった!)

 

 

なお本作はアプリ「アニメビーンズ」にてアニメ視聴が可能です。
https://www.animebeans.com/

 

珈琲いかがでしょう アニメ版テーマソング「憂うつはコーヒーカップの中」PV
https://www.youtube.com/watch?time_continue=79&v=JfUZ8AuCZhA