TOP > マンガ新聞レビュー部 > セクシャルにも色々ある!ひとくくりじゃない『ぼくた...

※この記事は2017年08月25日にマンガHONZ(運営:株式会社マンガ新聞)にて掲載した記事の転載になります。
レビュアー:KOTONO

 みなさんはLGBTというワードをご存知ですか?
レズ・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーの
頭文字をとった性的少数者の総称をさします。

少し前まではセクマイなんて言葉も使われてましたね。
※セクマイ…セクシャルマイノリティ

性別は男と女だけ!男と女で恋愛するもの!という考えは
もう古いのです!

実際私の友人でもレズビアンやゲイ、見た目は女の子だけど
心は男の子のトランスジェンダーの子もいます。

そういった総称ができたこと、認知されだしたことで
カミングアウトする人が増え、より深く彼らを理解する機会が増えてきました。

今回は著者のトミムラコタさん、新井祥さんのLGBTに関するエッセイマンガをご紹介します。

ぼくたちLGBT 1 (ヤングジャンプコミックス)
作者:トミムラ コタ
出版社:集英社
発売日:2017-07-19
  • Amazon

まずトミムラコタさんの『ぼくたちLGBT』
彼女は女性でありながら最初に好きになったのは女性でした。

戸惑いながらも自分はレズビアンなんだと認識し
17歳にして女の子と恋仲になりたい!と思うようになります。

とはいえ当時はどうやって出会えばいいのかわからず
出会い系サイトにたどり着き入り浸っていたそうです。

コタさんの凄いところは行動力!
まず自分を認めてあげて、さらにイキイキと生きてらっしゃるところがかっこいい!

作中でコタさんは「出会いがないよね~」と友人に漏らしますが
「そんなことないよ!職場のノンケのひとと自然にそうなったこともあるし、モテないだけじゃない?」なんていわれる一幕も・・・※ノンケ…同性愛者から見てその気のない人、異性愛者のこと

レズビアンも私たちと一緒だなぁと感じました。
どこに行ってもモテる人はモテる!!笑

いままで同性愛者の人は恋愛するの大変だろうなって思ってたんですけど、
この漫画を読んでみてそもそも同性愛者という言葉だけではくくれないということを感じました。
特にトランスジェンダーの方は見た目を変えてしまえば生物学上の性なんてわからないし
気持ちが男の人が女の子を好きになるのはむしろ自然なことだと思いません??
私たちだって異性愛者だからと言って好きになったひとと必ずしも結ばれるわけじゃないし、
結婚して子供産むのが当たり前なんて時代でもないと思うんですよね。
恋愛のあり方なんて千人千色くらいあると思うし、自分が自分を好きになって、魅力的でいれば
自然と人が寄ってきて、その中でもしかしたら恋愛という感情が生まれるかもしれないのです。
「無理にカテゴリに当てはめる必要はない、むしろ誰でも愛せる可能性がある自分が好き」
というコタさん。本当に魅力的な方だと思いました。

性別が、ない! (1) (ぶんか社コミックス)
作者:新井 祥
出版社:ぶんか社
発売日:2005-09-30
  • Amazon
 続いては新井祥さんの『性別が、ない!』
祥さんはもともと女性で結婚もされていましたが、
30歳のときインターセックスと診断され、ホルモン治療をうけ男性になった方です。
※インターセックス…両性具有、性染色体などに疾患を抱え、見た目と心が一致していないことが多い

離婚はされていますが円満離婚で、いまでも元旦那さんと親交がありマンガにたびたび出てきます。
夫婦だったのにまるで男友達のような関係で、不思議な感じもしますが、
それもまた祥さんの人柄の良さが伝わってきます。

完全におっさん化した祥さんが両性具有とはそもそもどういった存在なのか、
周りのLGBTの恋愛事情など赤裸々に描かれたエッセイマンガで
美少年アシスタントとのエピソードなんかが面白く描かれています。

元は女性とは思えないほど下ネタもぶち込んできますが、
30歳までは自分でも気づいていなかったらしく
そのころのマンガの作風とはだいぶ違うなんてエピソードも面白かったです。

祥さんのマンガを読むと元気がもらえるし、
いろんな思考があっていい、なりたい自分になればいい!という気持ちにさせられます。

まずはお互い知るところから!
頭を柔らかくして、広い視野で物事をとらえてみてはいかがでしょうか??

性別が、ない!  (2) (ぶんか社コミックス)
作者:新井 祥
出版社:ぶんか社
発売日:2006-05-31
  • Amazon
性別が、ない!  (3) (ぶんか社コミックス)
作者:新井 祥
出版社:ぶんか社
発売日:2006-12-20
  • Amazon

 

 

『ぼくたちLGBT』1巻
『性別が、ない!』全15巻(完)

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る