TOP > マンガ新聞レビュー部 > カラスは食べた。魚の寄生虫は焼いて食べられる?『山...

『山賊ダイアリー』の海版です

※この記事は2017年9月1日にマンガHONZ(運営:株式会社マンガ新聞)にて掲載した記事の転載になります。
レビュアー:堀江 貴文

山賊ダイアリーSS(1) (イブニングKC)
作者:岡本 健太郎
出版社:講談社
発売日:2017-07-21
  • Amazon
  • Amazon Kindle

独自の感性で狩猟趣味を描き、定番の「カラス食」を可能なことを示した『山賊ダイアリー』は惜しまれながら終了したけど、なんと彼は狩の場を山から海に移していたのである!!そういえばイブニングの特集で一緒にジビエを食し、狩にも出かけた事もある。その時も有名ジビエレストランの店主に睨まれながらマイペースでカラスを焼いてたっけ。カラスよりも川鵜のほうが不味かったのもいい思い出。

さて、やはり『山賊ダイアリー』のマイペースさは変わらず車を拠点に寝泊まりをして、まずは道具作りから自前にこだわり、フリーダイビングで獲物を狩る様子が描かれている。流石だ。期待を裏切らない。時には獲物を追って溺れそうになったり、基本は単独行動なので危ない海でよくこんな事出来るよなってノリである。釣った魚は刺身にしたり、煮付けにしたりと自由自在。確かに山の猟よりはハードルは低いかもしれない。

そして、おまけとして高原でサバイバルキャンプをやった時の模様も収録されている。松の葉茶を作ったり、キクイモを掘ったりヒヨドリをパチンコで獲ったりと想像の斜め上をいく体験のオンパレード。海辺でキャンプしたときは、なんと水分補給のために自分のアレを飲んでみたり、魚の寄生虫を焼いて食べたりとタブーがなさすぎる。ヤバすぎる!

また今度作者にあったら海辺のサバイバル体験をやってみたいなあと想わせる漫画であった。

山賊ダイアリー(1) (イブニングKC)
作者:岡本 健太郎
出版社:講談社
発売日:2011-12-22
  • Amazon
  • Amazon Kindle

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る