TOP > マンガ新聞レビュー部 > あなたは今の仕事に満足しているか?悪意の創造主に造...

現在、お仕事に就かれている方。
あなたは今のお仕事に満足していますか?

「ぜんぜん満足してねーよ!」
多くの方はそう思っているのではないでしょうか?

「まさに天職!100%何の不満も感じてない。毎日働くのが楽しい♪」
という幸運な方はごくわずかで、大半の方々は今の仕事に何らかの不満を抱えながら、それでもさまざまな条件と折り合いをつけながら、日々頑張っているのだと思います。
その折り合いがつかなくなって「転職」を考えてる方、もしくはすでに「転職」された方も、大勢いらっしゃると思います。
何にせよ、みなさんには自分の職業を「選択」する権利が与えられています。
 
しかし『役職物語』の登場人物にはそれがありません。
 
”自分の「役職」を知ったとき、落胆したさ”

『役職物語』はWeb漫画で無料公開されているダークファンタジーです。
http://endelta.jp/gesellschaft/

 

人々に生まれつき割り当てられた「役職(ジョブ)」を全うする事が運命付けられた世界。
4年に1度出現する「魔王」と、唯一魔王を倒す力を持った「討伐士」との戦いが繰り広げられています。
七階層(レイヤー)に分けられたステージや、ダメージが999とかデジタル表示されるところを見ても、この世界が作為的に造られた仮想空間であることがわかります。
問題は、この世界の「創造主=神」に悪意しか感じられない、という事。
 
デジタル世界の癖にコンティニューはない。
蘇生の魔法もアイテムもなく、攻撃を受ければ血が吹き出す。
もぎ取られた腕からは骨がはみ出し、内臓がこぼれるグロテスク仕様。

そして、断末魔の一言は……「うんこ」
 
愛する人のため命を捧げても、正義のためこの身を盾にしても……。
どんなイケメンも美少女も、賢者も、勇者も……。

「うんこ」とつぶやいて死んでいく。
そういうシステムが組まれているのです。
創造主にとって、この世界の住人はみな「うんこ」に過ぎない……そういう事なのでしょう。

こんな救いのない世界なのに、彼らはログアウトもできない。
ただ自分に割り当てられた役割を演じ続けるしかないのです。
 
それは「魔王」すらも同じ。
ある日、突然「魔王」認定され、世界を滅ぼすことを義務付けられます。

”難しいですねぇ…「魔王」というものは。悪とは、シンプルでいて実に複雑だ”
 
そして主人公は「討伐士」。
この役職には大きな秘密が隠されています。

”魔王を倒す人って普通「勇者」って呼ばれるじゃない?どうして「討伐士」なんて呼ばれるの?”
”…勇ましくないから、だよ”

救われない世界にふさわしい、救われない能力を持った主人公の魔王討伐譚、ぜひ読んでみてください。


現在第5章まで公開中。無料で全部読めます!
http://endelta.jp/gesellschaft/


補足1:
表題に書いた「腋(わき)魔道士」は、本編に登場するジョブの一つ。
最大攻撃魔法は「ワキーガ」です。ブルードラゴンは「ワキーガ」でしか倒せません。(どうでもいい)
 
補足2:
本作の商業誌版に『役職ディストピアリ』があります。
かなり絵が綺麗になっていますが、内容がマイルドになってしまって毒が薄れているのでここは「原典」をオススメしておきます。

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る