TOP > マンガ新聞レビュー部 > ジャンプを卒業した大人が漫画『ワールドトリガー』を...

ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックス)
作者:葦原 大介
出版社:集英社
発売日:2013-07-04
  • Amazon
  • Amazon Kindle

 

はじめましての人もそうでない人もこんにちは!

「漫画のセレクトショップ」をコンセプトにしたアプリ、漫画トリガーを運営しているナンバーナインの小林です。

 

僕は渋谷にある漫画サロン『トリガー』にも関わっています。この場所は、日本初のコンシェルジュが常駐するレコメンドカフェです。読みたい漫画を読むのではなく、知らない漫画に出会える場所として、運命の一冊を紹介するためにできたお店です。

 

そして運命を選択する漫画と言えば、そう「週刊少年ジャンプ」の『ワールドトリガー』になりますよね!

 

今回は「遅効性SF」と言うキャッチコピーに相応しい、後からじわじわハマるジャンプの次世代看板漫画についてご紹介したいと思います。

 

大人がハマるSF漫画

『ワールドトリガー』は週刊少年ジャンプの漫画ですが、個人的にはこの漫画は少年ではなく青年、いやむしろジャンプを卒業してしまった大人の貴方にこそ読んでもらいたい作品となっています。

 

なぜなら・・・

 

 

1、台詞が哲学的すぎるから

 

自分が『そうするべきだ』と思ったことから一度でも逃げたら、きっと本当に戦わなくちゃいけない時にも逃げるようになる。自分がそういう人間だって知ってるんだ。

→これ、主人公の一人である15歳の少年(三雲修)の台詞です。大人かっ!

 

やばいときは逃げないとそのうち死ぬぞ。逃げるのも戦いのうちだ。

→これまた主人公の一人である15歳の少年(空閑遊真)の台詞です。大人かっ!!

 

自分の弱さをよく自覚していて、それゆえの発想と相手を読む頭がある。知恵と工夫を使う戦い方は、俺は嫌いじゃない。

→もうね、大人かっ!!!

 

『ワールドトリガー』は単純な勧善懲悪的なヒーロー漫画ではなく、登場人物一人一人が己の正義や信念を持って行動する重厚な人間ドラマなんです。

 

 

2、世界観が緻密すぎるから

 

同作者の葦原大介先生による前作『賢い犬リリエンタール』の時からそうなんですが、物語の世界観が本当にしっかりしているんですね。

SFなのにSFっぽくない。それでいてしっかりとしたSFとなっている。

 

な、何を言っているか分からねぇと思うが(ry
日常と非日常の融合が非常に上手いんですよね。

 

非日常パートの説明がしっかりしているからこそ、物語が嘘っぽくない、本格的で重厚なSF漫画になっています。

 

 

3、なんだかんだ言って「努力」「友情」「勝利」のジャンプの王道を受け継いでいるから

 

なんだかんだ言ってね。そう、なんだかんだいって昔のジャンプを思い出してくださいよ!

 

やっぱりジャンプと言えば「努力」「友情」「勝利」の三本柱じゃないですか!?

僕らみんなそれで育ってきたわけじゃないですか!?

 

『ワールドトリガー』がジャンプの次世代看板漫画な理由はそこにあると思うんですよ。つまり王道の継承者。

ジャンプを読んで育ってきた僕らが、そのジャンプの正統継承者にハマらない理由はないですよね。

 

俺のサイドエフェクトがそう言ってる。

 

騙されたと思って、一度3巻まで読んでみてください。

きっと貴方も『ワールドトリガー』に夢中になるはずです。

 

 

賢い犬リリエンタール  1 (ジャンプコミックス)
作者:葦原 大介
出版社:集英社
発売日:2010-02-04
  • Amazon
  • Amazon Kindle

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る