TOP > マンガ新聞レビュー部 > 「こどもに夫婦の営みを見られたら・・・?」気まずさ...

※この記事は2017年10月13日にマンガHONZ(運営:株式会社マンガ新聞)にて掲載した記事の転載になります。
レビュアー:こしの りょう

好奇心旺盛な幼稚園児「しいちゃん」にとっては、大人が隠すからこそ「のぞき見したい世界」 

池袋の居酒屋で今日も飲んでる。

漫画家アキオと会社員けんた。二人は同級生。

 

アキオ「実はさ、編集さんに育児漫画描かないかって言われたんだよな」

 

けんた「お!良かったじゃん、仕事増えて」

 

アキオ「そうなんだけど、育児漫画っていっぱいあるだろ、どう差別化したらいいかってな」

 

けんた「それなら、今、オレが一番はまってる、これ」

しいちゃん、あのね ( 1) (ニチブンコミックス)
作者:東裏 友希
出版社:日本文芸社
発売日:2017-09-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle

 

 けんた「東裏 有希さんの『しいちゃん、あのね』ちょっと、読んでみ」

 

アキオ「お、かわいい絵だな。ほのぼの園児漫画?」

 

けんた「いいから、読めよ」

 

アキオ「ああ・・・・・」  

 

ペラ ペラ ペラ ペラ

 

アキオ「ぷっ!ははは!こうきた!」

 

けんた「あるだろ、夜中に夫婦生活中に子供が寝ぼけてドア開けて・・・何してんの?とか」

 

アキオ「はは、あの時、どうやってごまかしたっけオレ・・・」

 

けんた「親は恥ずかしいだけだけど、子供はどういう目でみて、行動したり、想像ふくらましたりすんだろう・・・って視点で描かれてて面白いんだよな。しーちゃんがかわいくて」

 

アキオ「大人の「性」に対する気まずさと、子供の「親の隠し事」に対する好奇心からおこるエピソードが秀逸だな、ギャップ萌え!」

 

けんた「今までオレの読んできた育児漫画って、育児の苦労とか、でも子供はかわいいねっていう「あるある系」が多くて、ほのぼのとあったかくなったんだけど、この「しいちゃん、あのね」は腹の底で「くすくす」笑えるような・・・なんともクセになる作品なんだよな」

 

アキオ「たしかに・・・同じ家の中で起こる「夫婦の性」と「育児」は両立しにくいテーマなのに・・・エロいけど明るくで、ドロドロしたいやらしさがないし・・・なんか「しーちゃん」いい子に育つ気がする、この仲のいい夫婦みてると。」

 

けんた「そうそう。それに他のキャラクターもいいんだよ!元ヒッピーでわりと性にオープンな感じ?の幼稚園の園長夫婦とか、母が自分を産んだ年齢にさしかかるも未だ処女の保育士さんとか・・・」

 

アキオ「これいいな!そのウブな保育士さんが主役のおまけ漫画①、最高だな!」

 

けんた「これも!本編には関係ないけど、おまけ漫画②の漫画ゴラク編集部職場風景ってのも!!みんな想像する感じ」

 

アキオ「あ、あ、いいなぁ。話の間に挟まる「しーちゃんの絵日記」もそれ続く1P漫画も。この一冊に作者の愛情感じるね。まるで自分の子供のような」

 

けんた「どうだ、新しく描く育児漫画の参考になっただろ」

 

アキオ「ああ!とりあえず登場する「ママ」は美人ダイナマイトボディーにするわ!」

 

けんた「・・・だな」

 

子供には見せれないおもしろさ!笑

「しーちゃん、あのね」

今後がますます楽しみです!おすすめです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る