TOP > マンガ新聞レビュー部 > 私服がダサい男たちよ!『服を着るならこんなふうに』...

※この記事は2017年10月6日にマンガHONZ(運営:株式会社マンガ新聞)にて掲載した記事の転載になります。
レビュアー:宮﨑 雄

突然ですが、メンズ服って高くないですか。
体感では布面積とデザインがほとんど同じだとしたら、レディースと比べて1.2倍くらいの値付けな気がします。

なぜかと思って服飾市場を調べてみたら、理由がわかりました。
レディースが5兆8,844億円、メンズは2兆5,585億円(矢野総研・2015)と、両者の規模には2倍以上の開きがあったのです。雑に計算すれば、女性は男性の2倍も服を買っていることになります。 それじゃあ、相対的にメンズが高額になってしょうがない。神の見えざる手のパワーです。

しかしこの「メンズ服高い問題」は別の弊害を生みます。
それは、私服がダサい男性の、オシャレキャズム突破不可能現象。俗に言う「服を買いに行く服がない」です。

つまり、オシャレな服が高くて買えない→オシャレな服が着られない→オシャレな服屋に入れない→オシャレになれない→オシャレな服屋に入れない…。
この負のスパイラルが、男性がダサくなっていく理由のひとつであることは間違いないでしょう。お悩みの方も多いと思います。

しかし、このキャズムを飛び越える裏ワザがあるとしたらいかがでしょうか。
それは、オシャレな服を着ていかなくても入れる店でオシャレな服を手に入れて、「オシャレになる」ということ。

『服を買うならこんなふうに』は、マンガを読みながらそんな理を超えたワザを身につけられてしまうという、ファッションのチートコードとも言える作品です。 原作はファッションブログとメルマガで圧倒的人気を誇るMBさん。本書ではMBさんのオシャレ理論が、惜しみなくマンガ化されています。

服を着るならこんなふうに(1) (カドカワデジタルコミックス)
作者:縞野やえ
出版社:KADOKAWA / 角川書店
発売日:2015-12-10
  • Amazon Kindle

 

ユニクロでとりあえず買うべき一品とは

「オシャレにセンスは必要ない」
「人が格好いいと思う服装には法則がある」

これらが本書を貫く哲学です。
言われてみれば納得いきます。ファッションは美術じゃあないわけですから、たいして知識がなくても、見る人ごとに「イケてる・イケてない」が大きくブレることってありませんよね。 ダサい人はだいたい誰から見てもダサく、オシャレな人はだいたい誰から見てもオシャレです。オシャレな人は、我々には計り知れない圧倒的なセンスをもっているわけではなく、法則に則った服選びをしているからこそオシャレなのです。

そんな本作で、主人公の兄妹が最初に向かうのがユニクロ。ファッションマニアの妹が、ダサダサ兄の壊滅的なワードロープを救うべく、気負わず入れる店として紹介しています。

イケてる服を買うのに、ユニクロ? とあなどるなかれ。「オシャレ」とは程遠いポジションのブランドと思われがちですが、裏を返せば癖のないベーシックな商品が揃っているということ。妹いわく、”オシャレの基盤づくり”に最適なのです。

そこで妹が兄に「最初に買うべきアイテム」として紹介するのが…知りたい人は、ぜひ本作を読んでみてください。ヒントは、黒・細身・ボトム。使いやすいアイテムなので、無意識のうちに買っている人もいるかもしれません。

ですが、ただイケてるアイテムをオススメするだけではないのが『服を着るならこんなふうに』の真骨頂。

・なぜ、この服がイケているのか。
・人間の目にカッコよく映るためには、他のどんなアイテムと組み合わせると良いのか。

など、ロジカルな視点でのオススメ理由まで解説してくれるのです。おかげで自信をもってユニクロに足を運べます。

「よくお似合いですよ〜」みたいなフワッとした褒め言葉に意味はありません。「なぜ似合うのか」を論理的に突き詰めているからこそ、納得でき、自分もできるかもと思わせてくれるのが、『服を着るならこんなふうに』のオシャレ理論です。

とりあえず1巻を最後まで読めば、どこへいっても恥ずかしくない全身コーディネートができあがるはず。しっかり読んで、オシャレキャズムを突破しちゃいましょう!

服を着るならこんなふうに(1) (カドカワデジタルコミックス)
作者:縞野やえ
出版社:KADOKAWA / 角川書店
発売日:2015-12-10
  • Amazon Kindle
売れる販売員が絶対言わない接客の言葉
作者:平山 枝美
出版社:日本実業出版社
発売日:2015-02-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

このマンガほんの最初の方を見たことがあるけれど、そかそこ参考になる。ファッションはお金をかければかけるほどいいわけではないと再認識できました。

新着コメント

ダサいから見る
メンズファッションだけでなく「おしゃれの基本」や「お洋服のお手入れ方法」まで丁寧に教えてくれるので、女性にもオススメの作品です!イラストも綺麗でマンガを普段読まない人も読みやすいと思います。キャラクターが着ている私服も参考になりますし、思わず同じお洋服を買いに行ってしまうこと間違いなしです◎
全巻持ってます。勉強になりますよ。

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る