TOP > マンガ新聞レビュー部 > 大宇宙の謎から座敷わらしまで、ハッとしてからホッと...

大宇宙の謎から座敷わらしまで、ハッとしてからホッとするSF短編集『アフター0』

※この記事は2014年2月24日にマンガHONZ(運営:株式会社マンガ新聞)にて掲載した記事の転載になります。
レビュアー:菊池 健

人生で最も影響を受けたマンガ、個人的最高峰のオムニバス

 
オムニバスって、独特の世界観やテンポの連なりが、なんか癖になるじゃないですか。
タモリさんの「世にも奇妙な物語」とか、あのBGMの映画「トワイライトゾーン」とか。
 
『アフター0』は、私にとって最高峰のオムニバスシリーズなんです。
 
テーマは、SFであり、自然科学であり、小さな子供にしか見えない不思議な存在とか。
強烈に括れる一つのイメージがあるわけじゃないんですが、一貫して言えるのは、SFの中に人の優しさや思いやりが必ずあって、理系心をくすぐりつつ、ハッピーエンドが多いのです。
 
レビュー前にKindleで全巻を2回読み直したのですが、電車中でニヤニヤしたりウルウルしたり、車内に不審な空気をまきまくってしまいました。本当に感情が没入してしまうのです。
 
どれもとても面白いんですけども、珠玉の作品の数々に一つを選ぶことはなかなか難しいので、お気に入りのお話を並べてみました。
・死後の世界がないことが数理的に証明されたら、宗教も戦争もなくなるでしょうか?
 
・ケン〇ッキーの白髭おじさんは謎の宇宙生命体だった。自衛隊の制止も振り切り、全国の人形が富士山麓に集まる、その目的は?
 
・2万6千光年離れた惑星の最高の味覚を体験した、地球一のシェフの人生はどう変わったか?
 
・突如世界中に現れた謎の生命体、人類を恐怖に陥れたこの生物が「実は食える」と判った瞬間、人類のとった行動は?
 
・衛星軌道上を漂う100tの水銀で出来た小惑星に、国連の制止を振り切って、自ら操る人工衛星型兵器からガンマ線ビームを照射するシェリーファー博士の真の狙いは?
 
・ある種の鹿は、角の大きいオスをハーレムのボスとし何世代も種内淘汰をする。外敵が現れた瞬間その鹿は。。。
 
・息子が南の島から絶滅種であるドードー鳥を持ち帰ってきた!?様々な勢力に追われる身になった主人公は最後に?
 
・岩手の丁稚奉公から身を起こし、一代で巨大企業を作り上げた創業者が、東北から連れてきた「小さく美しい神」の正体とは?
 
・仮想世界の中で生物の進化数千年を数日で行えるAIが完成、究極的に進化した「生命体」の最後の姿は、後世に何を伝えようとしているのか?
 
・発祥の国で崇拝されることなく、世界に広がった仏教。聖地の存在しない解決策として、仏座像をインド上空の宇宙空間に固定する一大事業が計画された。その末路に起きた奇跡とは?
 
この中で、私が断然影響を受けたのは、「鹿の角」の話なんです。
 
この話は、私がこれまで働いてきた中での方向性決定をするための最も重要な指針になっています。
 
あまりに好き過ぎて、講演の教材にしてコピーを配ったり、
もう時効でしょうから書いてしまいますが、親友が某企業の新入社員代表として晴れの入社式でスピーチする際に、この話を題材にそのスピーチの原稿を(今流行の)ゴーストライティングしたりしました。
 
その時の原稿はこんな感じです。(記憶から推敲)
角が大きいオスがハーレムのボスになるというカモシカがいました。
 
何世代も経て、戦闘力の無い角だけ大きいオスばかりとなった頃、新たな脅威となる肉食獣に群れを襲われ、その種は絶滅しました。
 
角が大きくなっていく過程を「種内淘汰」、新たな肉食獣に駆逐された過程を「自然淘汰」と言います。
 
これを、「種内」→「社内」、「自然」→「社会」と書き変えたらいかがでしょうか?
 
私たち本年度入社の新入社員は、「社内淘汰」に気を取られ、「社会淘汰」されてしまうような人材にはなならないよう、どこでも戦える本当の力を身に着け、〇〇株式会社に貢献していきたいと思います!
はい、喧嘩を売っています。アナーキーなゴーストライターです。
 
友人によると、この文章は人事部の人にかなり削られて返ってきたので、しょうがないからもらったまま棒読みしたそうです(笑
なんで文章を変えたかという理由が面白かったので、最後にちょっと書いておきます。
 
 
さて、レビューからはかなり脱線してしまいました。
「大切なことは全てマンガが教えくれた」なんていうキャッチも目につく昨今ですが、『アフター0』は正に、そんな気持ちになる作品が沢山詰まっています。
 
何の気なしに読んで欲しいですし、特にオムニバスは全巻揃えなくても読み応えは変わりませんので、気軽に1巻から読んでみてくださいませ。第1巻の1話から、骨太な読み応えに手応えを感じてくださると思います。
 

新人マンガ家支援者の目線

 
今回の後半部は短めに。
 
漫画家志望者諸君!
 
特に、受賞経験なし、又は佳作以上が取れず、まだ「読切掲載」に至ってない諸君!
 
諸君には是非「アフター0」を読んで欲しいと思います。
何故なら、岡崎二郎先生は、宇宙規模の壮大なストーリーから、半径3mのパーソナルなストーリーまで。20ページ前後のコンパクトな読切にまとめる天才作家だからです。
 
第1巻1話の「種を蒔く男」から、一本のハリウッド映画にも、単行本10巻分の連載作品にも出来る壮大なスケールのプロットが、見事に1話にまとめられています。
ギャグ漫画をのぞく連載作品のほとんどが、連続するストーリーもので構成される現在、壮大なプロットを連載作品の第1話のような形ではなく、しっかり一つのお話として読切で見事に完結させた秀作だらけです。(『ブラックジャック』とか、昔はこういう漫画も多かったんですけどね。)
 
1本に言いたいことは1メッセージとし、どんなに壮大な設定も、アイディアの絞り込みと無駄の排除でここまで出来るのです。
ともかくも、読切制作に悩む人は『アフター0』1巻を購入し、岡崎先生の制作工程、特に構成部分について後追いで研究するなど、穴の開くほど読んでください。ホントに凄いから。
 

最後に、私の友人の入社式スピーチ原稿が大幅削除された理由

 
人事部の方がこの話を大幅に削除した理由は「鹿は、シェア2位の企業名を連想させるから。」とのこと。その会社はとある業界のシェア1位です。そして、友人はその会社で今でも世界中を飛び回って大活躍しています。
 
アフター0 neo 1 (ビッグコミックス)
作者:岡崎 二郎
出版社:小学館
発売日:2004-07-30
  • Amazon
  • Amazon Kindle

続編となる、『アフター0 neo』オムニバス中心の全2巻(本編『アフター0』は、オムニバス全10巻)

宇宙家族ノベヤマ 1 (ビッグコミックス)
作者:岡崎 二郎
出版社:小学館
発売日:2007-02-28
  • Amazon
  • Amazon Kindle

『アフター0』テイストの中で、宇宙SF部分を凝縮したような作品、
『宇宙家族ノベヤマ』はマンガHONZでも後日レビューしたいです。全2巻

(以下、追記)

アフター0 1 文庫版特別編集 (小学館文庫)
作者:岡崎 二郎
出版社:小学館
発売日:2010-09-15
  • Amazon

Topに紹介したリンクが、Kindl版のみのため、 同書の文庫版もご紹介させていただきます。
担当編集者様からツイッターご指摘いただきました。そういったご指摘は、個人的編集方針としては大歓迎です^^ 

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る