TOP > マンガ新聞レビュー部 > 少女たちは生きるためにオシッコを飲み、セミを食べる...

少女たちは生きるためにオシッコを飲み、セミを食べる!?女子高生×サバイバル漫画『ソウナンですか?』

本作は、飛行機の墜落事故で奇跡的に一命を取りとめた4人の女子高生が無人島に流れ着き、
救助が来るまでの間、生存の努力を続けるサバイバル漫画です。

 

女の子の絵はかわいいのですが、序盤からいきなりこのような解説が入ります。

 

人は一日に2ℓの水を必要とする
しかしそれは平常時であって
大量の汗をかけば必要量は増加する

身体の2%の水分の減少で
のどの渇きが始まり
3%から脱水症状が始まる

5%で頭痛やめまいが起こり
10%失われると
内臓の機能が低下し
やがて死に至る

 

いきなり「ガチ」のサバイバル解説!!

 

本作の原作は、自らの実体験を描いた猟師漫画『山賊ダイアリー』の作者、岡本健太郎先生。
ここで披露される知識もきちんとした考証に基づいたものばかりです。

 

それをあえて「女子高生」にさせる、というギャップが本作の面白さといえるでしょう。

 

もちろん、ただの女子高生が漂流したからといって、さくさくサバイバルできるわけがありませんが、彼女たちの中に一人、それを可能にする少女がいました。

鬼島ほまれ。元軍人の父の英才教育を受け、世界各地で「遭難」を体験した、いわばサバイバルのプロ女子高生です。

 

黙っていれば美少女ですが、口を開けば出てくるのは生存への合理的な技術のみ。

 

のどが渇いて死にそうだと訴える仲間の少女に、口を開け目を閉じて仰向けになれと指示すると、
スカートをめくり、何の躊躇もなくじょろじょろと……

 

「大丈夫だ 出したてなら 無菌だから」

 

との事。

(幸い他の仲間に止められた)

 

色々狙っている感のあるエピソードを挟みながらも、彼女の口から語られるサバイバル知識はとても実践的で「知らなかった」と思わされるものが多いです。

 

彼女たちの奮闘を楽しみながら、サバイバル知識を蓄えてみるのも良いのではないでしょうか?

 

2019年7月よりアニメ放送も決定しているそうです!

 

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る