TOP > マンガ新聞レビュー部 > 今改めて注目されている超名作『彼方のアストラ』(全...

今改めて注目されている超名作『彼方のアストラ』(全5巻)がついにアニメ化決定だってよ!!

今改めて注目されている超名作

 

先日「マンガ大賞2019」のノミネート作が発表になりましたが、現在も絶賛連載中の作品たちの中で一際異彩を放っていた作品がありました。

すでに単行本全5巻で完結している漫画『彼方のアストラ』です。

 

 

篠原健太『彼方のアストラ』

 

 

あの『SKET DANCE』を描かれた篠原先生が2016年からジャンプ+で連載を開始していた漫画です。

 

本作を読んだことがある人たちは、みんな口をそろえて「大賞最有力候補だろ」と言います。

それくらい超名作なんですよ!

 

他に類を見ない、完璧な完成形の美しさに酔いしれる

 

ストーリー的には「宇宙旅行が当たり前になった時代に、学生たちが旅行中突然謎の発光体に飲み込まれ、気付いたら自分の星から遠く離れた宇宙に飛ばされてしまい、助け合いながら故郷を目指していく」という、SFサバイバルな感じです。

 

しかしただのサバイバルものではなく、旅を続けるうちに様々な謎に気付き、少しずつ解を見つけていくというミステリーとしての完成度がスゴイんです。

 

ぶっちゃけ、サバイバルをしながら謎を解いていくなんて作品は他にもたくさんありますが、この作品は全編のそこかしこに謎や伏線が散りばめられています。

なんなら伏線だったことにすら最初は気付かないようなものもいっぱいあるんですけど、これがまあもう見事にすべて回収されていくカタルシス感がとんでもない。

 

読んでいて何回も鳥肌が立ちましたし、2周目3周目と読み直す度にまた新しい気付きがあって「うおー!マジか!!」って声が出そうになったことだって何度もあります。

 

たった5巻で完結した作品なんですが、全てが完璧に計算され尽くした結果5巻になっただけで、本当に一分の隙もないんですよ。

僕はミステリー小説とかも結構好きで読むんですけど、ミステリーとして有名な作品たちにも決して引けを取らないと断言できます。

 

アニメにも超期待してます!!

 

それほどの名作が、今回ついに待望のアニメ化が発表されました!

正直好きな漫画がアニメ化するって言われても、素直に喜べるものと喜べないものがありますが、この作品については本気で期待してます。

 

なにせ篠原先生の生み出されるキャラクターはみんなめちゃくちゃ個性的で魅力的な上に、シリアスな中でもギャグや笑える掛け合いが山ほど散りばめられているので、元々アニメに向いている作風です。

何より5巻で完結しているという程よい長さがアニメに最適だと思うんです。

 

名作だけど長編連載の漫画がアニメになった時、アニメの方も長期間かけてやってくれればいいんですけど、大抵は1クール2クールくらいで終わってしまって、その分どうしても駆け足展開で残念な思いをすることってあるじゃないですか?

 

でも、きっとこの作品はしっかり丁寧に作ってもらえると思うんですよね。

ってことで、まだいつ放送かは未発表ですが、今のうちから原作を読んでワクテカしながら放送を待ちましょう!

 

ちなみに今電子だとカラーイラストとかネームなんかも見れちゃう全5巻超合本版とかも出てますよ~!

 

>>『彼方のアストラ』をDMM電子書籍で読む

 

▼単行本1~5巻分収録(合本版)▼ 

彼方のアストラ 全巻合本版 (ジャンプコミックスDIGITAL)
著者:篠原健太
出版社:集英社
販売日:2018-12-11

 

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る