TOP > マンガ新聞レビュー部 > この顔にピン!ときたら美味の予感!逃亡犯×おいしい...

この顔にピン!ときたら美味の予感!逃亡犯×おいしいグルメ漫画『とんずらごはん』を指名手配

逃亡犯

 

皆様はこの言葉を聞いてどんなイメージを思い浮かべますか?

 

日の当たらない日陰者

常に何かに怯え、ひっそりと暮らす隠遁者

 

他にも思い浮かぶことはあるでしょうけど、大方良いイメージは無いでしょう。

僕もそうでした。この作品に出逢うまでは・・・。

 

本日ご紹介する作品はそんな日陰者である「逃亡者」に、大人気のテーマをかけたこちらの漫画『とんずらごはん』です。

 

 

 

 

表紙で可憐にメシを食ってる女性。彼女こそが、今作の主人公・小波沙羅(こなみさら)です。

名家のお嬢様として名門大学に通い、将来を嘱望される婚約者とも結婚間近という、箱入り娘中の箱入り娘様。

僕達が普段言ってるまさに「リア充」そのものです。

 

しかし、ある日その婚約者が“何者かに”殺されてしまいます。

状況証拠が指し示した犯人は、なんと主人公のお嬢様!

謎の一報に従い、警察が来る前に家を出て逃亡者となった主人公。

 

尊敬していた婚約者の男性を殺害したのは一体誰なのか?

そして彼女に危機を知らせてきた人物とはいったい何者なのか?

真実を求めて今、小波沙羅の旅がはじまr・・・

 

るって感じでもなく、この主人公、逃亡先であらゆるメシを食いまくって満喫しまくりです。

なんなら名物を食べたい一心で逃亡先を決めている節さえあります。

 

スタート地点の川崎・横浜でタンタンメン、そこからかつ丼に牛タン、餃子にハンバーグと、逃亡犯の身でありながらあっちこっちで食べまくりです。

こんな逃亡犯、僕は初めて見ました。

 

もちろん警察もただ手をこまねいているわけではありません。なんせ彼女は“全国指名手配”の身。

FBI超能力捜査官も投入され、追い詰められる主人公。

 

はたして彼女はこの包囲網から逃げ切れるのでしょうか?

そして自身に振りかかった嫌疑を晴らし、無実を証明することは出来るのか?

 

グルメ漫画大好きっこの僕が呆れて注目する、新感覚グルメ漫画は講談社マガポケにて絶賛連載中です。

第1巻は発売されたばかりなので、とてもとっつきやすい作品となっています。

 

みなさまもこの顔にピンと来たら読んでみてくださいね。

 

 

とんずらごはん(1) (マガジンポケットコミックス)
著者:義元ゆういち
出版社:講談社
販売日:2019-01-09

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る