TOP > マンガ新聞レビュー部 > なにがあっても笑えば乗り越えられる!3巻で笑って泣...

お笑い芸人さんってスゴイ!

 

関西人じゃなくても、今や誰でもお笑い芸人さんの名前は10人以上余裕で挙げられると思います。

ほとんどどんな番組でも誰かしらが出演されてるほど、すっかり「お笑い芸人」という職業は定着しましたよね。

 

漫才やコントといった作品を見せることや、バラエティなんかでボケたり他人をイジったりして臨機応変に笑いを生み出す彼らの技術や才能って、ホントすごいと思うんです。

 

おもしろいことを言ったりやったりするだけ、笑われるだけの人ならそこら中にいますけど、意図的に常に人を笑わせるということをプロとして専門職にまでしてしまうというのは、ものすごく難しいし厳しいし、非凡なことじゃないですか。

 

今日紹介する作品は、『べしゃり暮らし』とか『火花』みたいなプロ芸人の話ではないけど、でも本気で人を笑わせるってことの大変さや熱意がすごく良く伝わる名作です。

 

 

 

笑うことはとっても大切

 

主人公は笑われることが大嫌いなんで、お笑いも嫌いだった不良。

彼には明るくてちょっといい雰囲気の幼なじみがいました。

しかしある日、その幼なじみが酷い事件に遭い、笑わなくなるどころか引きこもりになってしまいます。

 

事件が起きた原因が自分にあると自らを責め、彼女になにもしてあげられない自分の無力さに打ちひしがれていた時に、ふと目にしたお笑いの大喜利に思わず爆笑して、心が救われます。

 

そこから、笑うことの素晴らしさと人を笑わせることのすごさに気付き、大切な幼なじみの心を救うため、主人公は大喜利に全力で挑み始めます。

 

 

全力で取り組むからこそ、どうすれば人を笑わせられるかに悩み苦しみながらも、彼の本気の熱意がやがて周囲の人の心を動かしていくストーリーには胸が熱くなりますし、

なにせ本作はあの『SHIORI EXPERIENCE』のタッグが描いてる作品なんで、最後は涙無くしては読めない素晴らしい作品になってます。

 

ただの感動作ではなくて、辛い時こそ笑うんだよ、笑うことで救われることがあるんだよ、だからお笑いって素晴らしいんだよってことがすごく伝わるんで、

日々の生活に疲れてたり、笑うことが少なくなったなって感じてる人にぜひ読んで欲しいです。

 

たくさん笑って、少し心が軽くなったら、きっと明日も頑張れるはずですから。

 

そんなあなたのために、本気で笑わせることに毎日命をかけてる芸人さんたちがいっぱいいてくれてるんですもの。

 

>>『キッドアイラック!』をDMM電子書籍で読む

 

▼全3巻発売中!▼

キッド アイ ラック! (1) (ヤングガンガンコミックススーパー)
無料試し読み
著者:長田 悠幸
出版社:スクウェア・エニックス
販売日:2012-11-24

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る