TOP > マンガ新聞レビュー部 > 人の思い込みを優しく取り除いてくれる漫画『ミステリ...

「月刊flowers」でシリーズ連載中の漫画『ミステリと言う勿れ』は、『BASARA』『7SEEDS』で有名な田村由美先生の最新作です。

 

宝島社主催の「このマンガがすごい!2019」オンナ編では第2位を受賞し、
「マンガ大賞2019」でも、247タイトルの中から二次ノミネート13作品に選出されています。

 

主人公・久能整(くのうととのう)が、事件の真相を明らかにしていく際に放つ台詞の数々が「物事の本質に迫るメッセージ」だと評判の本作。

 

「整くんの台詞に気持ちが楽になった」「思い込みが覆された」と言う声も続出していますが、本日はマンガ新聞が『ミステリと言う勿れ』の見どころをご紹介したいと思います!

 

 

 

『ミステリと言う勿れ』あらすじ

 

一人暮らしの大学生・久能整(くのうととのう)が、好物のカレーを作っていたとある冬の日。

近所で起きた殺人事件の容疑で、彼は警察に呼び出されることになる。殺されたのは同じ大学の男性。

 

目撃者や指紋がついた凶器など、次々に容疑を裏付けする証拠を突きつけられながらも、冷静に状況を飲み込んでいく整から出た言葉は、警察も「めんどくさい」と思う台詞だった。

 

「皆さんはその目撃者の人をよく知ってるんですか」

「そんなわけないだろう
 善意の第三者だよ」

「じゃあ僕と立場は同じですよね
 皆さんがよく知らない人物
 
 それなのにどうして
 その人が本当のことを言っていて
 僕のほうがウソをついているって思えるんですか」

 

冤罪に落とし込まれそうな状況下で、マイペースに繰り広げられる”整語録”がさく裂する――!!!

 

 

『ミステリと言う勿れ』登場人物紹介

 

【 久能整-くのうととのう- 】
アパートで一人暮らしをしている大学生。記憶力が良く、数々の事件に巻き込まれながらもうんちく交じりのトークで淡々と真実に迫る。ボリュームのある髪型は天然パーマで、カレーが好き。

 

 

 

『ミステリと言う勿れ』の見どころ

 

◆主人公・整の台詞に「気づかされること」が多い!

 

整は、第一話目で「真実は人の数だけある」と言います。

 

 

©田村由美/小学館

 

 

人は主観でしかものを見られず、それぞれの感じ取り方や受け取り方は違うため、誰かがウソをついたり話を盛っていなくても、必ず食い違いが起きるのだと。

 

本作は、作者の田村由美先生がずっと疑問に思っていたことや、不審に思っていたこと、なるほどと思ったことが描かれているそうです。

 

そのこともあってか、とにかく整の台詞は先ほど紹介した「真実は人の数だけある」のように、納得感が強く、読者の心にストンと刺さるものが多いことが特徴です。

 

たとえば、整が同級生殺しの冤罪をきせられそうになる「episode1 容疑者は一人だけ」の話の中。

取り調べを担当した池本巡査の小さな変化から、奥さんとけんかしていることを言い当てた整に、池本は家庭の状況を話します。

 

 

©田村由美/小学館
©田村由美/小学館

 

 

この流れは、女性、とくに結婚して生活を共にする夫がいる妻たちから、多くの共感を得ました。

 

膨大な家事の中から、たった一部の表面に触れただけで「手伝っている気」になっている全国の夫への警鐘。

また、そもそも共同生活であるはずなのに「手伝う」という心構えからしてどうなのか、という長年多くの人が抱いていたであろう疑問に、本作は真正面から向き合ってくれました。

 

時と場所をあまり気にせず語り始める整の台詞は、押し付けない柔らかさがありながらも、人の心の中の「思い込み」を取り除いてくれます。

ぜひひとつひとつの言葉に注目してみてください。

 

 

そして、本作はマンガ新聞が主催する「第2回マンガ新聞大賞」でも156作品の中から、第8位を受賞しました!

これを機に、一部電子書店にて2019年2月21日(木)まで「無料試し読み増量キャンペーン」も実施中なので、ぜひ気になる方は読んでみてください!

 

 

▼対象書店一覧▼

LINEマンガpixivコミックBookLive!BookLive!コミックDMM電子書籍BOOK WALKER

 

 

ミステリと言う勿れ (1) (フラワーコミックスアルファ)
著者:田村 由美
出版社:小学館
販売日:2018-01-10
ミステリと言う勿れ (2) (フラワーコミックスアルファ)
著者:田村 由美
出版社:小学館
販売日:2018-05-10
ミステリと言う勿れ (3) (フラワーコミックスアルファ)
著者:田村 由美
出版社:小学館
販売日:2018-10-10
ミステリと言う勿れ(4) (フラワーコミックスα)
著者:田村由美
出版社:小学館
販売日:2019-02-22

 

 

 

「第2回マンガ新聞大賞」授賞式開催!

 

 

「第2回マンガ新聞大賞」の授賞式イベントを、2019年2月14日(木)に渋谷で開催予定です!

 

1ドリンク/マンガ1冊もついており、当日はマンガ新聞レビュアー10名によるノミネート10作品の「おすすめプレゼン」も行われます!

興味がある方は、ぜひ【申し込みページ】をご覧ください!

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る