TOP > マンガ新聞レビュー部 > 「へんな人と暮らしはじめた。」人との接し方を知るこ...

「FEEL YOUNG」で連載中の漫画『違国日記』は、姉夫婦の事故死がきっかけで始まる、叔母と姪の年の差同居譚です。

 

これまでほぼ関わりがなかった二人が始める、手探りの生活は大変。

姪の朝は、亡き母の妹・槙生の知らない一面を見るときに「ちがう国」に行っているようだと思います。

 

人見知りで不器用な違国の女王と、人なつこい子犬のような少女が少しずつ近づき、変わっていく関係性から「目が離せない!」「続きが気になる!」という声が続出の本作。

 

マンガ新聞が、見どころをたっぷりお届けします!

 

 

 

『違国日記』あらすじ

少女小説家の高代槙生(35)は、姉夫婦の葬式で遺児の朝(15)が親戚間をたらい回しにされているのを見過ごせず、勢いで引き取ることにした。

しかし姪を連れ帰ったものの、翌日には我に返り、持ち前の人見知りが発動。
槙生は、誰かと暮らすのには不向きな自分の性格を忘れていた……。

対する朝は、人見知りもなく、”大人らしくない大人”・槙生との暮らしをもの珍しくも素直に受け止めていく。

 

『違国日記』登場人物紹介

 

【 高代槙生-こうだいまきお- 】
35歳。少女小説家。姉夫婦の葬式で姉の遺児である朝を引き取った。人見知り。

 

 

 

 

【 田汲朝-たくみあさ- 】
15歳。交通事故で両親を亡くし、現在は叔母の槙生と同居中。素直な良い子。

 

 

 

 

【 高代実里-こうだいみのり- 】
亡くなった朝の母。妹の槙生に対して高圧的だった。

 

 

 

 

『違国日記』の見どころ

 

◆不器用なやり取りから学ぶ「人との接し方」

 

「親しき中にも礼儀あり」という言葉がありますが、槙生と朝のやり取りからは、互いを知り「個人」として尊重することが大切だと気づかされることがとても多いです。

 

たとえば、”大人も傷つく”ということ。

一緒に住み始めた次の日、朝起きて朝食を取るときに槙生は「朝を引き取ったのは勢いだった」と口にしてしまうシーンがあります。

 

 

©ヤマシタトモコ/祥伝社フィールコミックス
©ヤマシタトモコ/祥伝社フィールコミックス

 

 

ここで、自分が15歳だったころを思い出してみてください。

20歳を超えた大人が、傷ついたり泣いたりすると思ったことはあったでしょうか。

 

人は歳を取るごとに色々な経験をし、成長していきます。
しかしいくつになっても「人」は「ヒト」で、様々な感情を抱き、時には傷つくこともあります。

 

大人になると、傷ついた心を他人に気づかれないように振舞えるようになるかもしれませんが、それは決して”傷ついていない”ということではなく、他人の言葉や行動に傷ついたりする心はいつだって存在しているのだと、改めて気づき、ハッとするシーンです。

 

このように、本作は朝と槙生のような特殊な関係だけでなく、家族や恋人など、自分以外の誰かと接するときに忘れてはいけないことをたくさん教えてくれます。

人付き合いが難しいと感じている人に、一度は読んでみてほしい作品です。

 

 

◆他愛ない日常や、大事なところで描かれる「食事」シーン

 

もうひとつ、本作で注目したいのが「食事」のシーンです。

他愛のない日常風景に溶け込んでいることもあれば、物語の重要なシーンで出てくることもあります。

 

そんな中でも、特に印象的だった場面をひとつ紹介したいと思います。

 

朝の両親が事故死した、冬の朝。

警察で泣きもせず、眠そうにしていた朝をひとまず家に泊めることになった槙生は、テキパキとこれからの段取りを伝えてから、まずは食事を取ることにします。

 

立ち寄ったコーヒー店で、槙生はぼんやりと生返事を返す朝に席を取りに行くように促しつつ、「あっためられるのってありますか」と温かいマフィンとラテを注文します。

 

 

©ヤマシタトモコ/祥伝社フィールコミックス

 

 

よほど空腹だったのか、勢いよくマフィンにかぶりつき、ラテを飲む朝。

 

槙生はそんな彼女に"子犬らしさ"を感じながらも、一息ついた後で、ド直球にもほどがある質問を投げかけます。

 

 

©ヤマシタトモコ/祥伝社フィールコミックス
©ヤマシタトモコ/祥伝社フィールコミックス

 

 

筆者はこの一連の流れが「突然の悲しみも、喜びも怒りも、すべて日常(食事)のすぐそばにあるのだと考えさせられるシーンだ」と感じました。

 

このように、料理をする場面や食事をするシーンは作中に多く出てきます。

1巻では槙生の友人・奈々が家に遊びに来て、3人でギョウザを作るなかでようやく槙生と朝が連絡先を交換する、といった出来事もあります。

 

日常生活のちょっとしたことがきっかけで、変わりゆく関係を感じ取れるので、ぜひ「食事シーン」も本作のひとつの楽しみ方として注目してみてください。

 

キャラクターの表情・台詞以外からも、人によって受け取り方が様々なメッセージを感じることができるのではないでしょうか。

 

 

◆直接的には描かれず、巻を追うごとに知ることになる家族関係

 

そして実は、上記で紹介した槙生が朝に両親が死んで悲しいかと問いかけたシーンには、少し驚くような続きがあります。

 

 

©ヤマシタトモコ/祥伝社フィールコミックス

 

 

作中でじわじわと明かされていく、槙生と姉・実里の複雑な関係。
なにやら槙生は実里に対し、一種のトラウマに近いような特別な感情を抱えていることが窺えます。

 

その感情が理由となり、朝のことを「愛せるかどうかわからない」とまで言わせる過去とはいったい何なのでしょうか。

 

今後描かれるかもしれないし、直接的には描かれないかもしれない姉妹関係も気になる『違国日記』は、間違いなく2018年を代表する一作となっています。

 

 

そして、本作はマンガ新聞が主催する「第2回マンガ新聞大賞」でも156作品の中から、第5位を受賞しました!

これを機に、一部電子書店にて2019年2月21日(木)まで「無料試し読み増量キャンペーン」も実施中なので、ぜひ気になる方は読んでみてください!

 

 

▼対象書店一覧▼

LINEマンガpixivコミックBookLive!BookLive!コミックDMM電子書籍BOOK WALKER

 

 

違国日記 1 (フィールコミックス FCswing)
無料試し読み
著者:ヤマシタトモコ
出版社:祥伝社
販売日:2017-11-08
違国日記 2 (フィールコミックスFCswing)
無料試し読み
著者:ヤマシタトモコ
出版社:祥伝社
販売日:2018-05-08
違国日記 3 (フィールコミックスFCswing)
無料試し読み
著者:ヤマシタトモコ
出版社:祥伝社
販売日:2018-11-08

 

 

「第2回マンガ新聞大賞」授賞式開催!

 

 

「第2回マンガ新聞大賞」の授賞式イベントを、2019年2月14日(木)に渋谷で開催予定です!

 

1ドリンク/マンガ1冊もついており、当日はマンガ新聞レビュアー10名によるノミネート10作品の「おすすめプレゼン」も行われます!

興味がある方は、ぜひ【申し込みページ】をご覧ください!

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る