TOP > マンガ新聞レビュー部 > 【2018年おすすめ漫画】レビュー記事年間ランキン...

あけましておめでとうございます!マンガ新聞レビュー部です。

本日は、昨年の2018年にレビューされたおすすめ漫画の年間ランキングTOP10を大発表いたします!

 

たくさんのおもしろい漫画が発売された中で、読者の興味を引いた漫画は一体どの作品だったのでしょうか?

 

どの作品もマンガ新聞レビュー部が激推ししているので、ぜひ書店やWEBサイトで表紙を見かけた時は手にとってみてください。
人生を変えるかもしれない一作との出会いが、あなたを待っています!

 

1位 セックスレスで一度ねじれた関係は元に戻るの?漫画『あなたがしてくれなくても』で描かれるレス・浮気問題

 

あなたがしてくれなくても : 2 (アクションコミックス)
著者:ハルノ晴
出版社:双葉社
販売日:2018-07-27
【レビュー冒頭】

突然だが、私はセックスレスが原因で別れた元彼がいた。
交際期間は半年。最後までを含むセックスは片手で足りるぐらいだった。それも大体付き合い始めの2~3ヶ月で、残り半分はずっと別れ話を繰り返してはピリピリしていた。

 

なぜそんなことになったのか。週末はほぼ会っていたし、月に5回はチャンスがあったのに。
私は真面目だったため、彼に正直にこう聞いてみた。

 

「どうしていつもすぐに寝ちゃうの?」
「部屋暗くなるとつい寝ちゃって…ごめんね」

 

なるほど。しかし私は明るい室内でソノ気になれる女ではなかった。
進むセックスレス。焦る私。性欲がどうとかではない。付き合って2~3ヶ月でこれかと思うと、将来を考えて本当にげんなりした。女としての自信もなくなり、苦しさばかりが募り、そしてついに言った。

 

「わたしって…魅力が…ないのだろうか…」

 

男とは時に非情なものだった。

 

 

2位 「枕営業」の実態が描かれ、ホリエモンが半端ないと感じた漫画『15歳、プロ彼女~元アイドルが暴露する芸能界の闇~』

 

【レビュー冒頭】

TOKIOの山口メンバーの話題で日本のマスメディアは持ちきりだ。アル中で入院してたりと、メディアの露出とのギャップが激しいことも話題になっている一因だろう。あれだけ未成年飲酒や淫行が一発アウトの世の中において、自制をきかせずそれをやってしまうところが、アル中の怖いとこのなのだろうか。


しかし山口メンバーの事件なんか大したことないんじゃないかって思うような話を赤裸々に暴露しているのがこの漫画『15歳、プロ彼女~元アイドルが暴露する芸能界の闇~』だ。

 

とにかく半端ない。主人公は15歳で芸能界入りして、売れないグラビアアイドルの卵的なことをやっている。こんなプロファイルの子は山のように存在するのは事実。しかし、彼女が暴露した「枕営業」の実態はものすごい。

 

芸能プロダクションの社長やテレビ局のプロデューサー、イケメンタレントから大社長まで、東京都港区のタワーマンションで展開される飲み会という名の乱行パーティ。

 

セクハラパワハラなんでもありなのだが、仕事欲しさ、有名になりたさを手玉に取られてそれを受け入れてしまう彼女たち。それに耐えかねてメンヘラになり、ホストにはまって風俗に沈められていく子の姿は『闇金ウシジマくん』の世界にもシンクロする。

 

 

3位  幻影旅団がヒソカに殺される順番を考える

 

HUNTER×HUNTER 36 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:冨樫 義博
出版社:集英社
販売日:2018-10-04

【レビュー冒頭】

HUNTER×HUNTER』がまた休載に入ってしまい、いい所でお預け状態なので。

 

連載再開後に、ヒソカがどういう順番で幻影旅団を殺していくか予測してみましょう。

 

残る旅団メンバーはこの10人。

 

No 0     クロロ

No 1     ノブナガ

No 2     フェイタン

No 3     マチ

No 4     カルト

No 5     フィンクス

No 7     フランクリン

No 8     シズク

No 10   ボノレノフ

No 11   イルミ

 

休載となった少年ジャンプ18号にご丁寧に船内マップが載ってましたので、誰が誰と行動してるか非常にわかりやすい状態になっています。

 

この最新の状況をもとに。

 

早速、殺される順番を予想してみましょう!

 

 

4位 『BORUTO-ボルト-』を漫画とアニメで比較分析して今後の展開を予想

 

【レビュー冒頭】

15年連載された『NARUTO-ナルト-』のその後を描いた作品『BORUTO-ボルト-』は現在、週刊少年ジャンプで漫画版を月イチ連載中で、TVアニメも毎週木曜日に放送中です。

 

まず基本情報としておさらい。

 

【①主人公はナルトの息子ボルト=ネクストジェネレーション】
『NARUTO-ナルト-』の時代から10数年が流れ、ナルト達がみんな親世代で物語の中で活躍するのはあくまでその息子のボルトたちの世代。主人公はボルト。ヒロインはサスケとサクラの娘であるうちはサラダ。

 

【②漫画版とアニメ版は内容が異なる=物語の時間軸】
漫画版は劇場版『BORUTO-ボルト-』と同じ“中忍試験”から始まるのに対して、アニメ版はまだ忍者にすらなっていないボルト(達)から物語がスタートしています。

 

【③漫画版とアニメ版は内容が異なる=淨眼(じょうがん)の存在】
これはアニメ版のみで第1話からボルトの右目に登場している。漫画版には存在していない。が、妹のヒマワリはアニメ・漫画共に白眼に開眼している。(ちなみに淨眼は白眼とは異なる能力として描かれています。異世界の動きを見極める能力)

 

【④漫画版とアニメ版は内容が異なる=カーマ(楔)がボルトの右手に出現】
これは逆に漫画版のみ。モモシキ戦で勝利したのちにボルトの右の手のひらに出現しました。モモシキと闘って勝利するまでは実は劇場版と同じ展開ですが、漫画版にはその先の表現として不思議な印が手のひらに出現して死んだはずのモモシキからこう言われます。

 

“自覚せよ 「神」を倒した者はもはや只人ではおれぬのだという事をな”

 

また漫画の23話ではこの手のひらの印の名称が“カーマ(禊)”であるということが果心居士によって明らかとなります。

 

 

さて、ここからが予測。

 

 

5位 『HUNTER×HUNTER』の終わり方(クライマックス)を予想する

 

HUNTER×HUNTER 36 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:冨樫 義博
出版社:集英社
販売日:2018-10-04
【レビュー冒頭】

もうそろそろだと思うんですけどねー、連載再開。

 

けどやっぱり待てないので大胆にもHUNTER×HUNTERの最終回(クライマックス)を予想してみようと思います。

 

まずは整理から。

 

【①すでに獲得目標は失われている】
全ての少年漫画(特に少年ジャンプ)には主人公の獲得目標が設定されています。これは主に第一話で表明されます。主人公ゴンの場合は“親父に会うこと”。これはすでに『選挙編』の時に達成されています。冨樫先生自身も少年ジャンプのインタビューで“本来ならあそこで終わっても良かった”と発言されていますが更に“もう少し描きたいことがある”ともおっしゃっています。

 

【②全ては主人公であるゴンの成長物語】
“親父に会うこと”が目標でありそのために“ハンターになる”ことを決意したゴンはこれまでのエピソードでひとつひとつ成長しています。『試験編』で外の世界を知り友人(親友)たちと出会いました。『天空闘技場』で念の存在を知り学び正式なハンターとなりました。『ヨークシン編』で旅団の存在とオークションの仕組みを通じて様々な戦略を学び、『G・I編』で必殺技「ジャジャン拳」を身につけました。(そもそもG・I自体が親父がゴンの成長のために用意したステージだった)そして『キメラアント編』で絶望を知り全てと引き換えに能力を失いました。こうして振り返るとやはり実に良くできた少年漫画です。ちゃんと全てのエピソードが主人公ゴンの成長のために用意されているのです。

 

【③かけがえのない親友キルア】
殺し屋一家の三男として登場したキルア。ゴンと共に行動し成長してきた“もう一人の主人公”。獲得目標であった“キルア自身のやりたいことを見つける”は(ゴンと同様に)すでに達成されています。イルミの針を抜くことで呪縛から解放され、アルカと共に生きる事(守ること)。“そのうちお兄ちゃんを返します”とアルカが発言しているのできっとまたゴンとキルアは再会できる。(余談ですがゾルディック兄弟は名前がしりとりになっています=イルミ→ミルキ→キルア→アルカ→カルト)

 

【④クラピカの獲得目標は“緋の目”の奪還】
奪われた同朋の“緋の目”を奪還することは当初からのクラピカの獲得目標。残された最後の緋の目を所持しているのは第4王子ツェリード。作中のカットで表現されていますがツェリードは“緋の目”を10個と(なんと)頭部を1個所持しています。恐らくこの頭部はパイロのもの。かつて『ヨークシン編』で“頭部とセットが望ましい”と表現されていた伏線がここに繋がっている。なんておぞましい。

 

さて、ここからが予測になりますが。

 

 

6位 漫画『ソープランドでボーイをしていました』ホリエモンが貴重な資料だと語る生々しい実態とは?

 

ソープランドでボーイをしていました 2
著者:久遠 まこと
出版社:KADOKAWA
販売日:2018-06-23
【レビュー冒頭】

ご存知の方も多いだろう。日本最大のソープランド街である吉原。江戸時代から続く伝統的な風俗街である。

いわゆる赤線地帯は売春防止法により違法とされている。

ただし罰則規定があるのは管理売春のみ。個人の売買春は、違法ではあるが罰せられない。

 

これは自由恋愛のトラブルで冤罪が生じるのを防ぐ意味もあるだろう。

しかし誰しもが知ってる通り、ソープランドでは実質的な管理売春が行われている。従業員はたまに行われるガサ入れで摘発されることを恐れながら勤務しているのである。

 

そんな実態を生々しくレポートしたのが、この漫画『ソープランドでボーイをしていました』だ。

 

 

7位 リメイク版が原作版を超えてきた!『左ききのエレン』の進化が恐ろしい

 

左ききのエレン 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)
著者:かっぴー
出版社:集英社
販売日:2019-01-04

【レビュー冒頭】

以前、『左ききのエレン』を紹介した時に“リメイク版よりも原作版のかっぴーさんの絵柄や演出のほうが好み!”って書き方をしたのですが。

最近、認識が変わってきたので改めてお伝えしたいと思います。

 

ご承知の通り、『左ききのエレン』には原作者でもあるかっぴーさんが1年半のWEB連載を行って書かれた『原作版』と。

原作版の連載終了直後からジャンプ+で連載がスタートした『リメイク版』の2種類があります。

 

もちろん、『原作版』はKindleのみでしか単行本(全10巻)が出ておらず、紙の単行本は存在していません。

『リメイク版』は逆に始まったばかりなので、まだ単行本の1巻しか発売されていません。(『リメイク版』は紙の単行本とkindle版と両方発売されています)

※レビュー執筆時2018年2月時点の情報です。

 

『原作版』の単行本(Kindle)の1巻の絵を見てもらえればわかりますが、やはりかっぴーさんご自身が絵で勝負する作風というよりもネームと演出の作家さんということもあって、なかなか初見の人には手が出しづらい感じになっています。

 

平たく言うと絵が下手です。

 

実際に私が周りの漫画好きに勧めた時も“松山さん、さすがにこの絵では下手すぎてまともに読めないよ!”って言われたこともあります。

 

けどね。

私はこの『原作版』のかっぴーさんの作風や絵が大好きなのですよ。

 

 

8位  課長?部長?会長?それともヤング?島耕作シリーズ、どの順番で読むべき?

 

学生 島耕作 就活編(3) (イブニングKC)
著者:弘兼 憲史
出版社:講談社
販売日:2018-08-23

【レビュー冒頭】

テレビ朝日の人気番組『アメトーーク』にて、2回目の「島耕作芸人」が本日(2018/1/25)放送されます。

 

きっと島耕作の魅力が余すところなくというか、思いも寄らない面白い切り口で語られることでしょう。

ここでは「永遠にモテ続ける中高年理想の男」島耕作シリーズについての情報をまとめ、シリーズのどこから読めば良いか、参考になる情報をお届けしたいと思います。
 

結局、島耕作シリーズはどれだけあるの?

 

シリーズ最初の『課長島耕作』をはじめ『ヤング島耕作』から現在連載中の『会長島耕作』まで、多くの本編・スピンオフがありますが「島耕作をどこから読めばよいか?」という問いは、ある意味スターウォーズやJoJoシリーズにおける論争と同じくらい難しい問題と言えそうです。


まず、現在発刊している主要な島耕作シリーズを、単行本発刊の順番で一覧化してみました。

 

 

9位 元女教師の人妻が昔の教え子と…『落日のパトス』

 

【レビュー冒頭】

背徳と道徳の狭間で少しずつ狂ってゆく関係

 

みんながみんなそうだ、とは言わないけれど、エッチなことにほとんどの人が一度は興味を持つと思うんですよ。

 

なにせこれだけアダルトコンテンツやアダルトサービスが世に溢れてるんだから、それだけ求められているのは間違いない。

 

異性だろうが同性だろうが、パートナーになったり、なって欲しいという恋心を持つと、心だけじゃなく身体も繋がりたいという純粋な欲も出てくるし、エッチな行為そのものがあまりにも強い快楽だから、恋とか愛とかって心の繋がりはなくてもその快楽の虜になってしまう人だって多いですよね。

 

むしろその境界線、つまり恋とか愛とかって気持ちの繋がりの先にある行為なのか、それとも快楽に囚われた肉欲が先にあるのか、という、真逆なのにとても曖昧な線引きのそのちょうど線上でグラグラ揺れているのが、この作品の主人公のふたり”秋(あき)””真(まこと)”です。

 

 

10位 女性の私が“オナニーマスター”に魂を震わせることがあるなんて…!『オナニーマスター黒沢』が名作すぎた!!

 

オナニーマスター黒沢(4)
著者:伊瀬カツラ
出版社:ナンバーナイン
販売日:2018-07-13
【レビュー冒頭】

今日、私が勇気を振り絞ってご紹介する作品はこちら!『オナニーマスター黒沢』です!!

 

ちょっと待った~!!!!

 

そこのあなた!見えましたよ!?『オナニーマスター黒沢』というタイトルだけで「ああ、どうせ下ネタギャグ漫画でしょ?別に読まなくていいや…」って思っている様子が、私には手に取るように見えましたよ!?

 

かくいう私も、そんな感じでしたとも!!WEBマンガ界隈で話題になっているのは確かに知っていました…知っていたけど、でも、アラフォーの女性が読む漫画として、このタイトルはいかがなものなの?って勝手にシャットアウトしていたんです。

 

でも、私は間違っていた…!間違っていたんです!!このタイトルにこそ、深い深い意味があったんです…!!

 

『オナニーマスター黒沢』は、もちろん自慰行為に耽るシーンから始まります。

 

 

以上が2018年に最も読まれた記事TOP10です!

気になる作品はありましたでしょうか?

興味を持たれた方は、ぜひお手に取ってみてください!

 

これからもおすすめ漫画をどんどんご紹介していくので、「マンガ新聞レビュー部」を今年もどうぞよろしくお願いします!

 

各種最新情報はこちら!

 

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る