TOP > マンガ新聞レビュー部 > 今回もドッタンバッタン大騒ぎ!『サイバーコネクトツ...

ま  た  お  ま  え  ら  か  !

 

前回の刊行からそんなに長くない沈黙を破り、奴らが帰って来た。

そう、博多の元気なゲーム会社サイバーコネクトツーが、またまたまた絵描き合宿観光じゃなかった敢行したのです。

今回の行先は「古の都奈良」。そこで見た物・触れた物がどう描かれているのか?楽しみです。

 

ちなみにタイトルの137はナンバリングではなくページ数。

 

 

※kindleアンリミテッド加入の方は無料で読めます。

 

 

さて、今回の参加者はというと

 

細川誠一郎:言わずと知れたレペゼンサイバーコネクトツーイラストレーター。絵描き合宿も皆勤賞です。

ヒガシ:若手ホープのアーティストイラストレーターとしても活躍中。こちらも皆勤賞。

ミヨシ:デザインロゴや前書き等も手掛ける敏腕アーティスト、もちろん皆勤賞。

星樹:もうみんな皆勤賞。経験値豊富なアーティスト。イラスト、マンガなんでもこなすよ!

松山洋:もういいでしょ?この人の説明は。え?いる?はい、では。サイバーコネクトツー代表兼運転手。いつも死ぬほど元気に働いてる名物社長。言い出しっぺにしてもちろん皆勤賞。

 

で、今回のレギュレーション(=ルール)はこちら

 

①「奈良」で得た経験・知見をキャラクターデザインや舞台に織り込むこと。
②第1課題:形式はオリジナルの「漫画」。ストーリー形式で10ページ以上30ページ以内で描くこと。
③第2課題:身内ネタとしてお互いの様子を観察した一コマ漫画「旅の一コマ」を一人4点描くこと。
④スケッチブックをすべて埋める必要はなし。提出期限は11月9日(金)の24時(※実施日は11月8~9日)
⑤今回意識することは「クオリティ」!読者に面白いと感じ、楽しんでもらえる作品を作ることが至上命題。

 

・・・いや、これ今までで一番ハードル高くないっすか?クオリティ重視で2日で30ページ+数ページ。

しかしながらこれがっ!サイバーコネクトツー!クオリティ!この地獄を乗り越えるからこそまた強くなるッ!

 

今回の舞台は、遺跡や歴史的建造物、自然も豊富な奈良。そこでこの5人が見た物・触れた物とは?

そしていつも通り運転席で荒ぶり、真っ白なスケッチブックを残したまま酒に溺れ寝てしまう松山洋は間に合ったのか?その成果はどうだったのか?

ぜひご覧になってみてください。

 

そしてそんな合宿を乗り越え、強くなったサイバーコネクトツーの新しい試みはなんと「マンガ」!!

その第一話が先日ファミ通.comにて発表されました!

 

その名も『チェイサーゲーム』

 

【共感必至?ゲーム業界お仕事マンガ】『チェイサーゲーム』第1話 クリエイターは嘘をつく - チェイサーゲーム

実在のゲーム制作会社サイバーコネクトツーを舞台にしたゲーム業界お仕事漫画、連載スタート! 物語は、主人公・新堂龍也がシニアに昇格したところから始まる。チームリーダーとしてチームのマネジメントを任された龍也だが、メンバーはひと癖もふた癖もある連中ばかり。そして、クリエイターは嘘をつく……!

www.famitsu.com

 

ゲーム会社を舞台にして、ゲーム業界の今を赤裸々に熱く描く物語。いよいよ始動です。

アプリ不要!リンク先で無料で読めますので、あわせてご覧になってみてください!

 

それではみなさん、メリークリスマス! 

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る