TOP > マンガ新聞レビュー部 > 今週の第1位は休載が寂しい『HUNTER×HUNT...

マンガ新聞レビュー部が、今日は2018/11/19-2018/11/25の週間PVランキング(レビュー記事)を発表いたします!
 

1位 ヒソカは既に登場している!イルミ=ヒソカ説を検証!

HUNTER×HUNTER 36 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:冨樫 義博
出版社:集英社
販売日:2018-10-04
【レビュー冒頭】

ちまたで騒がれている【イルミ=ヒソカ説】を検証してみたいと思います。

 

お手元に最新刊36巻を準備していただけると検証が捗ります。
(残念ながら電子版だけでは確認できないポイントが存在します)

 

【①イルミの一人称が「ボク」になっている】

 

No.377で発覚したイルミの幻影旅団への入団。

 

そして団長から「イルミ、自己紹介ついでにヒソカの動向予測をしてくれ」と言われます。

そこでイルミは「ボクも詳しくは聞いてないよ」と答え、さらに「ハーイ、ボクはイルミ」とメンバーに自己紹介をしているのですが、なんか違和感ありませんでした?

 

今までのイルミの一人称は「オレ」だったはずです。

なぜここだけ急に「ボク」なんて言い方をしたのでしょう?(ちなみにご承知の通りヒソカの一人称は「ボク」です)

 

2位 友食いの快感が忘れられない『人魚姫のごめんねごはん』

【レビュー冒頭】

ヘルシーなのに栄養も豊富、そして味も最高

 

僕はありがたいことに食べ物の好き嫌いがないので、お肉も野菜も大好物ですが、魚や貝といった海鮮も大好きです。

 

なにせ魚介類は種類も豊富だし、調理方法で味も千変万化。

それこそ毎日食べたって飽きません。

 

でもね、どんなに美味しくたって、魚たちのお姫様、人魚姫がその美味しさに目覚めるのはヤバイのではないでしょうか(笑)

 

くやしい…!でも…感じちゃう!

 

お友達のお魚たちを深く愛する心優しい人魚姫・エラ。

彼女は魚を捕まえては無慈悲に殺して食べるという野蛮で冷酷な人間に囚われたお友達を供養するため、決死の覚悟で人間界に足を踏み入れます。

 

3位 オールドファンタジーオタクが漫画「転スラ」読んだら面白かった件『転生したらスライムだった件』

【レビュー冒頭】

高校時代はファンタジー沼に沈んでおりました。

 

まず『ロードス島戦記』と出会いました。キャラと世界観にヤバいほどはまり、アルバイトして最初に買ったのはロードス島戦記のOVA、その次がX68000でした。

 

そこから、富士見ドラゴンノベルズで『ドラゴンランス』『ダークソード』『ムレムの書』『グラマリエの魔法家族』と流行のファンタジーシリーズや、後に映画にもなった『指輪物語』

ついでに『クトゥルフ』シリーズなどに至る、古典の深みに落ち込みました。

 

当時の妄想は、もっぱらファンタジー世界でどんな職業につき、どんな戦いをするかでした。そりゃ、ドラクエもFFもはまるわけです。

 

米国の正統進化と日本のユニークな進化、結論は両方面白い。

 

あれから幾年月、ここ1年では、2つのファンタジーにはまりました。
それが「ゲームオブスローンズ」と、「転スラ」です。

 

「ゲームオブスローンズ」の内容は説明するまでもないかも知れません。

漫画家の玉屋かつきさんが、嬉しくなっちゃう紹介漫画を描いてらっしゃるので見てください。

 

 

以上が2018/11/19-2018/11/25の週間PVランキングになります!

 

気になる作品はありましたか?

どれもこれもオススメのマンガばかりです。ぜひ読んでみてください!

 

マンガ新聞レビュー部

公式Twitter(@mangahonz

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る