TOP > マンガ新聞レビュー部 > 生き方に悩む少女たちの青春グラフィティ『ダメッコ!...

こんにちは。
懐古厨がひどく、しばしば中高時代を振り返ってしまう今日この頃です。

 

「あの頃好きだったマンガを紹介したい!(今も好きだけど)」
ということで、今回は『ダメッコ!ダリア』を紹介したいと思います。

 

 

中高時代の悩みと言えば、やはり将来のこと、目の前の人間関係のことなどでしょうか。
他には自分の矮小さに気づいて自信をなくしたりとか、根拠のない全能感に満ちてしまったりとか。

 

どれもありがちといえばありがちなのですが、言い方を変えればそれだけ普遍性のある悩みとも言えるでしょう。

 

「自分のやりたいことってなんだろう」

「将来が不安で仕方ない!」

「人に嫉妬してる弱い自分が情けない」

「私なんてどうせ相手にされない」

 

漫画『ダメッコ!ダリア』は、そんな思いと真正面からぶつかり、少しずつオトナになっていく少女たちの物語です。

 

『ダメッコ!ダリア』(全1巻)

遅ればせながら本作の概要を説明すると、原宿系ファッション誌『KERA』にて2004年~2007年頃に連載していた漫画となります。

 

作者は作家・イラストレーターのD[diː]さん。

2000年に『ファンタスティック・サイレント』でデビューし、小説、漫画、イラスト、ファッション、デザインなど多方面で活動なさっている方です。

 

あらすじ:


藤沢ダリア・17歳。ROCK(ロック)とPUNK(パンク)とGOTH(ゴス)の精神で突き進むRIOT・GIRL(ライオット・ガール)!…なんてタンカは切ってみるものの、ほんとのところは、臆病で小心者なただのダメッコ。

何かトクベツな“自分だけの道”を探して、突っ走りたい!と思うけど、 現実は厳しくて…、今日もダメッコ街道爆進中!!

こんなダメッコな私だけど、親友のクリコやペットのテディ、美青年のハルク、俺様ジャービスに囲まれて、なりたい自分になれるかな…?
夢と恋と友達と……共感度100%☆パンクでロックなハイテンション・ガールズコミック!

 

主人公のダリアと親友のクリコは、自他共に認める「酸い~」やつら。

*酸い→スッパイ・しょっぱい→ヘタレ

 

夏休みの宿題の計画表を立てるつもりが、結局雑談で1日を溶かしたり、

カン違いでお互いすれ違ったり、周囲と人間関係がうまくいかなかったり…。

 

そんな失敗続きな日々ですが、美術系の学生・ハルクやジャービスとの出会いを機に、将来について真剣に悪戦苦闘するようになります。

 

今作は、ダリアたちを支え、叱咤激励する年長者たちの言葉がいちいち胸に響きます…。

 

今まさに青春真っ只中な方も、

中高時代に悶々と悩みを抱えていた方も、

きっとダリアたちに共感できる、ステキな一作となっております。

 

浮き出し加工が入っていて、赤青白のコントラストが印象的な表紙が目印です。

書店で見かけたらぜひ手にとってみてくださいませ!

 

ダメッコ!ダリア
著者:D[di:]ディー
出版社:祥伝社

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る