TOP > マンガ新聞レビュー部 > 遠慮のない素直さが閉ざしたぼくの心を開いてくれた『...

事情を知らない転校生がグイグイくる。(1) (ガンガンコミックスJOKER)
無料試し読み
著者:川村拓
出版社:スクウェア・エニックス
販売日:2018-10-22

 

中学・高校時代、ぼくは心を深く閉ざしていた時期がありました。

 

親に言われて中学受験をし、やっとの思いで入学した私立校でうまくなじめず、

クラスの不良に目をつけられて、嫌がらせをされ身心ともに消耗しました。

 

なんでこんな目にあっているのだろう。

自分は頑張ってここまできたはずなのに、なぜトラブルばかりが自分の身の周りで起こるのだろう。

これは何かの罰ゲームなのか、償わなければ終わらないのか。

 

人付き合いが下手な自分は周りとうまく折り合いをつけられず、

そんなことを考えているうちに、だんだんと感情を失っていき、上手に笑えなくなってしまいました。

 

「楽しい」という感情も薄れていって、

喜怒哀楽を表すことも疲れると感じるようになりました。

 

しかし、そんな風になった自分が、また感情を取り戻せるきっかけをくれた人がいます。

高校2年のとき、初めてクラスメートになったI君です。

 

I君は、クラスで周りとうまくなじめずひとりぼっちになっていた自分に声をかけてくれました。

自分の話をしたり、授業の話をしたり、趣味の話なんかもしました。

 

ぼく自身、最初はまた何か目をつけられるようなことをしてしまったのか、

色々嫌がらせをされるんじゃないかと思って、警戒しながら話をしていました。

おそらく、本当に愛想が悪かったと思います。

 

こちらの態度を見て、向こうも最初はかなり戸惑っていたのを覚えています。

 

でも、自分の愛想が悪くても、彼はぼくに話しかけることをやめませんでした。

こちらの事情を特に気にせず、ぼくのことを色々知ろうとしてくれました。

趣味だったり、最近ハマっていることや、好きなものについて聞いてくれたのです。

 

 

そして、ある時こう言ったのです。

「おまえ面白いやつだな」と。

 

 

「面白い」なんて、それまで一度も言われたことがありませんでした。

自分にそんな価値があるなんて、考えたこともなかったのです。

自分を肯定してくれる人に初めて出会えたような気がしました。

 

よほどうれしかったのだと思います。

10年たった今でもその言葉を忘れることができない。

ぼくにとって、すごく勇気をくれた言葉です。

 

彼は今回紹介する漫画に出てくる、転校生の「高田太陽」くんのように、

遠慮がなくて、とても素直な人でした。

 

周りがどうこう言うことを信じるのではなくて、自分で見て聞いたものを信じて、感じたことを頼りにして、

相手と向き合っていたように思います。

 

ぼくと彼は趣味が違っていたので、

共通の好きなものはあまりありませんでしたが、

それでも彼の人柄にひかれて、徐々に心を開いていったのを覚えています。

 

それはひとえに、彼の遠慮のない素直さが好きだったからです。

思ったことや感じたことを率直に伝えてくれる素直さが、疲れ果てたぼくの心を癒してくれました。

 

だから、おなじくこの漫画に登場するヒロインの「西村さん」の気持ちがよくわかります。

 

西村さんは周りから「死神」と言われて嫌がらせを受けていますが、高田くんの無垢で素直な言動に、戸惑いつつも喜びを感じて、心が癒されているのでしょう。

次第に感情豊かになっていくのです。

 

作中でも、西村さんのなかにいる高田くんの存在が大きくなっていく様子が描かれています。

 

「私は一人で平気だよ 慣れてるし」

 

単行本第1巻の冒頭ではこう言っていた西村さんが、

話が進むにつれ、その日にあまり人と喋っていないことに気づくと

 

「なんか変な感じ」
「今まではこれが
 普通だったのに」

 

このようなことを言ったとき、

本当は今までつらかったんだろうな、と感じました。

 

そして、自分にとってのI君と同じように、

高田くんに心を救われているんだろうと思ってほっこりしました。

 

人と人の間には、距離があったり空気があったりで

なかなか詰め寄れないこともあるけれど、

時には事情を考えない遠慮のなさが人を助けてくれることもある。

 

自分のことを知ろうとしてくれたI君のことを思い出す良いきっかけをくれた、素敵な漫画でした。

 

かつて誰かの遠慮のなさ、素直な心に癒された経験がある人には

胸にジンとくるお話だと思います。

 

事情を知らない転校生がグイグイくる。(1) (ガンガンコミックスJOKER)
無料試し読み
著者:川村拓
出版社:スクウェア・エニックス
販売日:2018-10-22

この記事に類似する記事

▶マンガがお得に買えちゃう情報満載!

人気のコメント

新着コメント

ログインして
すべての人気のコメントを見る

ご自身のTwitter、Facebookにも同時に投稿できます。

《マンガ新聞》公式レビュアーの方はログイン
 ※新規ゲストのログイン機能は準備中となります

利用開始をもって
《利用規約》《個人情報の取扱について》
同意したものとみなします。
ログインメニューに戻る
ログインメニューに戻る
パスワードを忘れた方は
《パスワード再設定》を行って下さい。
ログインメニューに戻る